目に映っているのに、「見られていない」彼らのストーリー

路上で生活をする人々とすれ違うとき、見てはいけない存在かのように、多くの人が目をそらす。カナダ・モントリオールに住むフォトグラファーMikael Theimerさんは、ずっとその様子に疑問を抱いていたそう。

胸の中にある思いを作品にして、多くの人に届けるべく、4年前に『The invisibles』というプロジェクトを自身のウェブサイトで立ち上げた。路上で生活している人たちを撮影し、彼らのストーリーと一緒に載せるというものだ。

彼は路上にいる人々に何を思い、この作品を見た人たちに何を感じてほしいのか?質問をしてみたら、こんな答えが返ってきた。

6110412894371840
©2018 Mikael Theimer

「僕は単純に、彼らがどういうプロセスで今に至ったのか、何を考えているのか、すごく興味があったんです。彼らのストーリーを聞くことでしか、気づけないこの社会の問題や、リアルがある。僕には理解できないことの多くを、彼らは知っていて、理解し、受け止めている。

街を歩いていれば、路上で生活している人たちを見ない日はきっとないでしょう。当たり前ですが、彼らは僕らと同じ人間です。このプロジェクトを通して、より多くの人が共感と理解を持って、彼らに接する社会に近づくことを願っています」

The invisibles
[目に見えないものたち]

01.

6350128776478720
©2018 Mikael Theimer

15人の大家族で、弟と妹にクリスマスプレゼントを買うためや、家賃を払うために俺と兄は、盗みを犯す他なかった。12、3歳でトロントのストリートでブレイクダンスをしていた時、「どうすればお金を手に入れることができるか教えてやる」と耳打ちして来た男と出会ったんだ。ヘロインの袋とコカインの袋を渡し、どのくらいの値打ちがあるのかを教えた。1時間半後、俺は帰ってきて彼にお金を渡した。

こうやって俺は、金儲けをするようになった。父親も似たようなことをしていたから、それにすぐ感づいたんだ。

俺がシャワーを浴びている間に薬を見つけ出して、「なんだお前、俺みたいなことがしたかったのか?お前が他の人にどんなことをしているのか教えてやるよ」と、トイレの便座に座らせ、俺の腕にソレを注入した。

その日から家を出て、この道端で暮らしている。

02.

5297518191575040
©2018 Mikael Theimer

寒さの中、道端で暮らし、睡眠もろくに取れないとなると、まず最初に陥る危険性のあるものがヘロインに手を伸ばすこと。特に最も寒い冬だと、ヘロインを打つことで寒さや痛みを感じることなく眠りにつくことができる。

道端で暮らすことは本当ににしんどいから、最初の6ヶ月間で人々は大抵ヘロイン中毒に陥る。寒さや怪我、霜焼けが伴い、医療保険もなくただ耐えるしかない。

今、私はヘロイン中毒の治療プログラムに通っている。私は6ヶ月間しかヘロインを注入していなかった。中毒から抜け出すことができたのは、医者のおかげだ。さもなければ、抜け出せないほど深く中毒に陥っていただろう。

03.

5035303190396928
©2018 Mikael Theimer

時々俺は、泣かされることがある。母親は行こうとしているのに、その10歳くらいの娘は俺を見て「ママ、ママ、ママ!」と叫んでいる。

女の子は5ドルを手に持って、俺の方に駆け寄ってくる。これほど美しくて、ピュアなことはない。もしも俺が1時間25ドルの仕事に就いたとしても、時折ここに戻って仲間達に会いに来るだろう。

5ドルだろうと2ドルだろうと、金額に興味はない。人が自分に寄ってきて立ち止まり、話しかけに来ることこそ嬉しいんだ。

「お邪魔して申し訳ないですが…」

「全然邪魔なんかじゃない!邪魔してるのは道端で暮らしている俺の方なんだから!」

「あなたはいつから道端で暮らし始めたんですか?なんでここで暮らすことになったんですか?」

「長くなるけど本当に聞きたいか?じゃあ話し始めるぞ」

こんなやりとりこそ楽しいんだ!道端で暮らす上で1番素晴らしいことは、人と関わること。

04.

5015752499265536
©2018 Mikael Theimer

路上での物乞いは15年前から。

当時は彼女とヒッチハイクをして、ここは途中の通過点のはずだった。New Brurswickで、仕事を見つけることができなくて、東へ移動しようとしていたんだ。

ここに立ち寄って、移動し続けるための生活必需品や、食べ物を買うためのお金を確保しようと物乞いをしていた。でもそこで、救助された大きな犬と出会った。犬と一緒にヒッチハイクすることは出来ないから、その犬が亡くなるまでここに留まることに決めた。

結局彼女とは数年前に別れ、その犬は昨年亡くなった。今は新しい彼女がいて、息子もいる。だから実はホームレスではなくて、ただ貧乏なだけなんだ。仕事を探すことができないから、家族を支えるために物乞いをしている。

Top image: © 2018 Mikael Theimer
愛しあう人とキスをすることが、許されない人たちがいます。そんな彼らがあえて、”禁じられたキス”で必死に訴えようとしたこと…それは、同性愛者をはじめとする、...
Fearless Awardsに応募したのは世界中のトップクラスの腕を誇るプロカメラマン。ここにあるのは、厳しい審査を通った写真ばかり。これを見ると、カメ...
今イギリスを中心に注目されている映画『The Moment』。内容が、というよりも表現方法が全く新しいからなんです。
斬新なタッチの油絵かイラストに見えますよね?でも、よーく見てみてください。妙にリアルな部分がありませんか?動きましたね?実はこれ、人に直接絵の具を塗ってい...
カナダのYouTuberであるDaniel Tillotsonさんが、「これまでにやった1番バカなこと」と言いながらシェアをしていた動画の紹介です。
8月14日にBud Lightは、Cleveland Brownsが2018年シーズンで初勝利をあげた時にファンたちにタダでビールをふるまうために、特別な...
写っているのはふたりの女性。一見、特別な何かがあるようには思えませんが、その表情をみて「バケモノに見える」という人が続出。たしかに動画を見れば納得です。画...
もしも彼らが2017年に足を踏みいれたら、夢と希望で溢れた物語は、どう変化してしまうだろう?と考えたTom Ward Studio。現代の闇を感じさせるに...
会場のドアが開き、花嫁が教会のバージンロードをゆっくりと歩き始める。この結婚式の日ばかりは、女性は誰でもお姫様になる。父と一緒に教会の通路を歩く姿は、派手...
2016年9月30日、NASAが国際宇宙ステーション(ISS)から行っていた、ライブストリーミング配信に“謎の光”が映り込んでいた。地平線の上、尾をひくよ...
ビジネス街であり、古き良き商店街もあり、洒落たベイエリアもあり、新幹線や飛行機で移動するときのハブでもあり、古くは東海道品川宿として旅の要地でもある「東京...
若干21歳のKonsta Punkka氏は、フィンランドの首都ヘルシンキを拠点に活動するフォトグラファー。主に森などの大自然とそこに暮らす動物たちの様子を...
『トイ・ストーリー』や『モンスターズ・インク』『ファインディング・ニモ』など、数々の大ヒット作品を世に送り出してきた「ピクサー」。2016年、設立30周年...
目が見えない人の世界を想像しようとしてみても、なかなかうまくイメージできないかもしれません。まったく見えない状態で生活している人は、周りの情報をどうキャッ...
クリスマスシーズンを迎えるこの時期、海外のCMから目が離せない。この記事で紹介するのは、英国の老舗百貨店「ディペンハムズ」。まるで、映画を思い起こさせるス...
ここ最近、けだるそうで死んだ目をもつ「死んだ目」をした男子が人気です。次から次に新しい「○○系男子」が出現しますが、「死んだ目男子」とは、とても褒め言葉と...
ニューヨークのアーティストKevin Champenyさんの作品も、見る人によっては「ゾッ」とするようなものかも。でも、一体これは何なの?って、ついついズ...
茹でてクタクタになった素麺が激変!
赤ずきんちゃん、ピノキオ、三匹の子豚、シンデレラ、ピーターパン…。イタリアの建築家兼デザイナーであるFederico Babinaさんの手がけたイラストは...
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
これは、YouTubeの公式チャンネル「AsapSCIENCE」で公開された動画です。たぶん、見た後は自分の目を信じられなくなると思います。早速どうぞ。下...
ひと月後に結婚を控えたカップルが、特殊メイク技術によって、老後の自分たちの姿に変身。徐々に老いていくパートナーを目にしたとき、ふたりの心にある変化が訪れま...
美しさをどう捉えるのかは、人それぞれ。でも、目が見えない人たちにとっての「美」って、どんなものなのでしょうか。ここでは彼らの語る想いを紹介します。
このストーリーの登場人物は、車椅子の男性と自転車で移動する女性。ふたりは向かいの家に住んでいるのに、出かける時もすれ違い、まるで「別の世界」に住んでいるか...