在宅のままスーツやシャツをオーダー!「FABRIC TOKYO」の新サービス

「お店で採寸、スマホでオーダー」を掲げてサービスを展開するオーダースーツECサービス「FABRIC TOKYO」。現在、店舗に来店せずオンラインのみでオーダースーツやシャツを新規購入できるサービスを拡充している。

そのうち、GWに入る前にスタートしたのが「家から採寸」「ビデオ無料相談サービス」のふたつ。

「家から採寸」には2パターンが存在し、利用客が自宅のお気に入りの一着(スーツ、シャツに限る)を「FABRIC TOKYO」に送り採寸してもらう「送って採寸」と、同店からメジャーと採寸キットが送付され、利用客自身が採寸を実施する「自分で採寸」がある。

また、「ビデオ無料相談サービス」は、WEBからサイズを登録後、ビデオ通話で待機中のスタッフに生地やサイズ感など、実際の店舗でするような相談ができるサービス。なお、購入前提でなくてもOKなのだとか。毎週土・日曜11:00〜19:00に実施され、開催前日の金曜正午までにWEBでの予約が必要となる。

テクノロジーとリアルが融合した「FABRIC TOKYO」の新たな取り組みから、未来のショッピングの在り方を体験しよう。

©FABRIC TOKYO

『「FABRIC TOKYO」オンラインサービス』
■「家から採寸」
「送って採寸」
【詳細】https://fabric-tokyo.com/news/detail/delivery_anywear
「自分で採寸」
【詳細】https://fabric-tokyo.com/lp/anywear/

■「ビデオ無料相談サービス」
【詳細】https://fabric-tokyo.com/news/detail/video_concierge

※各種サービスのご利用は、まずは簡易会員登録から(1分で完了!)
 https://fabric-tokyo.com/pages/member-registration

Top image: © FABRIC TOKYO
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
8月25日(日)から31日(土)まで、表参道の「FABRIC TOKYO」にて、女性のための「メンズオーダースーツ」採寸イベントが開催。
オーダーメイドスーツを手がける「FABRIC TOKYO」が、“誰もが自分らしくサービスを利用できる未来をつくっていきたい”という想いから「FABRIC ...
オーダーメイドのビジネスウェアを得意とする〈FABRIC TOKYO(ファブリック トウキョウ)〉。スーツやシャツがメインですが、じつはチノパンのセミオー...
オーダースーツの「FABLIC TOKYO」より、ビジネスパーソンのためのマスクがデビュー。接触冷感の機能や速乾性を備え、清潔感あふれる立体構造で見た目も...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
ベルギーリーグ1部のサッカークラブ「シント=トロイデンVV」がオフィシャルスーツサプライヤーとして都市型オーダースーツブランド「Aoki Tokyo(アオ...
自宅に居ながら紳士服のカスタムオーダーがオンライン上で完結するサービス「Hi TAILOR」が先月からスタートしている。手軽にオーダー体験をしてもらいたい...
羽織るだけでおしゃれなスタイリングが完成する「バンドカラーシャツ」「スタンドカラーシャツ」の誕生の秘密!
スポーツウエアでありながらファッションアイテムとしても人気の「ラガーシャツ」のディテールに込められた「紳士の心遣い」とは?
大量の情報、商品、買い方の前に正しい判断に迷う「買物ストレス」が増加する中、もっと気軽にオーダースーツを楽しんでもらいたいとの思いから、「THE SUIT...
イギリスで恐らくもっともエクストリームな体験ができる宿泊施設がロンドンに誕生した。自動車メーカー「Jeep」が発売する新たなモデル「Jeep Renega...
意外と知られていない、「シャツのボタン」のアレコレ。シルエットや縫製だけではない、新たなシャツ選びの基準。
きっと誰もが一着はもっている「シャツ」に関する素朴な疑問にお答えします。
アメカジファンに人気の「ウエスタンシャツ」のパーツに隠された秘密って?
「MAISON SPECIAL」が、在宅で働く人に向けたセットアップ「リモートワークスーツ」を販売中。本格的なドレスアイテムなのに快適で楽チンな機能が満載。
老舗インポートセレクトショップ「MAINE」の店長・島倉氏による「ボタンダウンシャツを選ぶ際のポイント」とは?
「LOWDY」は、革靴とスニーカーの両ステージでキャリアを積んだデザイナーによる2WAY仕様のローファー・スニーカー。
9月26日(土)より渋谷区エリア限定の「渋谷区観光協会」公認の”渋谷ご当地クラフトビール“「渋生(しぶなま)」が発売された。
「動きにくいし繊細だし、スーツは嫌い」という人にオススメしたい“スーツに見える作業着”、その名も「ワークウェアスーツ」をご紹介。3月17日まで「伊勢丹 立...
アメカジファッションに欠かすことのできない「ワークシャツ」の丈(たけ)が長い理由って? そこには、野球やアメフトの「ユニフォーム」とも深い関係が!
アメリカのトラッドスタイルに欠かすことにできない「ボタンダウンシャツ」。襟元に小さなボタンがある理由と米大統領ジョン・F・ケネディのこだわりとは?
本日、2月の最終水曜日は“ピンクシャツ”を着用して“いじめ反対運動”を行う『ピンクシャツデー』。2007年に1つの学校からカナダ人学生2人によって始まった...
スーツに見える作業着「ワークウェアスーツ(WWS)」と、アパレルブランド「ジャーナル スタンダード レリューム(JOURNAL STANDARD relu...
機械学習と3Dプリンターを活用した靴のフルオーダーメイドサービス「Shoe-Craft-Terminal」がローンチ。