「ラガーシャツの襟」には「紳士の気遣い」が込められている?

そもそもはラグビー用のアスレチックウエアとして誕生しながら、現代ではファッションアイテムのひとつとしても親しまれているラガーシャツ

そんなラガーシャツには、じつに多くのユニークな特徴があります。

まずは、首元のボタンを触ってみてください。ほかのシャツと触り心地が違いませんか?

そう、ラガーシャツのボタンはゴム製なんです。

というのも、ラグビーはあらゆる球技のなかでも、とにかくボディコンタクトの多いスポーツ。競技中に選手同士が接触したときに普通のボタンでは割れて怪我をする恐れがあるため、ゴム製のボタンを採用するようになったといわれているんです。

ちなみに、ラガーシャツには「イングランド式」「ニュージーランド式」の2種類が存在します。

まず、ボタンが表に露出しない比翼仕立てを採用しているのがイングランド式のラガーシャツの特徴。これは、ボタンが破損したときに、自分だけでなく相手チームの選手が怪我しないように配慮した作りなのだとか。

次に、襟元までボタンを留められるかどうか。

写真のように首元のトップ部分までボタンが付いているラガーシャツはイングランド式で、トップにボタンがなく、オープンカラーでの着用を前提にデザインされているのがニュージーランド式です。

では、なぜイギリス式とニュージーランド式で襟のデザインに違いがあるのでしょうか?

じつは、ラグビー発祥の地であるイギリスでは、試合後に両チームが集まって「アフターマッチファンクション」という歓談会をおこなう習慣がありました。

そこではお酒を飲みながら試合についてあれこれと語らいながらパーティーをおこなうのですが、正装で出席するのが決まりとなっています。

そのため、ラガーシャツの上からブレザーを着てネクタイを締められるよう、ドレスシャツと同じように首元までボタンを留められるように作られているんです。

「もっとも格闘技に近い球技」ともいわれるラグビーですが、ゴム製ボタンや試合後の歓談会は、少しでも怪我を減らしてフェアプレーをするための工夫なんです。

ラガーシャツの襟元には、襟を正して試合に臨む紳士の国・イギリスならではのスポーツマンシップが込められているんです。

※上記、諸説あり。

Top image: © 2019 TABI LABO
アメカジスタイルの定番アイテム「ジーンズ」と「チノパン」の歴史をご紹介! ポケットの形や配置が違う理由は......。
アメカジファッションに欠かすことのできない「ワークシャツ」の丈(たけ)が長い理由って? そこには、野球やアメフトの「ユニフォーム」とも深い関係が!
アメカジファンに人気の「ウエスタンシャツ」のパーツに隠された秘密って?
タフな車体が自慢の「BMX」がサドルに壊れやすいプラスチック素材を採用している理由とは?
「O -」の水陸両用ショーツ「Light Shorts」です。
アメカジの定番アイテムである「スウェット」の「リブ」に隠された秘密をご紹介します。
アメカジの定番アイテムであるオーバーオールのフォルムには、こんな秘密が隠されていました!
「Short pants every day」の水陸両用ショーツ「TENT」です。
アメカジの定番アイテム「ペインターパンツ」の謎を解き明かす!
「DIGAWEL」のORIGINAL FIT BELTです。色で遊べ!#2
カジュアルアイテムの大定番・ジーンズが「青い理由」について迫ります
「meanswhile」の水陸両用ショーツ「Equipment Board Shorts」です。
「Speedo」×「MISTERGENTLEMAN」の水陸両用ショーツ「WATER SHORTS」です。
長い歴史をもつ「ジーンズ」の「ベルトループ」にこんな秘話が?
2020年の東京オリンピック・パラリンピックが近づき、ますます注目度を上げている「BMX」。そんなBMXのブレーキレバーにまつわる疑問にお答えします。
5月、スウェーデンで408時間ものあいだアイスホッケー世界選手権のトーナメントについて喋り通したスポーツキャスターがいました。彼の正体は……。
羽織るだけでおしゃれなスタイリングが完成する「バンドカラーシャツ」「スタンドカラーシャツ」の誕生の秘密!
アメリカのトラッドスタイルに欠かすことにできない「ボタンダウンシャツ」。襟元に小さなボタンがある理由と米大統領ジョン・F・ケネディのこだわりとは?
ドキドキしながら観に行ったラグビーの試合。ちゃんと楽しめるか不安だったけれど、「あれ?意外に面白いじゃん……!」
きっと誰もが一着はもっている「シャツ」に関する素朴な疑問にお答えします。
ラジオ・ニュージーランドが作成したニュージーランドの地図。いくつもの星マークが表示されていて、クリックするとその土地にゆかりの曲のタイトルと短い紹介文がで...
スリランカのファッションブランド「M FACT」。洋服のカラフルさが目を引きます。シルエット自体はシンプルなものが多く、首元が台襟になっていたりバンドカラ...
ニュージーランドの都市オークランドへ行く機会があれば絶対に足を運んで欲しいアイスクリーム屋「GIAPO」。ここ、創作アイスクリームで有名なんです。店のIn...
まだライターとして駆け出しのころ、毎日決まって白シャツを着る編集者に鍛えられた。怒鳴られるたびに視線が下へ下へと降りていくぼくは、いつからかその編集者の日...
あのときを振り返ると、大喜利のようにキャッチーな言葉が飛び交ったのを思い出す。「五郎丸ポーズ」「サッカーのマイアミの奇跡よりも奇跡」「アイドルが格闘家に勝...
いかにも“コレ、染めにこだわってます”的な仕上がりじゃないところもイイ!
ニュージーランド政府観光局は、全ての世界地図にニュージーランドを掲載することを推進するキャンペーン「#getNZonthemap」の第2弾となる動画を公開...
タックインして、アイロンをかけてもカッコイイですが、ざっくり着て様になる「THE SHIRTS」。素材の良さ、着丈がちょっと短いところなど、計算され尽くし...
フレッドペリーというブランドについて、多くの人が思い浮かべるのは、イギリスとテニスでしょう。その通りです。
ニュージーランドで旅をして、一番印象に残ったのは、どこもガイドブックで目にしたことがない体験ばかりでした。リアルな感動を紹介したいから、特別に紹介しちゃい...
「世紀の番狂わせ」といわれた、日本の勝利で始まったラクビーW杯2015。屈強な男たちの肉弾戦は、スリリングで興奮度満点。でも、ルールを理解していたら、もっ...
たとえ根っからのラグビーファンでなくとも、「オールブラックス」と聞くだけで、どこの国の話をしているかは分かるもの。だが、もしそれが(?)だったとしたら、今...
旅の間、船内でファッションショーが開催されるクルーズ「Transatlantic Fashion Week」。その名が示すとおり、約一週間の航海ではファッ...
ニュージーランドで旅をして、一番印象に残ったのは、どこもガイドブックで目にしたことがない体験ばかりでした。リアルな感動を紹介したいから、特別に紹介しちゃい...