「Clubhouse」だけじゃない!2021年注目の「SNSアプリ」5選

コロナ禍で多くの企業でリモートワーク化が進み、お出かけが制限される今、以前よりも「テキスト」を通したコミュニケーションが増え、「声」で話すことが少なくなっているように思います。

ちょっとした雑談も減り、作業効率が上がったり、自分時間が増えたという人がいる一方で、不便さや寂しさを感じている人も多いのではないでしょうか?

そんな状況下、先日日本に上陸した音声SNS「Clubhouse」が盛り上がりをみせています。「雑談」や「偶発的なコミュニケーション」を求める人々に支持されているようですね。2021年は今まで以上に“動画や音声メインのSNS”が注目される年になりそうです。

そこでこの記事では今注目の音声SNS「Clubhouse」をはじめとする「新興SNSアプリ」を5つご紹介。これを機に新しいSNSを試してみてはいかがでしょうか?

音声SNSとは?

注目の新興SNSを紹介する前に、Clubhouseに代表される音声SNSとは何か、簡単に解説しましょう。

音声SNSは、その名の通り音声に特化したSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)です。

LINEやTwitterなどテキストメインのコミュニケーションではなく、声を通したコミュニケーションがメインの音声SNSは、その手軽さ(=タイピングする煩わしさがない)、聞き流しができる、テキストより親近感が湧く、といった理由から、新しい生活様式のなかで注目を集めているのです。

【2021年最新】世界で注目の新興SNSアプリ5選

「Clubhouse」以外にも、世界中で流行の兆しがあるアプリはまだまだあります。こちらでは、日本でも利用可能な新しいSNSアプリを5つ厳選してご紹介します。

01. 音声SNSアプリ「Clubhouse」

「Clubhouse」は、Alpha Explorationが2020年より提供している音声SNSアプリ。2020年4月にベータ版がローンチされたばかりにもかかわらず、現在までに200万人以上が使用したという注目サービスです。

音声版Twitterとも言われる「Clubhouse」の特徴は、音声のみの気軽なコミュニケーションが取れる点。ユーザーは、アプリ上にあるさまざまなチャットルーム(会話スペース)を行き来しながら、世界各地のユーザーと声を通したコミュニケーションが可能。好きなテーマについてホストといっしょにおしゃべりをしてもいいし、音楽ライブやセミナーのようにただ傍聴するだけでもいい。音声のみのやりとりで記録も残らないので、参加者も発信者も気軽に参加しやすいという特徴があります。

また「Clubhouse」は誰もが自由に利用できる訳ではなく、「招待制」という仕組みがユニーク。新規で登録するには、既存のユーザーから招待をしてもらう必要があり、その招待枠は1人につき2枠しかないため枠の取り合いが生じています。このクローズドのシステムも、「トレンドに乗り遅れたくない」というユーザーを熱狂させる理由の1つかもしれませんね。

  • Clubhouse公式サイトはコチラ
  • iOSのダウンロードはコチラ
  • Andoroidは未対応(2021.1.29現在)

02. 音声SNSアプリ「Goodnight」

「Goodnight」は、台湾、香港、タイ、シンガポールなど東南アジアを中心に800万人ものユーザーを誇る音声SNS(音声マッチングアプリ)。

特徴は、音声のみでマッチングが可能という点。従来のマッチングアプリはプロフィール写真がマッチングにつながる重要な要素でしたが、見た目に頼らない出会いを求める人や顔を出したくない人々に支持されています。

恋愛や友好関係を広げるという目的以外にも、顔が見えると言いづらい悩み事を相談する、海外の人とマッチして外国語の勉強をするなど、幅広い活用方法が期待できるアプリです。

03. 通話SNSアプリ「Yay!」

「Yay!」は2020年1月にローンチされた通話・チャットSNSアプリ。2021年1月時点で登録ユーザー数は200万人。今や国内最大級のコミュニティサービスといえるほどに成長を続けています。

特徴は、世代や趣味趣向が似ている人同士でマッチングし、匿名でのやり取りができるという点。学校や会社以外のサードプレイスとして、雑談や暇つぶしに利用することができるというところに人気の背景があるのかもしれませんね。

04. 次世代SNSアプリ「MeWe」

「MeWe」は2016年にローンチされたSNSアプリ。2021年1月時点でのユーザー数は1600万人を突破しています。

特徴は、徹底的にプライバシーを重視したシステム。アプリ上には、広告やスパイウェアは一切なく個人情報が守られます。ユーザーはフィードで見たくない広告をみる、プライベートなデータが流出するといった不快感や心配から解放されるので、快適にサービスを利用することが可能。広告が収入源となっていた従来のSNSとは異なる「次世代のSNS」として人気を得ています。

05. コミュニティアプリ「Sharee」

「Sharee」は、TikTokで知られる企業ByteDanceが2020年3月にローンチしたSNSアプリ(キュレーションアプリ)。

特徴は、TikTokなどでも活用されている独自のおすすめ機能やクリエイターのスカウト制度。これによってユーザーも投稿者もインタラクティブに「Sharee」を楽しむことができ、よりよいライフスタイルの情報共有の場として注目を集めています。

まとめ

コロナをきっかけにコミュニケーションのとり方が見直される昨今。目的や自分のライフスタイル、気分に合わせてSNSを使い分けるという流れは今後も加速しそうです。中でも急激に存在感を増していてメインストリームとなりそうな音声SNSは今年大注目です。

Top image: © iStock.com/Christian Horz

関連する記事

「Clubhouse」が、ついにアンドロイド版をローンチ!まずはアメリカから始まり、それに続いて英語圏の国々、そしてほかのエリアへと徐々に拡大していく予定...
イーロン・マスクが、SNS「ClubHouse」を利用して「Neuralink」で進めている研究の進捗報告をおこなったとの情報が各種メディアで報じらている...
昨年、今年と、新型コロナの影響でキャンパスに行けず、思っていたような大学生活が送れていない......そんな大学生は多いのではないだろうか。そんな現状を変...
スウェーデン発のスニーカーショップ「Sneakersnstuff 」が、先週末11月14日(土)から、カフェレストラン「SNS CAFE TOKYO」をオ...
BBQやキャンプで盛り上がるスイーツの定番と言えば、焼いたマシュマロをサンドした「スモア」が真っ先に思いつくけど、今年は「バウムクーヘン」で盛り上がろう!
昨年よりTwitterがテストをおこなっていた音声チャット機能「Spaces」が、5月4日に正式リリース。
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
「Sion」は、ユーザーが吐き出した痛みや不安に対して、お坊さんが説法を交えて回答するSNSアプリ。かつてお寺が担っていたような「ちょっと弱くなっても許さ...
本記事では眠りの専門家が選ぶオススメの睡眠アプリを紹介しています。現在、さまざまな睡眠に関するアプリがリリースされており、いざダウンロードしようにも種類が...
パートナーとのケンカの理由にありがちな家事分担の不平等を解消するために開発されたアプリ「Labor of Love: Tasks Marriage」。
全国には、アナタの知らない「ご当地ヨーグルト」がたくさん!
SNSに1時間ほどでも滞在すると、睡眠の量や質には大きな影響が出る。スマートフォンなどの発するブルーライトもさることながら、24時間絶え間なく更新されるニ...
自慢するという意味を持つFlex(フレックス)とFaceTimeの名を融合させたアプリ「FlexTime」が、アメリカで開発されました。
昨今、FacebookやTwitterの規制が強化されるなか、性的なコンテンツを自由に表現できる場を目指したSNS「Lips」が誕生した。
「MUBI REMIX」は、テキストを入力すると、それぞれの単語が映画の一コマから構成されたショートムービーを作ってくれるというもの。
チェックしない日はないほど、生活に浸透したSNS。もし、インターネットがない時代に、これらのサービスが生まれていたとしたら……。
悪夢を治療するアプリ「Nighware」が家庭用の医療機器として注目を集めている。睡眠中の心拍数と体の動きから悪夢を検知して、起こさない程度の軽い振動で夢...
地震のときも台風のときもダウンロードしないままだった「東京都防災アプリ」。2015年に都民に配られた冊子『東京防災』のアプリ版で、これがなかなか、都民じゃ...
これまでもさまざまなタトゥーが話題となってきましたが、今注目されているのは、「刺繍みたい」と言われているソレ。柄を描く一本一本のラインがまるで糸で編まれて...
国文学研究者であるカラーヌワット・タリン氏は2018年に「くずし字認識モデル」を開発し、そこから改良を重ね、2021年3月に「くずし字認識AI」のアプリと...
自分に似た人を探してくれるアプリ「Twin Strangers」。顔写真をアップロードすると、400万人以上が登録されているデータベースの中から似ている人...
今月11日にリリースされた「entr!(エントリ)」は、今の時代に即したオーディションアプリ。「プロダクションに所属しなければならない」 という固定概念を...
配車アプリ「inDriver」はピックアップのロケーションと目的地を設定すると同時に、乗客は自分の希望運賃を提示することができます。アメリカをはじめとする...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
「Couch Potato(カウチポテト)」は、何もせずゴロゴロしている時間を計ってくれるアプリです。動かなければ動かないほど、スコアが上がっていきます。
AppleのARkitに対応した「TweetReality」では、現実世界に合計25枚のツイートを表示することができます。イメージは、SF映画に出てくるよ...
エジプト政府は5,000人以上のフォロワーを抱えるSNSアカウントをメディアとみなす法案を可決したそうです。
マインドフルなセックスのお手伝いをしてくれるアプリ「Kama」。あらゆる人に、よりよいオーガズムを味わうための手助けをしてくれるとあって、話題になっている。
Facebookの新製品実験チームである「NPE Team」は、今月12日、アートや料理といったユーザーが趣味として楽しむDIYの写真を整理できるアプリ「...
東南アジアの国々に多いトゥクトゥク。乗りたいけれど、ぼったくられないか目的地へちゃんと着けるか、心配になる旅行者も多いはず。でも、カンボジアでは配車アプリ...