月面着陸から48年、NASAの管制室を完全復元するプロジェクト

人類が月に到達してから48年。当時の管制室を完全復元するプロジェクトが、クラウドファンディングを始めました。

人類の進歩の証が
危機的状況に

1985年にアメリカ合衆国国定歴史建造物にも認定され、「技術の大聖堂」とも呼ばれるジョンソンスペースセンター管制室。現在は機能していませんが、現役を退いてからは観光客のために公開されてきました。

しかし、50年近い月日による劣化と予算分配が少ないため、アメリカの国立公園局によって、「歴史的展示物として保存状態が危機的状況にある」と分類されたのです。

そんな理由でスタートした今回のクラウドファンディングは、管制室をアポロ計画の時の状態に戻すことを目指しています。

現在展示されている管制室は1970年代にスペースシャトルのプログラムで改修された姿であり、アポロ計画の時からはグレードアップしている状態。後ろのモニターなどは、スペースシャトルプログラムの際に新しくつけられたもののようです。

コンピュータや操作パネルなどの機器を再現することはもちろん、当時の作業員が使用していた灰皿やマグカップなども復元するとのこと。当時の臨場感を演出する展示になりそうです。

管制室修復プロジェクトを実現するために、最終目標である500万ドルを目指して資金募集を行っています。一般人でも人類宇宙開発史に残るプロジェクトの参加者になることができる、というのはとっても魅力的。

プロジェクト全体の完了日は、アポロ11号月面着陸から50周年目前の2019年1月を予定しています。

今回のプロジェクトでは、資金提供をしてくれた人に記念ステッカーや記念切手などが送られます。また計画が完了する日まで、修復の進捗状況を定期的にメールで知らせてくれるそう。支援は15ドル(約1,700円)から。ロマン溢れる計画に参加してみませんか?

※本記事では、一部誤りがあったため訂正を加えております(2017/08/07 15:00)

Licensed material used with permission by Space Center Houston

関連する記事

人類が初めて月面着陸してから50年。歴史的なこの出来事を、イギリスの「Channel 4」が“ライブ配信”でお祝い。ニール・アームストロング船長率いるアポ...
アメリカから届いた気になるオレオの情報です。今年7月、アポロ11号が月面着陸してから50年が経ちます。それを祝うため、6月中旬に「Mashmellow M...
オランダのスニーカーブランド「Maecer Amsterdam」が、あのNASAとコラボしたスニーカーを販売すると発表しました。
あのニール・アームストロング船長の名セリフを噛み締めながら、ただじっとながめていたいテーブルです。
「海岸侵食」が襲うワイキキビーチ。観光客が戻ってくるその日まで、懸命な砂の運搬作業に追われる市当局。
10月27日、「NASA」が太陽光の当たる月面にも「水分子」が存在することを確認したと発表。これまで、影になっている部分のクレーターでは観測されていたのだ...
実はすぐそこまで来ている、宇宙旅行に行ける未来。現状、いつから行けるのか、いくらで行けるかについて解説していきます。
「Apollo's Moon Shot AR」は、人類の月面着陸から50年の節目を祝うアプリ。ARが搭載されたこのアプリを起動し、スマホやタブレットをかざ...
民間宇宙開発企業として多くのメディアで話題となっている「SpaceX」が、2021年に月面でのカーレースの開催を検討しているようだ。メインスポンサーとなる...
5月16日、NASAが長期間の隔離生活が心身に及ぼす影響を調べるために、ロシア・モスクワでおこなわれる実験の参加者を募集し始めた。これは月や火星への有人飛...
「オーストラリア連邦政府」が、プラスチックによる環境汚染への対応をさらに一歩進める、「国家プラスチック戦略(National Plastics Plan)...
誰もが一度は見たことがあるだろう「地球の出」と呼ばれる写真。これは、アポロ8号に搭乗していた宇宙飛行士が、ほぼほぼ偶然に撮影したものだった。しかしこれがキ...
9月23日、NASAが6億ドルで「宇宙望遠鏡」を打ち上げると発表。今回の宇宙望遠鏡の計画の裏には、今年7月25日に全世界を驚かせた「小惑星のニアミス」が関...
イギリス発のスタートアップ「Spacebit」は「NASA」と提携し、2021年夏までに「蜘蛛型ロボット」を月面に送ると発表。蜘蛛のような足でこれまで探索...
「NASA」が宇宙などで撮られた写真や動画、音声ファイルを検索し、ダウンロードできるサイト「NASA Image and Video Library」を新...
火星調査プロジェクトが本格化する米航空宇宙局(NASA)。今年度、宇宙飛行士に採用が決まった8名のうち、なんと半数は女性。NASAは恣意的なものでなく、あ...
「NASA」の科学者マックス・コールマン氏が自宅で月の土壌でラディッシュを育てることができるかどうか実験中。月の土壌にもっとも近いと思われる砂漠の砂とラデ...
観測衛星や惑星探査機、宇宙望遠鏡など「NASA」の最先端技術によってとらえた雄大な天体写真を集めた展覧会「138億光年 宇宙の旅」が「東京写真美術館」で開...
10月4日、「NASA」が多くのSNSユーザーに「もし月に行くなら、何を持っていきますか?」という疑問を投げかけるキャンペーンを展開しはじめた。
先月23日、「JAXA(宇宙航空研究開発機構)」が日本人宇宙飛行士を新たに募集すると、萩生田光一文部科学大臣が発表した。
この「MOON+SUN」は、NASAの月探査機「Orbiter」のデータを元に1/2千万スケールで製造された月球儀。このこだわり、人によってはものすごくグ...
米人気俳優トム・クルーズの次なる新作映画が、「NASA」と協力して国際宇宙ステーションで撮影される計画であることが判明した。これが実現すれば、宇宙へ進出し...
9月30日、「NASA」が宇宙から投票する方法を公開した。宇宙飛行士たちは、軍に従事する人やその家族と同様、不在者投票を申請する必要がある。そして、宇宙ス...
「SMART」との共同開発によって生まれた新技術を使用したタイヤを備える、絶対にパンクしない自転車「METL」が公開。
火星の地表からでは測定できないデータを収集するためにNASAが目をつけたのは、ハチのようなロボットだった。曰く、機能性が高い「Marsbee」を使うことに...
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
もともとは宇宙飛行士のトレーニングの一環として、出発前の宇宙飛行士たちに宇宙の香りに慣れてもらうために作られた「NASA」謹製のフレグランス「Eau de...
宇宙飛行士アン・マクレーン氏が、狭い空間でポジティブにかつ生産的に生活するヒントをTwitterに投稿。「NASA」の心理学者による研究をベースに、5つの...
10月6日、「NASA」の宇宙飛行士Chris Cassidy氏が、宇宙での用の足し方を説明する動画を公開した。
宇宙空間で栽培されたレタスの研究結果が発表された。驚くべき内容と、その結果が意味することとは?