アメフト(NFL)が全米をアツくさせる3つの理由

2017年2月にニューイングランド・ペイトリオッツの大・大逆転で終えたNFL。明日、9月7日に新たなシーズンが開幕します。

日本でファンの多いスポーツといえば、野球とサッカーで間違いないはず。競技人口の多さも影響していることでしょう。かたやアメリカンフットボール、知名度こそ上がってきてはいるものの、まだメジャースポーツとまでは…。でも、でもです。ひとたび試合を観たら、間違いなくワクワクするはず。

数え切れないほどの見どころを、絞りに絞って紹介します。ポイントはこの3つ!

驚異の身体能力を誇る選手たちの
迫力のあるプレー

アメフトには、「ファーストダウン」や「ハドル」といった多くの専門用語があり、他のスポーツと比較してもルールが複雑。でも、いくつかのポイントにフォーカスして観戦すれば、初めて見たとしても興奮することでしょう。

例えば、相手のヘルメットが外れてしまうほどのタックルをする「力強さ」。一瞬でディフェンスを置き去りにする速さで駆け抜けていく「俊敏性」。相手にぶつかりながらもパスをジャンプしてキャッチする「バランス能力」。選手同士が激しくぶつかり合う「音」だって楽しみのうち。

では、なぜ人々を魅了する、身体能力の高いアスリートたちが揃っているんだと思います?

答えは、全スポーツ界のエリートが集まってくるから

現在、ミネソタ・バイキングスでルーキーながら活躍中のDalvin Cookは、大学3年生ながらもドラフトで選ばれた実力派。そんな彼は、高校では陸上選手でもあったそうです。また、ペイトリオッツのChris Hoganも大学ではラクロスをプレー。

つまり、NFLで活躍する選手はアメリカ全土からかき集められた、エリート中のエリートということ。

肉体は、グラディエーター
頭脳は、アインシュタイン

前述のように、NFL選手はスポーツ界のエリートたち。オールラウンダーではなく、「力が強い」や「足が早い」といった、1つの才能に秀でた能力の持ち主。ゆえに、ポジションごとに体格を比べると、みなバラバラというのも面白さのひとつ。

それがチームとして機能してしまうのは、綿密に計算された「戦術」ゆえ。しかも、これがとんでもなくたくさんあるんです。

オフェンスでは、ボールを持つ選手の走る道を確保するため、体を張って敵の侵入を防御、ときに相手を吹き飛ばすことも。ディフェンスでは、パスを叩き落とすのか、ボールを投げさせないためにタックルするのか、といった駆け引きが魅力。

ヘルメットやショルダーなどの「防具」をつけてプレーをするのは、肉体を極限まで駆使してプレーする激しさの表れ。パワーばかりが要求されるポジションもあれど、無数の作戦を瞬時に行動にうつすのに必要な知性も、必ず持ち合わせているのがアメフト選手。

それぞれ異なる体格、違う特徴を持った一流選手たちが「勝利」のために団結する。これが僕には他のスポーツに類を見ない最高のチームワークに思えてしまうのです。ひいき目に見ても。

「万年Bクラス」をつくらない
独自のシステム

NFLの魅力を伝えるうえで、ある特徴的な調査を紹介します。「We Are Fanatics」のリサーチによると、ジャクソンビル・ジャガーズのファンの65.71%は、自分の応援するチームが全米1位になるならば、職を失っても構わないと回答。またバイキングスのファンは、30.56%が1年間お風呂に入らなくても良い、と。

全てが本気でないしても、ここまでファンを狂わせる理由がこちら。NFLチームの戦力はなるべく均等になるようにコントロールされている、です。

例えば、ドラフトでは前シーズンの成績が悪かったチームから、有力選手がピックできるシステム。それゆえ歴代のスーパーボウル(NFLの優勝決定戦)に出場経験のないチームは、32チーム中たったの4つだけ。つまり、前シーズンの成績が悪くても、翌年に優勝する可能性だってなくはない!ということ。

スマホでも迫力を体感!

これまでは、BSやCSでしか試合を見ることができないという状況でしたが、昨シーズンはTwitterでストリーミング配信が行われました。また、生中継ではありませんがYouTubeでも、試合後に観戦できるって知ってました?

自分なりの観戦方法を見つけて、熱くなれ!

NFLチーム「ニューヨーク・ジャイアンツ」でワイドレシーバーとして活躍するオデル・ベッカム選手は、アメフト界で世紀に一度の天才と呼ばれているほどのスーパー...
今日、他の連中が「したくない」ことを私はする。だから明日、彼らが「できない」ことを達成できるんだ。例えばこの言葉、ビジネス書や自己啓発本の見出しに登場した...
シャキーム・グリフィンは今年シアトル・シーホークスからドラフト指名を受け、4月にNFL入りを果たしました。
頭部や頸部への衝撃から守るために開発されたコンプレッションウェア。
看板メニューは「ゴルゴンゾーラ・エスプーマ」 10種類のソースでムール貝を楽しめる、中目黒のフレンチビストロムール&ビストロ massa〒153-0051...
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
NFLの選手と聞けば、華やかなスーパースターを思い浮かべる。しかし「ボルチモア・レイブンズ」のガードとして活躍するジョン・アーシェル選手はどうやらそのイメ...
8月14日にBud Lightは、Cleveland Brownsが2018年シーズンで初勝利をあげた時にファンたちにタダでビールをふるまうために、特別な...
セネガルサポーターSuloさんは、日本人サポーター3人と盛り上がっている動画を投稿しました。すでに360万回以上も再生されているわけですが、『ONE PI...
生徒や教師たちが亡くなった事件に対するトランプ大統領の発言は、彼の想像とは裏腹に、アメリカ社会に大きな波紋を起こし、新たなソーシャルムーブメントを生むこと...
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
1月29日、2019年シーズンからクリーブランド・インディアンスが、チームマスコットの使用を取り止めると発表。いわゆる「ワフー酋長」をネイティブアメリカン...
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
Instagramが投票率アップを目指して立ち上がりました。
旅先で鮮烈な色のスポーツドリンクに出会うと、海外を意識することがあります(私だけ?)。運動中の水分、ミネラル補給にあのビビッドな液体がどうして必要なのかは...
「ミハラヤスヒロ」や「ENGINEERED GARMENTS」「nonnative」など数々の人気ブランドとコラボしてきたラーメン店「一風堂」が次なるタッ...
フットヒル高校のアメフト選手たちは、その日いつものようにチアリーダーたちの列の間を通って、グラウンドに入場。しかしいつもと違うのは、選手たちが1人1本ずつ...
筋肉への伝達機能が徐々に失われ、数年のうちに歩行や会話、呼吸ができなくなる。それが、ALS(筋萎縮性側索硬化症)だ。映画『ギフト 僕が君に残せるもの』は、...
「#IMWITHKAP」という彼に賛同する意味のあるハッシュタグが刺繍されているデザインです。
eスポーツ界にIKEAが参入。世界に約20億人いると言われるゲーマーたちが快適なゲームライフを送れるよう、アメリカの3Dデザイン会社UNYQと協力して、専...
Instagramから美しい写真を掘り起こして、表彰しようとはじまったのが「PHOTOBOX INSTAGRAM PHOTOGRAPHY AWARDS(P...
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
静岡の浜松市が「マリンスポーツの聖地」と言われるのは、海、湖、川の3つがひとつの街に揃っている、日本でも(世界でも?)有数の恵まれた場所だから。そんな浜松...
ネイティブアメリカンの社会には、LGBTQの人たちに対する差別はなかったようです。彼らがどのようにジェンダーを捉えていたのか、人と違うことを理解していたの...