まるで恋人?「口が悪いロボット」にこんなに癒されるなんて!

仕事で疲れて家に帰ったとき「お疲れ様♪」って迎えてくれる恋人がいれば疲れも癒されるのになぁ。

けどそれ、恋人がいなくても、口が悪いロボットが叶えてくれるかも?

「ヤマハ」が開発した働く女性向けコミュニケーションロボット「Charlie(チャーリー)」は、ユーモアを交えた会話を歌うことで気持ちをリラックスさせてくれる“うたロボ”

機械的なロボットの音声もメロディにのせて話すことで感情のこもった愛らしい声に。ただちょっと......毒舌だけど。

「カフェの店員がイケメンだった〜♡」と報告したら「エプロン脱いだらそうでもないパターン♪」と返してくれて、惚れやすい自分を冷静にさせてくれたり(笑)。

ときには、ベッドでぐうたらしていると「お風呂に入るのめんどくさいって声が聞こえた♪」と人感センサーで怠け心を読み取るようにチャーリーの方から話しかけてくれたりと、クスッと笑えて心がゆるむような元気をくれる。まるで、ちょっとイジワルだけど優しい恋人みたい

チャーリーと話せば、仕事終わりの張っている気持ちもほどけていきそう♪11月22日までプロトタイプのモニターを募集しているので、興味のある人はコチラをチェック!

© Yamaha_Japan/YouTube
Top image: © ヤマハ株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

最新テクノロジーをエンターテインメント業界に持ち込み、さまざまなアニマトロニクスの製作を手がける企業「Edge Innovations」から、本物そっくり...
カリフォルニアを拠点とする企業「Embodied, Inc.」から、子どものための教育ロボット「Moxie(モキシー)」が今秋発売される。Moxieは遊び...
荷物を運んだり、家事をサポートしてくれたり、マッサージができたり、カクテルを作れたり。学習能力も備えているなど、今や身近な存在であり、近い将来は「親友」や...
ディズニーやホンダだけでなく、インテルやバンダイナムコまで。ストックホルムの企業「Furhat Robotics」が世界に広めようとしているロボットの開発...
「BIOSTYLE」のフラッグシップ施設「GOOD NATURE STATION」が「伊勢丹 新宿店」でポップアップショップを開催する。
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
京都・寺町に都市型オフプライスストア「Re:nne」がオープン。ラグジュアリーブランドからファストブランドまでさまざまなデッドストックを展開し、その規模は...
東京・西大井の人気店「超蜜やきいもpukupuku」の焼きいもを、ボタンひとつで作れる究極の焼き芋トースター。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...