目に映っているのに、「見られていない」彼らのストーリー

路上で生活をする人々とすれ違うとき、見てはいけない存在かのように、多くの人が目をそらす。カナダ・モントリオールに住むフォトグラファーMikael Theimerさんは、ずっとその様子に疑問を抱いていたそう。

胸の中にある思いを作品にして、多くの人に届けるべく、4年前に『The invisibles』というプロジェクトを自身のウェブサイトで立ち上げた。路上で生活している人たちを撮影し、彼らのストーリーと一緒に載せるというものだ。

彼は路上にいる人々に何を思い、この作品を見た人たちに何を感じてほしいのか?質問をしてみたら、こんな答えが返ってきた。

©2018 Mikael Theimer

「僕は単純に、彼らがどういうプロセスで今に至ったのか、何を考えているのか、すごく興味があったんです。彼らのストーリーを聞くことでしか、気づけないこの社会の問題や、リアルがある。僕には理解できないことの多くを、彼らは知っていて、理解し、受け止めている。

街を歩いていれば、路上で生活している人たちを見ない日はきっとないでしょう。当たり前ですが、彼らは僕らと同じ人間です。このプロジェクトを通して、より多くの人が共感と理解を持って、彼らに接する社会に近づくことを願っています」

The invisibles
[目に見えないものたち]

01.

©2018 Mikael Theimer

15人の大家族で、弟と妹にクリスマスプレゼントを買うためや、家賃を払うために俺と兄は、盗みを犯す他なかった。12、3歳でトロントのストリートでブレイクダンスをしていた時、「どうすればお金を手に入れることができるか教えてやる」と耳打ちして来た男と出会ったんだ。ヘロインの袋とコカインの袋を渡し、どのくらいの値打ちがあるのかを教えた。1時間半後、俺は帰ってきて彼にお金を渡した。

こうやって俺は、金儲けをするようになった。父親も似たようなことをしていたから、それにすぐ感づいたんだ。

俺がシャワーを浴びている間に薬を見つけ出して、「なんだお前、俺みたいなことがしたかったのか?お前が他の人にどんなことをしているのか教えてやるよ」と、トイレの便座に座らせ、俺の腕にソレを注入した。

その日から家を出て、この道端で暮らしている。

02.

©2018 Mikael Theimer

寒さの中、道端で暮らし、睡眠もろくに取れないとなると、まず最初に陥る危険性のあるものがヘロインに手を伸ばすこと。特に最も寒い冬だと、ヘロインを打つことで寒さや痛みを感じることなく眠りにつくことができる。

道端で暮らすことは本当ににしんどいから、最初の6ヶ月間で人々は大抵ヘロイン中毒に陥る。寒さや怪我、霜焼けが伴い、医療保険もなくただ耐えるしかない。

今、私はヘロイン中毒の治療プログラムに通っている。私は6ヶ月間しかヘロインを注入していなかった。中毒から抜け出すことができたのは、医者のおかげだ。さもなければ、抜け出せないほど深く中毒に陥っていただろう。

03.

©2018 Mikael Theimer

時々俺は、泣かされることがある。母親は行こうとしているのに、その10歳くらいの娘は俺を見て「ママ、ママ、ママ!」と叫んでいる。

女の子は5ドルを手に持って、俺の方に駆け寄ってくる。これほど美しくて、ピュアなことはない。もしも俺が1時間25ドルの仕事に就いたとしても、時折ここに戻って仲間達に会いに来るだろう。

5ドルだろうと2ドルだろうと、金額に興味はない。人が自分に寄ってきて立ち止まり、話しかけに来ることこそ嬉しいんだ。

「お邪魔して申し訳ないですが…」

「全然邪魔なんかじゃない!邪魔してるのは道端で暮らしている俺の方なんだから!」

「あなたはいつから道端で暮らし始めたんですか?なんでここで暮らすことになったんですか?」

「長くなるけど本当に聞きたいか?じゃあ話し始めるぞ」

こんなやりとりこそ楽しいんだ!道端で暮らす上で1番素晴らしいことは、人と関わること。

04.

©2018 Mikael Theimer

路上での物乞いは15年前から。

当時は彼女とヒッチハイクをして、ここは途中の通過点のはずだった。New Brurswickで、仕事を見つけることができなくて、東へ移動しようとしていたんだ。

ここに立ち寄って、移動し続けるための生活必需品や、食べ物を買うためのお金を確保しようと物乞いをしていた。でもそこで、救助された大きな犬と出会った。犬と一緒にヒッチハイクすることは出来ないから、その犬が亡くなるまでここに留まることに決めた。

結局彼女とは数年前に別れ、その犬は昨年亡くなった。今は新しい彼女がいて、息子もいる。だから実はホームレスではなくて、ただ貧乏なだけなんだ。仕事を探すことができないから、家族を支えるために物乞いをしている。

Top image: © 2018 Mikael Theimer
プリンスエドワード島にある「West Post Lighthouse Inn & Museum」。海の目の前にあるこの宿では、他では決して体験できないほど...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。カナダのセブンでは、特定の商品よりもサービス精神に興味を惹かれました。
ワーキングホリデービザを取得できるとして、海外で働きたいと考えている人が注目しているカナダでも、移民・難民の権利に関する問題は未だに根絶できていません。
カナダで紅葉といえばメープル街道。でもね、こんな素敵な場所もあるんですよ。
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
寒くなると、多くの人が身につけるこの手袋は、2010年のバンクーバー冬季五輪にあわせて、大手デパート「Hudson's Bay」が発売したのがはじまり。1...
カナダの新聞社『Regina Leader-Post』は学校への配達を中止しました。理由はシンプルで、マリファナに関する広告が掲載されているためです。
7月26日、ドナルド・トランプ大統領が「トランスジェンダーを、軍で受け入れないことに決めた」とのツイートに対して、カナダ軍が「あらゆるジェンダーアイデンテ...
アラスカに接するカナダ北西部のユーコン。ここに100年以上続く天然温泉(Takhini Hot Spring)がある。ミネラル分が豊富な42℃の源泉がこん...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
「Been a Slice」は古くなったパンを材料にしたビールです。
ある意味、これは“走るイルミネーション”。だけど、単なるクリスマス用のデコレーションを施したお気楽列車な訳ではありません。今年で18年目を迎える、カナダ太...
スーパーのプライベートブランドというのはよく聞きますが、カナダのスーパー「IGA Extra Famille Duchemin」の発想は、ユニークかつ大胆...
今イギリスを中心に注目されている映画『The Moment』。内容が、というよりも表現方法が全く新しいからなんです。
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
愛しあう人とキスをすることが、許されない人たちがいます。そんな彼らがあえて、”禁じられたキス”で必死に訴えようとしたこと…それは、同性愛者をはじめとする、...
カナダ・ブリティッシュコロンビア州ナナイモに暮らす、ToddさんとNicoleさんカップル。彼らのマタニティフォトは他と全然違います。
両親がシリアから内戦を逃れるためにカナダへ来たのは去年。その後生まれた赤ちゃんに、トルドー首相への感謝の気持ちを込めて「ジャスティン・トルドー」と名付けま...
カナダのケベック・シティにある「Hotel de Glace」は、毎年テーマが変わるアイスホテル。前回の冬、2018年のテーマはサーカスでした。2019年...
5万4千枚もの写真をつなげて作られたこの作品の臨場感は4Kならではのもの。葉の上で光る水滴、まっすぐに空へとのびる木々。朝日を受けて輝く湖面。3分40秒間...
同じ大学へ行き、同じ時期に妊娠をして、お出かけをしてと、親友同士だった2人。その後、お互いの引っ越しで離れ離れになっていた。が、知らない間に娘同士が親しく...
Fearless Awardsに応募したのは世界中のトップクラスの腕を誇るプロカメラマン。ここにあるのは、厳しい審査を通った写真ばかり。これを見ると、カメ...
大学時代にカナダのバンクーバー島に暮らしていたことがある。僕にとってカナダという国の印象は、何といっても大自然。キャンバス内で、野生のリスと顔を合わせた時...