脳震とうから身を守る「襟」

運動機能を向上させる、と注目のコンプレッションウェア。機能性の高いスポーツウェアとしての位置付けでしたが、トップアスリートにとってのそれは、自分の身を守るプロテクターとしての役割もあるようです。

それというのも、試合中や練習中に接触プレーにより脳震とうを起こしたり、脳に健康被害が生じ、引退後の生活に支障をきたしたりと、近年プロアメリカンフットボールリーグ(NFL)をはじめ、選手たちの脳へのダメージが問題視されているから。

そんな頭部や頸部への衝撃から守るために開発されたウェアが「HALO」。最大の特長は、首から後頭部にかけての着脱式の襟。これがプロテクターとしての機能を果たすそうです。

なんでも、通常時は柔軟性がある素材なのに、外部からの強い衝撃を受けたとたん、硬化して首や頭部への衝撃を吸収。およそ46%ダメージを軽減してくれるんだとか。

開発には、人間運動学博士、医療従事者、エンジニアに加え、アメフトやアイスホッケーの現役選手も加わったそうですよ。

鋼のような肉体のその外側に、脳や頸椎を守る鎧がもう一枚。コンプレッションウェアの科学が選手生命を伸ばす一助になっているのかもしれませんね。

Reference: ©2018 AEXOS
Top image: © 2018 AEXOS
日本ではルールが難しいというイメージがあるアメフト。だけど、いくつかのポイントに抑えて観戦をすれば、初めてでも楽しめます。ここでは数ある見どころを絞りに絞...
5月、スウェーデンで408時間ものあいだアイスホッケー世界選手権のトーナメントについて喋り通したスポーツキャスターがいました。彼の正体は……。
今日、他の連中が「したくない」ことを私はする。だから明日、彼らが「できない」ことを達成できるんだ。例えばこの言葉、ビジネス書や自己啓発本の見出しに登場した...
クリエイティブエージェンシーAKQAのプロジェクトのひとつとして、AIが新たなスポーツ「Speedgate」を作り上げました。
NFLチーム「ニューヨーク・ジャイアンツ」でワイドレシーバーとして活躍するオデル・ベッカム選手は、アメフト界で世紀に一度の天才と呼ばれているほどのスーパー...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
勝機を見出したIKEAは、医療用3Dプリンター技術を有するデザイン事務所「UNYQ」とeスポーツに特化した教育機関「Area Academy」の協力を得て...
リフティングができるほどの運動機能性が備わっているという。数ある機能を重視したフォーマルなパンツのなかでも、フットボールメーカーが“リフティングできる!”...
セックスワーカーの身を守るためにーー。賛否両論がありながらも2013年にチューリッヒに設置された売春ドライブインが成果を出しているそうです。
ネイティブアメリカンの社会には、LGBTQの人たちに対する差別はなかったようです。彼らがどのようにジェンダーを捉えていたのか、人と違うことを理解していたの...
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
ソフトドラッグが合法化されているアムステルダムでの、このプロモーション企画はとってもcool。
静岡の浜松市が「マリンスポーツの聖地」と言われるのは、海、湖、川の3つがひとつの街に揃っている、日本でも(世界でも?)有数の恵まれた場所だから。そんな浜松...
スポーツウエアでありながらファッションアイテムとしても人気の「ラガーシャツ」のディテールに込められた「紳士の心遣い」とは?
ベルリンが、2017年、ナイトクラブの防音対策に約1億2000万円(100万ユーロ)の予算を割り当てることを発表。2018年11月30日より、ナイトクラブ...
知識や教養を身につけるためにも、会話の引き出しを増やすためにも、読書ってとても大事ですよね。でも、習慣がないとなかなかできないのが読書というもの。そこで、...
とにかく完全に食器を洗う「スポンジ」が再現されています。
羽織るだけでおしゃれなスタイリングが完成する「バンドカラーシャツ」「スタンドカラーシャツ」の誕生の秘密!
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
2015年に、ドバイにオープンしたコンテナモールがオープンした「BOX PARK」。ショッピングやダイニングが楽しめて、シネマも併設されています。