女性警官が、ビキニ姿で泥棒を確保!

これは、7月26日にスウェーデンの警官ミカエラ・ケルナーさんが、自身のInstagramに投稿し、世界中で話題になっている画像です。

非番だった彼女は、友人たち数名とともに、ストックホルムの公園に日光浴をしに来ていました。その際、事件が発生!なんとビキニ姿のままで犯人を捕まえてしまったのです。

携帯電話が盗まれた!
犯人をダッシュで追跡した結果…。

842b139aa6edd9ada54e2fb0abbb9aff86e5a400

この画像の状態に。被害にあったのは、彼女と一緒に居た友人です。新聞を売ろうと男が近づいてきましたが、何度断ってもホームレスたちのために買って欲しいとしつこかったそう。

その道11年のベテランである彼女はすぐにこう考えました。“この男は、なにかを盗もうとしている”。しかし、あまりの巧妙さに、盗まれた瞬間は気づけませんでした。

「持ち物に注意するようみんなに促しました。が、彼がその場を去ってすぐ、友人の携帯電話がなくなったことに気づきました。時間がありませんでしたから、走って彼を追いかけたんです。15メートルくらいだったでしょうか」。

どうやら、手に持っていた新聞を持ち物の上にかぶせ、あとでしれっと下のものまで同時に持ち去るという手口。しかし、幸いまだ犯人は目と鼻の先。ケルナーさんは走って追い駆けました。

すぐに気づいて逃走をはかる犯人でしたが、彼女の身のこなしには敵わず、あっという間に確保!周りにいた友人たちでさえ、女性警官としての彼女の動きを初めて見てショックを受けたほどでした。近くを巡回していた同僚に連絡して、犯人は御用。

その様子を、近くに居た友人が撮影していたというわけ。

「ハダカでも躊躇しませんよ」。

4ca0b32186bbdb2f01003ee9ac1e072c03afde51

いくらベテランとはいえ、ビキニ姿で犯人を捕まえたことは過去にないと語る彼女。ただし、AFTONBLADET」のインタビューには「たとえハダカだったとしても躊躇しませんよ」と回答。SNSには、その鍛えぬかれた強靭な肉体が惜しげも無く披露されています。

ブログではこうコメント。

「急展開でしたし、あんな格好で犯人を取り押さえているのですから、あとで見るとちょっと笑っちゃいます。私は同僚と相談して、画像をInstagramに投稿することにしました。同様の手口による犯行は夏になると特に多くなるんです。盗まれたものは大抵戻って来ません。マジシャンのようにズル賢いので、よく注意して欲しいです」。

その後、地元メディアに取り上げられたことをきっかけに、画像は世界中に拡散。勇敢な対応に対して、ポジティブなメッセージを数多く受け取っているとのこと。

怪我もなく無事でなによりですね。

Reference:AFTONBLADET
Licensed material used with permission by Mikaela K, MIKAELAS BLOGG
これまで見たこともないくらい、ポップでスタイリッシュな「だまし絵」が登場。目の錯覚を引き起こすのは、複雑な描写だけじゃないんですね。このまま額装すれば、部...
着ているだけで海をキレイにしてくれる。そんな魔法のようなビキニが、米で話題が沸騰中!海のゴミを集めてくれる地球に優しいビキニこのセクシーなビキニ「スポンジ...
世の中には自分の体型を気にする女性がたくさんいます。ブロガーであるJamie JeTaimeは、世の中的には「デブ」と言われる体型。だけど、彼女のポジティ...
いろんなストーリーが浮かんできます。
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
Facebookに投稿されてから12時間のうちに、100万回再生されて話題になった、ニュージーランド警察の求人動画。潜入して犯人を捕まえようとする警官、住...
写真は、8歳の少女が泥棒に宛てて書いた手紙(走り書き)。留守中を狙って空き巣に入られたその窓に、彼女は手紙を貼りました。泥棒がこれを目にすることはきっとな...
いかにもセクシー服装をしている女性の姿より、セクシーじゃない女性の普段の姿や行動が、男性にとってそそられるそうです。例えば、歩く姿やユーモアのある時や、好...
男の人には決してみせない女性の本当の姿があえて描かれているイラスト。女性だったら思わず共感してしまう要素がたくさん。ただ、男性はあまりショックを受けないで...
はじけるような笑顔が印象的なのは、フロリダ在住のCheyenne Lee。世界で一番美しい釣りガールとして、爆発的に注目を浴びている。セクシーさも人気に火...
ビジネスコーチのMelanie Gormanさんと著者のJohn Grayさんが共同で寄稿した「Your Tango」の記事は、女性が意見することを激励し...
2015年9月4日、ブラジル・サンパウロの教会前。銃を持った男が女性の身を拘束する事件が発生した。犯人は警察にもよく顔を知られている重犯罪者だったと報じら...
女性という、生き物について。
「これはマジメな話。どの車が一番揺れたか教えてね」そんなメッセージからスタートするこの動画は、さまざまな高級車の揺れを比較した実験動画。なのですが、その方...
バリバリ仕事ができる女性っていますよね。そういう人は一体まわりの人とどう違うのでしょうか。その特徴を知り、これを備えることを目指せば自分も仕事ができる女性...
口には出さないけれど、「生理は仕事に影響する」と感じている女性は多数いるのだと伝えているオーストラリアの調査がある。その割合は、1,000人以上の女性に対...
自分は完璧な女性と結婚することができた、と振り返るSteven Aitchison氏。そんな彼がブログで、男性が手放すべきでない女性の特徴を紹介しています...
「かよわい子」というのを売りにしていた女性も、そろそろ戦略を変える時期。「Thought Catalog」のHolly Riordanさんの記事から、パワ...
「何が不満なのか分からない」、「どこまで指導していいのか迷ってしまう」……。企業における女性社員の現場で、女性部下の「取り扱い」について頭を抱えている男性...
女性のあるあるって、乙女心も絡むから男性にはないものが多い。中には「わかる〜」と頷きクスっとなってしまうものも。女性だからこその特徴的な出来事をイラストに...
リーダーシップ研修の講師実績を持つ西村直哉さんと、人材育成コンサルタントの清家三佳子さんによる共著『一瞬で心をつかむ女性部下マネジメント』(幻冬舎)をご紹...
価値観が変わりつつあるとはいえ、ルワンダには、いまだに男性は仕事、女性は家事をするものという考え方が残っているらしい。この慣習があるがゆえ、女性が教育を満...