米・議会で「SNS中毒防止法案」が提出。その内容とは?

アメリカのジョシュ・ホーリー上院議員が、「SNS中毒」を防止する法案を連邦議会に提出した。

ホーリー上院議員のプレスリリースによると、スクロールすればするだけコンテンツが表示される無限スクロールや、動画の自動再生機能の禁止、サイト規約同意などの「はい」と「いいえ」のアイコンをまったく同じデザインにするといった内容が盛り込まれているほか、SNS運営企業に対して、ユーザーへのサービス利用時間の設定や、利用状況レポートの提出なども義務付けている。

「巨大ハイテク企業が推進するビジネスモデルの多くは、より良い商品を作るためではなく、サイトに依存させるためのものだ。いかにユーザーの興味を喚起し、サイトに留まってもらうかという心理的なトリックばかりを考えている。この法律はその状況に終止符を打ち、真のイノベーションを促進するだろう」とは件のホーリー上院議員の弁。

企業側からすると、サービスのエンゲージメントを高めるための施策は当然の気もするが、確かにここまで規制しないとSNS依存はなくならない気もする……。

現代社会ならではのこの法案、あなたはどう思う?

Reference: JOSH HAWLEY
Top image: © iStock.com/alashi, 2019 NEW STANDARD
カナダ議会は、イルカを含むクジラ目の生物の捕獲や繁殖を禁止する法案を可決。2015年に議会に提出されたものが、ようやく成立する見通しだ。
SNSに1時間ほどでも滞在すると、睡眠の量や質には大きな影響が出る。スマートフォンなどの発するブルーライトもさることながら、24時間絶え間なく更新されるニ...
エジプト政府は5,000人以上のフォロワーを抱えるSNSアカウントをメディアとみなす法案を可決したそうです。
これまでもさまざまなタトゥーが話題となってきましたが、今注目されているのは、「刺繍みたい」と言われているソレ。柄を描く一本一本のラインがまるで糸で編まれて...
世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉市大船にある「杉本薬局」の杉本格朗さん取材第二弾。漢方への入り口になればと開発した美味しいチャイや薬膳鍋の素の誕生...