「国防にジェンダーは関係なし」。これがカナダ軍の答えだ。

「将官や軍の専門家たちと話し合った結果、アメリカ合衆国政府はトランスジェンダーを、軍で受け入れないことに決めた」

去る7月26日、トランプ大統領のツイートが波紋をよんだ。

発言から7時間後、まだ世間がこの発言にざわついている最中、カナダでは、あるツイートがものすごい勢いで「いいね」のハートマークを集めていた。

「認め合い」は、僕らの得意なこと

「あらゆるジェンダー・アイデンティティーを持つみなさん、僕たちはいつでもウェルカムさ!」

レインボーフラッグを付けた吹奏楽団の写真とともに、このツイートをしたのはカナダ国防軍の公式アカウント。ちゃっかり貼り付けてある、入隊応募フォームのURLの上には#DiversityIsOurStrength(多様性は僕らの強み)のハッシュタグまで。

トランプ大統領を支持する人たちからは否定的な声も上がっているけれど、あらゆる文化や価値観との共存を得意とするカナダ国民からは、「われらの誇りだ!」と共感を集める結果となった。

賛同者たちは、同じタグをつけてLGBTQに関するツイートするという、ちょっとしたムーブメントまで起こっている。

ところで、彼らがLGBTQに関してツイートし、注目を集めるのはこれが初めてではない。

去年の5月17日「国際反ホモフォビアの日」には、これからもLGBTQの人々が生活しやすいように、サポートしていきたいと伝えていた。

国防軍が、国民のことを思って日々活動している様子をSNSに公開するというのは、心の距離を縮めるうえで結果的に効果的な手段となったと言えるだろう。

Licensed material used with permission by Department of National Defence/Canadian Armed Forces
ワーキングホリデービザを取得できるとして、海外で働きたいと考えている人が注目しているカナダでも、移民・難民の権利に関する問題は未だに根絶できていません。
もとになっているのは、カナダ軍のトレーナーシューズ。
6月30日にカナダのBC州政府が、世界で初めて「性別不明(U)」の保険証を発行した。これは世界で初めてのこと。Kori Dotyさんは自身がトランスジェン...
間違った情報を信じている人がいる限り、感染者への偏見や差別は終わらない。この現状を少しでも変えるべく、『Casey House』はシェフ全員がHIV陽性の...
チューインガムの原材料を見直したら、必要なのは6つだけだった。
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いとお酒を楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
10年ぶりの政権交代を果たし、カナダの新リーダーとなったジャスティン・トルドー首相。2015年11月4日に行われた新内閣発足の発表会見の席で記者からの質問...
もともとケータリング事業をおこなっていたJagger Gordonさんは、ゴミ箱行きの食材を取り扱ったスーパーマーケット「No Waste Grocery...
7月8日に開催された欧州最大のLGBTのパレードとも言われるロンドン・プライド・パレード。7月20日に行われた組織調査によると、マイノリティ人種のLGBT...
寒くなると、多くの人が身につけるこの手袋は、2010年のバンクーバー冬季五輪にあわせて、大手デパート「Hudson's Bay」が発売したのがはじまり。1...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
ゲイの兵士が逮捕されたり、大統領選の候補者たちが同性愛に対して否定的な発言をするなど、同性愛者にとっては厳しい状況が続く韓国社会。そんな中、各地の大学で、...
ロシア在住の写真家Anna Brilliantovaは、LGBTの人々に対しての厳しすぎる法律に疑問を抱いている。2013年に制定された同性愛宣伝禁止法は...
女性の活躍が進んでいるとはいっても、人数としてはまだまだ男性の方が多い政治の社会。もしもそれが、逆転したら?そんなイラストを公開した「College Hu...
「エコノミスト」は、毎年「世界で最も住みやすい都市ランキング」を発表していますが、その上位10都市のうち6都市を、オーストラリアとカナダの2国が占めている...
渋谷・道玄坂の巨大クラブ「VISION」で音とお酒と踊りを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
スーパーのプライベートブランドというのはよく聞きますが、カナダのスーパー「IGA Extra Famille Duchemin」の発想は、ユニークかつ大胆...
ある意味、これは“走るイルミネーション”。だけど、単なるクリスマス用のデコレーションを施したお気楽列車な訳ではありません。今年で18年目を迎える、カナダ太...
A to Zをデフォルメしたタイポグラフィをよく目にするが、「世界が抱える闇」を誰の目にもわかりやすく視覚化したものとして、これは秀逸。26文字のアルファ...
もともとは、ポートランドのNPOが若者支援のために始めた取組み。LGBTやホームレスなど、社会に溶け込んで生活することが難しいと感じる若者たちが、うまくな...