フランスで「帰宅後の仕事メール」を無視しても良い法案が提出される!?

仕事で疲れて家に帰った後、ゆっくりしたいけれど仕事のメールは無視できない…。これ、ビジネスマンの悩みのひとつですよね。

でも、今後はそんな心配がなくなるかもしれません。フランスで新たに提出される予定の法案を紹介しましょう。

メールを無視していいって
本当ですか?

_000018299932_Large

CNN Money」の報道によると、フランス政府は「労働者がオフィスの外にいる時は、パソコンやスマホに届く仕事のメールを無視する権利を与える」という新たな法案を準備中なのだとか。企業規模ではなく、国の法律で決めてしまおうという動きになるあたりが、いかにも“フランスらしい”と言えるかも。

「ワークライフバランス」か、
それとも「生産性」か

_000020597999_Large

フランスには「週に35時間以上の労働をしてはいけない」という法規定があります。しばしば「働きすぎ」と言われる日本人にとっては羨ましく思えますが、この法規定がフランスの経済成長を滞らせているのでは?という声も少なくないのだそう。

反面、テクノロジーの進化により、いつでもどこでもメールチェックができるようになったことで、この「週35時間制度」が名ばかりのものになっているという指摘も。「INDEPENDENT」の記事によると、フランスの管理職の約半分は、帰宅後も午後8時から午前0時まで仕事をしている、というデータもあるようです。

早ければ2017年7月からスタート

000029921524_Large

The Local」によると、従業員の帰宅後のメールのやりとりを規制している企業もすでに見受けられるものの、今後はしっかりと「法的に」規制していこうという動きとのこと。

仕事とプライベートをしっかり分けてワークライフバランスをとってほしい、という政府の意向は、どのような形で決着がつくのでしょうか。もし、法案が承認された場合は、2017年7月からスタートする模様です。

Reference :CNN MoneyINDEPENDENTThe Local

彼氏にメールやLINEをしても、無視されていたら心配になったり、不安が募ることはよくありますよね。彼氏にもそれなりの都合があったり、受け止め方の違いであっ...
法案は「全会一致」で可決。2016年2月5日、フランスは世界で初めてスーパーマーケットに対し、売れ残り食品の廃棄を法的に禁ずる国となった。今月5日から、廃...
生きるために、仕事をしてお金を稼ぐーー。たしかに、とても大切なことです。でも、好きなことをライフスタイルの中心に据えながら自由に生きることができれば、こん...
食品ロス削減に向けた大胆な施策が続くフランス。2015年5月、満場一致で可決されたのが、スーパーマーケットの食品廃棄処理を禁止し、売れ残りの食品を慈善団体...
フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...
「Shanghaiist」の記事によれば、中国の上海で「高齢の両親を訪問しないと、クレジットカードのスコアに傷がつく」という、仰天法案が2016年5月1日...
女性が年々美しくなっていくからか、もちろん恋愛は何歳になってもアリ。老若男女、恋愛を楽しむお国柄は、もしかしたら女性の美しさに理由があるのかもしれないと思...
あなたは、1日何通のメールを送りますか?あなたの部署を合計すると?会社全体では?毎日、世界中で数え切れないくらい送られている電子メール。それは、全世界合わ...
こちらは米郵便局〈US POSTAL SERVICE〉のメールバッグ。実際に郵便物の配達に使われているモノだそうです。用途が用途だけに、かなり頑丈なナイロン製。
いけないことだと分かりつつ「クルマが来ないから」と信号無視をして横断歩道を渡ってしてうこと、あるのではないでしょうか。でもそれって、あなたが思っている以上...
大好きな彼氏が仕事に打ち込む姿はとても魅力的。でも、もっと会いたいし一緒にいたい、自分のことを考えてほしいと願うのも、彼女としては当然の感情ですよね。でも...
元彼の気持ちを、もう一度自分に向けたいと考えている方必見です。復縁につながる効果的なメールの内容を、シチュエーション別にご紹介していきます。電話とメールど...
和田裕美/Hiromi Wada外資系教育会社でのフルコミッション営業時代、絶大な営業手腕によって日本でトップ、世界142ヵ国中2位の成績を収めた女性営業...
世界へ飛び出して仕事をしてみたい、と考えている人がいるでしょう。しかし、海外在住の人たちがどのように生活しているか…現実は情報も少なく、イメージが湧きにく...
10年後、あなたの仕事はまだ存在しているでしょうか。もしくはロボットが替わりにやってくれている可能性は?現代は、仕事というもの自体が新陳代謝を迎えているの...
「Co.Exist」の記事よると、フランス政府は「620マイル(約1,150km)のソーラーロード建設」を予定していて、もし実現すれば人口の8%にあたる約...
目の前のタスクに必死になり、帰宅後はクタクタ。そのままベッドに横たわり、つい寝てしまう…。もしも、ただただ忙殺されているとしたら、この記事をヒントに「忙し...
自身も会社を辞めて転職、フリーランス、起業という道を経たライターが「会社を辞める!」と決めた後に踏むべき3つのステップを公開!
環境保全対策の一環で、7月1日にスーパーで配られている使い捨てレジ袋の配布を禁止した同国。矢継ぎ早に使い捨てプラスチック製食器やカトラリー、カップの販売を...
パリから北西フランス、または南フランスを巡る旅に出発し、その模様を動画で伝える。現在、そんなフランス旅行の「公式レポーター」を募集するキャンペーンが展開さ...