ベルギー1部リーグ「シント=トロイデンVV」はオフィシャルスーツも“日本”と契約

日本代表のシュミット・ダニエル選手をはじめ、鈴木優磨選手、伊藤達哉選手など日本で育った選手や指導者を積極的に起用しているベルギーリーグ1部のサッカークラブ「シント=トロイデンVV」。

先日、このクラブが新たな“日本生まれ”と契約した。それが、オフィシャルスーツサプライヤーとして契約した「Aoki Tokyo(アオキトーキョー)」。

スーツなどで知られる「AOKI」の都市型オーダースーツブランドだが、企業としても海外サッカークラブのオフィシャルスーツサプライヤーになるのは初めて。「Aoki Tokyo」ならではの、一人ひとりの体型に合った本格オーダースーツを選手やチームスタッフに提供し、移動や公式行事などで着用してもらうことになる。

総勢14ヵ国の多国籍な選手が所属するチームだけに、身体的特徴に合わせたオーダースーツの技術はリーグを戦う選手を頼もしくサポートするはず。

10月15日からは、Aoki Tokyo 銀座6丁目店、池袋東口店、新宿東口店の3店舗で実際に選手が着るシント=トロイデンVVモデルのオフィシャルオーダースーツとネクタイの一般販売もスタート。

世界が選んだ“ジャパンクオリティ”の着心地はいかほどか、試してみたいものだ。

©Aoki Tokyo ©STVV
©Aoki Tokyo ©STVV
©Aoki Tokyo ©STVV
Top image: © Aoki Tokyo ©STVV
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
8月25日(日)から31日(土)まで、表参道の「FABRIC TOKYO」にて、女性のための「メンズオーダースーツ」採寸イベントが開催。
6月12日、リーグ・アン(フランスの1部リーグ)の名前が、2020-2021シーズンから「Uber Eats Ligue 1」になると発表されました。そう...
「Helpper」は、シェアリングエコノミーの利点を介護に応用したサービス。身体に不自由を抱える人や高齢者は、家事や買い物の代行を頼めるようになっている。...
海で拾ったプラスチックのゴミでできたインスタレーション「Skyscraper」。9月16日までベルギーで開催されているアートの祭典「2018 Bruges...
世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉市大船にある「杉本薬局」の杉本格朗さん取材第二弾。漢方への入り口になればと開発した美味しいチャイや薬膳鍋の素の誕生...