フランスの1部リーグの試合球は、UberEatsのドライバーが運ぶ!?

6月12日、フランスのサッカー1部リーグ=リーグ・アンの名前が、2020-2021シーズンから「Uber Eats Ligue 1」になると発表されました。そう、スポンサーがUberEatsに決まったんです。

違和感あります?

それはフランスのサッカーファンも同じように感じているらしく、Twitterではちょっとバカにするコメントもちらほら。

とはいえ、試合球についての話は注目されそうです。「Uber Eats Ligue 1」の全試合で、UberEatsのドライバーが試合球をレフェリーのもとまで運ぶんですって!

確かに“らしさ”を感じられる取り組みけど、どれくらいの広告効果があるのかは……定かではありませんね。

Top image: © Miguel Candela/SOPA Images/LightRocket via Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
どんなに大声で訴えたいことがあるフランス人でも、のっぴきならない事情でデモに参加できない時もあります。そんなフランス人のためのサービスが「Wistand」。
6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
なんとなくゴミを荒らすイメージのあるカラスですが、フランスのテーマパーク「Puy Du Fou」では清掃員として活躍しています。
「ヴィクトリアズ・シークレット」初の日本人モデルは、小椚ちはるさん。2020年春コレクションを今すぐチェックすべし。