カナダでのワーホリは、「奴隷制よりも過酷」か?

「奴隷制度よりも過酷だ」

カナダの「CBC News」が、怪我の治療を受けられずに母国に送還された移民をとりあげたときに、外国人労働者プログラムについて論じられた、ひとつの意見です。

ワーキングホリデービザを取得できるとして、海外で働きたいと考えている人が注目しているカナダでも、このような移民・難民の権利に関する問題は未だに根絶できていません。

だから、多くの人権団体が権利の向上を求め、たくさんのプロジェクトを行なっているようです。「Fairness Works」の動画もまた、労働環境の改善を注意喚起しています。

搾取される移民・難民
人身売買されることも…

【あらすじ】

楽しい雰囲気には欠かせない美味しい食事。そこで使われているトマトがどのように収穫されているのかを遡ってみると…。

たくさんの移民たちが、厳しい労働環境に苦しみながら、日々働いている。カナダに来る前は、笑顔で食卓を家族と囲む余裕があったはずなのに…。

非営利団体「Canadian Council for Refugees」は、労働ビザが一時的なものだからという理由で、持っている権利が十分に説明されていない、正しい賃金が支払われていない場合もあると、カナダの労働環境について説明しています。これを悪用して、人身売買が行われているケースもあるのだとか。

「特定の期間、安い賃金で労働者を雇うのは人権濫用です。労働者にとっても、カナダにとっても良くありません」と、彼らはコメントを残しています。そのため、正しい情報を知ってもらうためのイベントを開催しているようです。

ジャスティン・トルドー首相の数多くの意見から理解できるように、カナダは国として、移民・難民の受け入れを積極的に行なっています。政府のHPでも、どのような権利が認められているのかを紹介しています。

つまり、カナダという国が労働環境を整えていないのではなく、複数のビジネスオーナーが労働者から搾取しているということ。ワーキングホリデーを考えているなら、知っておいた方が良い情報もたくさんありそうです。

「Been a Slice」は古くなったパンを材料にしたビールです。
ある意味、これは“走るイルミネーション”。だけど、単なるクリスマス用のデコレーションを施したお気楽列車な訳ではありません。今年で18年目を迎える、カナダ太...
カナダで紅葉といえばメープル街道。でもね、こんな素敵な場所もあるんですよ。
カナダの最東端にあるニューファンドランド・ラブラドール州のフォーゴ島。この島の岩石海岸にポツリと建つホテル「Fogo Island Inn」。自然以外何も...
プリンスエドワード島にある「West Post Lighthouse Inn & Museum」。海の目の前にあるこの宿では、他では決して体験できないほど...
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。
首都オタワや経済都市トロントなどを抱えるオンタリオ州が、平等を象徴するレインボーフラッグを掲げることを義務づけました。同州の小学校が対象です。
カナダの新聞社『Regina Leader-Post』は学校への配達を中止しました。理由はシンプルで、マリファナに関する広告が掲載されているためです。
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。カナダのセブンでは、特定の商品よりもサービス精神に興味を惹かれました。
7月26日、ドナルド・トランプ大統領が「トランスジェンダーを、軍で受け入れないことに決めた」とのツイートに対して、カナダ軍が「あらゆるジェンダーアイデンテ...
世界三大雪まつりとも称される「ケベック・ウィンター・カーニバル」。日本でも馴染みがある氷像や氷の滑り台、アイスバーなどに加えて、カナダならではのアクティビ...
カナダとオランダは、両国間の空の移動でパスポートをペーパーレス化する取り組みを発表。年内に試験を行い、2020年をめどにペーペーレスフライトの実現を目指す。
寒くなると、多くの人が身につけるこの手袋は、2010年のバンクーバー冬季五輪にあわせて、大手デパート「Hudson's Bay」が発売したのがはじまり。1...
カナダのニューファンドランド島にあるマウント・パール。何もないというこの町をラップにのせてディスりまくるPR動画が面白いと話題だ。
もともとケータリング事業をおこなっていたJagger Gordonさんは、ゴミ箱行きの食材を取り扱ったスーパーマーケット「No Waste Grocery...
カナダのケベック・シティにある「Hotel de Glace」は、毎年テーマが変わるアイスホテル。前回の冬、2018年のテーマはサーカスでした。2019年...
海外の缶ビールってなんかデザイン的にも面白いし、オシャレ。飲むこと以上に部屋に置くのも楽しくなる!そんな、世界のLovelyなクラフト缶ビールから、オリエ...
カナダ・ケベック州のシャーブルック大学の学生が開発した“万能すぎる掃除機”があります。その名も「Hoola One」。吸うのは埃ではなく砂に混ざっている小...
5万4千枚もの写真をつなげて作られたこの作品の臨場感は4Kならではのもの。葉の上で光る水滴、まっすぐに空へとのびる木々。朝日を受けて輝く湖面。3分40秒間...
クラフト・ハインツの「Mayochup」が、アメリカに続いてカナダにも登場。でも、一部の人たちの間で“笑われ者”になっているのだとか……。というのも、商品...