SNS時代にマッチした「最適なデビューの道」に出会えるアプリ誕生

今月11日にリリースされた「entr!(エントリ)」は“今の時代”に即したオーディションアプリ。

SNSをはじめとした様々なチャネルを活用し、タレント・モデルだけではなく、インフルエンサーやYouTuberといったさまざまな活躍の場が存在する現在。芸能活動を志す原⽯たちが、無数にあるオーディション情報のなかで“⾃分で⾃分の個性を活かせる場所”を選べるようにサポートするのが、この「entr!」だ。

芸能プロダクションに所属していないと入手することができなかったオーディション情報を知れたり、スマホで宣材写真やプロフィールを簡単に作ることもできる。

また、アプリを通じて無料の登録をしておくことで、「entr!」運営局が実施するSNS講座に参加でき、ライブ配信プラットフォームや Instagram 、tiktok や Youtubeを活用した独自のファン獲得についてデビュー前から学べるサービスも予定されている。

情報過多の現代、「どのオーディションが自分にピッタリなのかわからない......」と悩んでいる未来のスターをサポートする注目のアプリ、興味があればぜひともチェックを。

オーディションアプリ「entri(エントリ)」
【公式WEBサイト】http://www.entri.tokyo

Top image: © 2019 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
チェックしない日はないほど、生活に浸透したSNS。もし、インターネットがない時代に、これらのサービスが生まれていたとしたら……。
「株式会社ユキヤマ」が運営するスキー場情報アプリ「yukiyama」がフルリニューアルを。デジタルマップはもちろん、ゲレンデ状況やコースの確認、GPS機能...
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
パートナーとのケンカの理由にありがちな家事分担の不平等を解消するために開発されたアプリ「Labor of Love: Tasks Marriage」。
プラスチック製のシースルーランプシェード(フェイスシールド)「Plex'Eat」を使用すれば、向かい合って食事を楽しむことができる。レストランの雰囲気を壊...
自分に似た人を探してくれるアプリ「Twin Strangers」。顔写真をアップロードすると、400万人以上が登録されているデータベースの中から似ている人...
自慢するという意味を持つFlex(フレックス)とFaceTimeの名を融合させたアプリ「FlexTime」が、アメリカで開発されました。
Facebookの新製品実験チームである「NPE Team」は、今月12日、アートや料理といったユーザーが趣味として楽しむDIYの写真を整理できるアプリ「...
「Timeshifter」は、時差ボケを予防するためのアプリ。最新の睡眠などの研究をもとに、ユーザーのフライトスケジュールに合わせて「体内時計」が現地時間...
「いいね!」をお金やモノ、サービスに変えることができるSNS「Poplle(ポップル)。6月には、セブンイレブンで使える無料商品引換券と「いいね!」を交換...
「もしチーズを食べることが日課であるなら、あなたはきっとこのプログラムを気にいるでしょう」
「Couch Potato(カウチポテト)」は、何もせずゴロゴロしている時間を計ってくれるアプリです。動かなければ動かないほど、スコアが上がっていきます。
配車アプリ「inDriver」はピックアップのロケーションと目的地を設定すると同時に、乗客は自分の希望運賃を提示することができます。アメリカをはじめとする...
SNSに1時間ほどでも滞在すると、睡眠の量や質には大きな影響が出る。スマートフォンなどの発するブルーライトもさることながら、24時間絶え間なく更新されるニ...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
本記事では眠りの専門家が選ぶオススメの睡眠アプリを紹介しています。現在、さまざまな睡眠に関するアプリがリリースされており、いざダウンロードしようにも種類が...
NY生まれのラーメンブランド「黒帯」。日本第1号店が「RAYARD MIYASHITA PARK」に誕生。
「米国国勢調査局」が先月発表したデータによると、米国の16歳未満の人口構成で、ヒスパニックや黒人、アジア系の人口が昨年初めて白人の人口を上回ったとことが明...
アメリカ・ペンシルバニア州にあるカーネギー・メロン大学のある研究チームが、同国内のクサい場所を共有できるアプリ「Smell MyCity」を開発しました。
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
地震のときも台風のときもダウンロードしないままだった「東京都防災アプリ」。2015年に都民に配られた冊子『東京防災』のアプリ版で、これがなかなか、都民じゃ...
AppleのARkitに対応した「TweetReality」では、現実世界に合計25枚のツイートを表示することができます。イメージは、SF映画に出てくるよ...
東南アジアの国々に多いトゥクトゥク。乗りたいけれど、ぼったくられないか目的地へちゃんと着けるか、心配になる旅行者も多いはず。でも、カンボジアでは配車アプリ...
トゥルク大学の研究によって開発されたアプリでは、脳梗塞の一因となる心房細動を読み取れるようになっている。その精度は96%を誇る。スマホを胸に当てるだけ、と...