カナダでのワーホリは、「奴隷制よりも過酷」か?

「奴隷制度よりも過酷だ」

カナダの「CBC News」が、怪我の治療を受けられずに母国に送還された移民をとりあげたときに、外国人労働者プログラムについて論じられた、ひとつの意見です。

ワーキングホリデービザを取得できるとして、海外で働きたいと考えている人が注目しているカナダでも、このような移民・難民の権利に関する問題は未だに根絶できていません。

だから、多くの人権団体が権利の向上を求め、たくさんのプロジェクトを行なっているようです。「Fairness Works」の動画もまた、労働環境の改善を注意喚起しています。

搾取される移民・難民
人身売買されることも…

【あらすじ】

楽しい雰囲気には欠かせない美味しい食事。そこで使われているトマトがどのように収穫されているのかを遡ってみると…。

たくさんの移民たちが、厳しい労働環境に苦しみながら、日々働いている。カナダに来る前は、笑顔で食卓を家族と囲む余裕があったはずなのに…。

非営利団体「Canadian Council for Refugees」は、労働ビザが一時的なものだからという理由で、持っている権利が十分に説明されていない、正しい賃金が支払われていない場合もあると、カナダの労働環境について説明しています。これを悪用して、人身売買が行われているケースもあるのだとか。

「特定の期間、安い賃金で労働者を雇うのは人権濫用です。労働者にとっても、カナダにとっても良くありません」と、彼らはコメントを残しています。そのため、正しい情報を知ってもらうためのイベントを開催しているようです。

ジャスティン・トルドー首相の数多くの意見から理解できるように、カナダは国として、移民・難民の受け入れを積極的に行なっています。政府のHPでも、どのような権利が認められているのかを紹介しています。

つまり、カナダという国が労働環境を整えていないのではなく、複数のビジネスオーナーが労働者から搾取しているということ。ワーキングホリデーを考えているなら、知っておいた方が良い情報もたくさんありそうです。

ある意味、これは“走るイルミネーション”。だけど、単なるクリスマス用のデコレーションを施したお気楽列車な訳ではありません。今年で18年目を迎える、カナダ太...
7月26日、ドナルド・トランプ大統領が「トランスジェンダーを、軍で受け入れないことに決めた」とのツイートに対して、カナダ軍が「あらゆるジェンダーアイデンテ...
寒くなると、多くの人が身につけるこの手袋は、2010年のバンクーバー冬季五輪にあわせて、大手デパート「Hudson's Bay」が発売したのがはじまり。1...
6月30日にカナダのBC州政府が、世界で初めて「性別不明(U)」の保険証を発行した。これは世界で初めてのこと。Kori Dotyさんは自身がトランスジェン...
スーパーのプライベートブランドというのはよく聞きますが、カナダのスーパー「IGA Extra Famille Duchemin」の発想は、ユニークかつ大胆...
10年ぶりの政権交代を果たし、カナダの新リーダーとなったジャスティン・トルドー首相。2015年11月4日に行われた新内閣発足の発表会見の席で記者からの質問...
両親がシリアから内戦を逃れるためにカナダへ来たのは去年。その後生まれた赤ちゃんに、トルドー首相への感謝の気持ちを込めて「ジャスティン・トルドー」と名付けま...
「エコノミスト」は、毎年「世界で最も住みやすい都市ランキング」を発表していますが、その上位10都市のうち6都市を、オーストラリアとカナダの2国が占めている...
山のような家具を積んだ荷車を引く人々。現実の風景ではなく、フランスのフォトグラファーAlain Delormeさんによるシリーズ作品です。伝えたかったのは...
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
カナダ生まれの「ロンドン・フォグ」は、今や欧米でも大人気のドリンク。アールグレイティーにバニラシロップ、温めたミルクを合わせ、ふわふわのフォームミルクをの...
間違った情報を信じている人がいる限り、感染者への偏見や差別は終わらない。この現状を少しでも変えるべく、『Casey House』はシェフ全員がHIV陽性の...
カナダのファッションカンパニーが開発した下着「Skiin」は、あなたの体温や心拍数、呼吸回数、水分量、体脂肪率などのあらゆる健康に関するデータを集めてくれます。
アラスカに接するカナダ北西部のユーコン。ここに100年以上続く天然温泉(Takhini Hot Spring)がある。ミネラル分が豊富な42℃の源泉がこん...
大学時代にカナダのバンクーバー島に暮らしていたことがある。僕にとってカナダという国の印象は、何といっても大自然。キャンバス内で、野生のリスと顔を合わせた時...
カナダ・バンクーバーアイランドから10分ほど船に揺られると、「Freedom Cove」と名付けられた、おもちゃのようにカラフルな家を見つけることが出来ま...
1864年、アメリカではそれまで奴隷として扱われていた黒人たちが、リンカーンの奴隷解放宣言により長年の奴隷生活から解放され、自由を手にしました。ショーン・...
カナダメープルの輸出先世界第3位には、日本がランクインしている。では、国内生産はどのくらいなんだろうと気になって調べてみると、ヒットしたキーワードが「秩父...
「The Community Against Preventable Injuries」は、事故や事件、怪我を未然に防ぐために、時にユニークな方法で注意を...
2月27日に死去した米俳優レイナード・ニモイさん。彼の功績を偲んで、カナダの5ドル紙幣をニモイさんの代表作「スター・トレック」のミスタースポック船長に書き...