月面着陸から48年、NASAの管制室を完全復元するプロジェクト

人類が月に到達してから48年。当時の管制室を完全復元するプロジェクトが、クラウドファンディングを始めました。

人類の進歩の証が
危機的状況に

93e0283102c3537bed7f452829828f90e2e3f85c0300abdbcf94022b1d5addea7a33f3ce220045b6

1985年にアメリカ合衆国国定歴史建造物にも認定され、「技術の大聖堂」とも呼ばれるジョンソンスペースセンター管制室。現在は機能していませんが、現役を退いてからは観光客のために公開されてきました。

しかし、50年近い月日による劣化と予算分配が少ないため、アメリカの国立公園局によって、「歴史的展示物として保存状態が危機的状況にある」と分類されたのです。

72312e511fbb69aa033f22083bc4c8efcd222c6d

そんな理由でスタートした今回のクラウドファンディングは、管制室をアポロ計画の時の状態に戻すことを目指しています。

現在展示されている管制室は1970年代にスペースシャトルのプログラムで改修された姿であり、アポロ計画の時からはグレードアップしている状態。後ろのモニターなどは、スペースシャトルプログラムの際に新しくつけられたもののようです。

コンピュータや操作パネルなどの機器を再現することはもちろん、当時の作業員が使用していた灰皿やマグカップなども復元するとのこと。当時の臨場感を演出する展示になりそうです。

5f6725c80636f82fbc184244390bfc6ebdaca658

管制室修復プロジェクトを実現するために、最終目標である500万ドルを目指して資金募集を行っています。一般人でも人類宇宙開発史に残るプロジェクトの参加者になることができる、というのはとっても魅力的。

プロジェクト全体の完了日は、アポロ11号月面着陸から50周年目前の2019年1月を予定しています。

1e6d8524d300d0f2ebd2d3e9ec60d3b63f6a9cac

今回のプロジェクトでは、資金提供をしてくれた人に記念ステッカーや記念切手などが送られます。また計画が完了する日まで、修復の進捗状況を定期的にメールで知らせてくれるそう。支援は15ドル(約1,700円)から。ロマン溢れる計画に参加してみませんか?

※本記事では、一部誤りがあったため訂正を加えております(2017/08/07 15:00)

Licensed material used with permission by Space Center Houston
あのニール・アームストロング船長の名セリフを噛み締めながら、ただじっとながめていたいテーブルです。
誰もが一度は見たことがあるだろう「地球の出」と呼ばれる写真。これは、アポロ8号に搭乗していた宇宙飛行士が、ほぼほぼ偶然に撮影したものだった。しかしこれがキ...
「NASA」が宇宙などで撮られた写真や動画、音声ファイルを検索し、ダウンロードできるサイト「NASA Image and Video Library」を新...
今、健康志向の欧米人のあいだで人気爆発の生ゴマペースト「タヒニ」をドレッシングにアレンジしました。
乳がんを患い悲嘆にくれる女性が、否定的な言葉を次々口にするところから始まるこの動画。けれど、そこにある仕掛けが隠されていた……。
火星調査プロジェクトが本格化する米航空宇宙局(NASA)。今年度、宇宙飛行士に採用が決まった8名のうち、なんと半数は女性。NASAは恣意的なものでなく、あ...
この「MOON+SUN」は、NASAの月探査機「Orbiter」のデータを元に1/2千万スケールで製造された月球儀。このこだわり、人によってはものすごくグ...
古代から見上げる人々の心を癒やし、宇宙への夢と憧れを象徴する存在であった月。イギリスのアーティストLuke Jerramさんは、NASAが撮影した画像を元...
2015年11月24日。アマゾン社のジェフ・ベゾス氏が創設した航空宇宙企業「Blue Origin」社が、再利用可能なロケットを打ち上げ「垂直着陸」させる...
1969年、アポロ11号の船長ニール・アームストロングは、人類で初めて月に降り立ちました。そこで発せられた言葉は、今に至るまで語り継がれています。「これは...
人が美しいと感じる自然、もしかしたらそれは誰かが手を入れた人工的なものなのかもしれません。
宇宙ステーションの乗組員53名のために、シェフたちが無重力空間でのPIZZA作りにチャレンジしました。ほんとうに大丈夫?
NASAが惑星保護官を募集しましたが、その名前から「エイリアンの襲撃から地球を守る仕事」だと勘違いした小学4年生のJackくん。地球を守りたいという想いを...
宇宙に行きたい人、手をあげて!2015年12月14日、NASAが「求人募集」を開始します。どうやら火星探査に必要な300名以上の宇宙飛行士を集めようとして...
NASAの公式ホームページに、国際宇宙ステーションから見る地球の日の出の写真が投稿された。発表したのは、宇宙飛行士のスコット・ケリー氏。8月10日に撮影し...
2015年10月21日にNASAがYouTubeにアップした映像は、3機のX線観測衛星「チャンドラ」「スウィフト」「XMM-ニュートン」が2014年の11...
2015年7月23日、NASAは地球と非常に近い環境を持った惑星を発見したとの発表を行いました。「Kepler-452b」と名付けられた惑星は、太陽系外で...
チョコレートとは呼べなくなってしまったお菓子。製法も味もチョコレートと同じにもかかわらず、だそうです。
2016年2月19日「AFP」は、NASAによる火星環境を想定したジャガイモの栽培実験の結果が翌月明らかになる、ことを報じました。ペルーの首都リマにあるイ...
2015年9月29日(日本時間)、NASAは火星の表面に「液体の水」と「塩の結晶」が存在していることを裏付ける観測データを発表した。複数の場所で水が流れた...
地上から約400kmの上空に建設された国際宇宙ステーション(ISS)。この巨大な有人実験施設から、地球の表面に漂うオーロラを捉えた映像をNASAが公開した...
2015年7月14日、NASAの惑星探査機「ニューホライズン」が冥王星へとたどり着いた。地球からの距離はおよそ48億km。途方もない距離だが、探査機は20...
夜更かしや時差ボケの最たる原因は、体内時計の狂い。でもこれを自分で元に戻すのは難しいものです。自力だと大変ならば、プロの技術に頼ってしまいましょう。「NA...
2030年の火星移住プロジェクトにむけ、NASAが「火星での植物栽培」を本格的に考えている、というニュースは何度か見かけたことがあるかもしれません。地球以...