スーツの「ジャケットの襟」に「穴」がある理由

クローゼットやラックに吊るされたスーツのジャケットを見てみてください。左のラペル(襟)に穴が開いている、もしくは穴に見せかけた“糸かがり”のようなものが施されていませんか?

会社員の人なら社章を、国会議員や弁護士なら議員バッジ弁護士バッジをそこにセットしているのを見たことがある人も多いと思いますが、あの穴はもともとはジャケットの第一ボタンを通すボタンホールだったんです。

かつてジャケットは詰襟の学生服のように襟元までボタンを留めて着られており、時代を経てジャケットが現在のデザインになってからも、その名残りとして施されているんです。

ちなみに、この穴にはもうひとつの呼び名があります。

その名は──「フラワーホール」

ジャケットが現在のようなデザインになった19世紀頃、ヨーロッパではプロポーズの際に、男性が意中の女性に花束をわたし、求婚を承諾した女性は受け取った花束のなかから一輪の花を抜き取って男性に返すという慣習がありました。

そして、求婚を受け入れてもらった男性は、ラペルの穴に受け取った花の串を差し込み、愛する女性と結婚できる喜びと幸せな気持ちを周囲にアピールしたことから「フラワーホール」と呼ばれるようになったのだとか。

今ではビジネスなどの現場でしか使われることのないラペルの穴に、こんなロマンチックなストーリーがあったなんて……ファッションの歴史と変遷は、やっぱりすごくおもしろいです。

※上記、諸説あり。

Top image: © 2019 TABI LABO
知ってるようで知らないフォーマルウエアのマナー。「ジャケットの一番下のボタンを外す理由」って?
8月25日(日)から31日(土)まで、表参道の「FABRIC TOKYO」にて、女性のための「メンズオーダースーツ」採寸イベントが開催。
話題の「ナンガ」から「ウールリッチ」、「オンワード樫山」のハイテクダウン「ADS」まで、この冬に絶対欲しい「ダウンジャケット」を大公開! 
ファッション好きなら知っておきたい「ニューポートジャケット」の呼び名にまつわるおもしろエピソード!
「Ultra Suit」は、「水」に関するトラブルを一気に解決してくれる、防水機能のあるスーツです。でも、防水どころか、防臭性や伸縮性もあるため、シワにな...
TIME誌の「ベストイノベーション賞」などの受賞歴をもつ「Vollebak」から新たなジャケット「Black Squid Jacket(黒イカジャケット)...
大量の情報、商品、買い方の前に正しい判断に迷う「買物ストレス」が増加する中、もっと気軽にオーダースーツを楽しんでもらいたいとの思いから、「THE SUIT...
「Timone(ティモーネ)」のパッカブルジャケット。カテゴリーはあくまでカジュアルですが、高めに設定されたゴージライン、本切羽、焼き水牛ボタン、センター...
アメリカでは、クラウドファンディングでアパレル史上最高額となる23億円の支援を集めたという〈BAUBAX(バウバックス)〉のトラベルジャケットが、満を持し...
ベルギーリーグ1部のサッカークラブ「シント=トロイデンVV」がオフィシャルスーツサプライヤーとして都市型オーダースーツブランド「Aoki Tokyo(アオ...
初対面が苦手でも相手が思わず、それ何?と話しかけてくる個性的なラペルピンです。小さないお花を入れることで香りも楽しめます。お値段も5000円以下とお手頃で...
〈プラウドメン〉の「スーツリフレッシャーCMミニ」は、シトラス・ムスクの香り。爽やかな香水のように上品です。
一見、普通のハンガーのように見えるが、本体には8つの吹出口があり、そこから微粒子イオンである「ナノイーX」が発生する仕組みらしい。これによって、衣類に付着...
スーツを着ている人を見ると、真面目で仕事ができそうな印象を受けるものですが、心理学的には着ている本人にも影響があるのだそう。興味深い研究結果が出ています。...
イギリス発祥のドレスシューズ「ウイングチップ」の「穴」に隠された秘密とコーディネートのポイントとは?
スウェーデンのアウトドアブランド〈Haglöfs(ホグロフス)〉。高機能は言うに及ばず、北欧発らしいスマートなウェアが魅力です。そんな〈Haglöfs〉の...
いまクラウドファンディングサイトで資金を集めている「Tent Jacket」は、約37,000円と少し割高だけど、多くの人を救うポテンシャルを持っている。
コインポケットもちゃんとあるし、カードと札を分けることもできる……なんて話はもはや当たり前か。
あと10分だけムニャムニャ…。そうやって毎朝のように眠気と戦っている、そこのアナタ。この特製「布団型スーツ」なら、着替える時間が必要ないだけでなく、職場で...