ライブ中継を突如打ち切ったNASAに疑念噴出。映ってはいけないものが映ってしまった?

2016年9月30日、NASAが国際宇宙ステーション(ISS)から行っていた、ライブストリーミング配信に“謎の光”が映り込んでいた。地平線の上、尾をひくように青白く光るソレをめぐり、「UFOか?」と一時騒然に。はたしてその正体はなんだったのだろう。

NASA疑惑の中継切断に
「UFOか!?」の声、続出

E5b919f0d08d67dd11d59e9ee0af5abbcdf75c3d

問題の画像がこちら。地球の表面(水平線)から、ぽっと白い粒が飛び出たような映像が配信された。これは、映ってはいけないものが映ってしまった瞬間なのか。このあとすぐに、NASAはライブを中断したものだから…「いまのUFOか?」、「UFO映っちゃった!」など、視聴者たちのコメントが殺到。この後のメディア報道が論争に火をつけた格好だ。

これに対しNASAは、物議を呼んでいる映像について、「この光は太陽光によるレンズフレア(レンズ内の光のモレ)である」と説明するキャプションを追加。けれど、ライブ中継された映像をYouTube動画にアップした「Streetcap」は、すぐさまこれに反論。

4万人近いユニークユーザーを抱えるUFO研究家の意見は、「太陽からの光で未確認物体の左側が(右側より)明るくなっている。これはレンズフレアでは起こらない現象だ。実際ISSからまだだいぶ距離があったにも関わらず、絵中継はカットされた」だ。

不可解に中継をカットしたことに「何かの意図がある」と突っ込まれても、これではNASAも反論しづらかろう。だけど…。

これまでにも映っていた!

NASAのライブ中継が突然カットされたのはこれが初めてではない。しかもたびたび。今年7月には、同じようにISSからのストリーミング映像が、映ってはいけないものを捉えていた。こうした事態を受けてか「RT」の記事によると、ISSからのライブ中継終了を同月に公表したNASAだが、結果的に配信は今日まで続いている。

では、その問題の画像をどうぞ。

赤い丸で囲んだのがソレ

2da3baebbaad17f93caac3ef341dfa387ce892f6

拡大するとこんな感じ

F4ad43fdc22a244783f075098200dc67a304f594

正直…よく分からない
ならば動画で

Licensed material used with permission by Street Cap
火星調査プロジェクトが本格化する米航空宇宙局(NASA)。今年度、宇宙飛行士に採用が決まった8名のうち、なんと半数は女性。NASAは恣意的なものでなく、あ...
「NASA」が宇宙などで撮られた写真や動画、音声ファイルを検索し、ダウンロードできるサイト「NASA Image and Video Library」を新...
地上から約400kmの上空に建設された国際宇宙ステーション(ISS)。この巨大な有人実験施設から、地球の表面に漂うオーロラを捉えた映像をNASAが公開した...
宇宙ステーションの乗組員53名のために、シェフたちが無重力空間でのPIZZA作りにチャレンジしました。ほんとうに大丈夫?
プレミアム焼酎のなかでも圧倒的な人気を誇る「森伊蔵」から、この秋、135本限定で販売される「超プレミアム」な一本のお値段は、なんと......
今日は、おうちの中でキッター(カッター)遊び!
2015年10月21日にNASAがYouTubeにアップした映像は、3機のX線観測衛星「チャンドラ」「スウィフト」「XMM-ニュートン」が2014年の11...
地球からおよそ400キロ上空を飛行する、国際宇宙ステーション(ISS)。その内部を映し出した映像が、NASAによって公開された。およそ18分間の4K動画は...
史上初の試みです。日本時間4月27日(木)午前2時30分頃より、地球から250マイル(約400キロメートル)離れた国際宇宙ステーションから、4Kの最高画質...
宇宙に行きたい人、手をあげて!2015年12月14日、NASAが「求人募集」を開始します。どうやら火星探査に必要な300名以上の宇宙飛行士を集めようとして...
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で初秋の夜を満喫するパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
数多くの候補者のなかから、特別に優秀な人材だけがそのチャンスを掴むことのできる職業、それが宇宙飛行士。地球を遥か離れた宇宙に飛び立つのは、人類の中でもほん...
NASAが惑星保護官を募集しましたが、その名前から「エイリアンの襲撃から地球を守る仕事」だと勘違いした小学4年生のJackくん。地球を守りたいという想いを...
「illumy」は、気持ちよく目覚めるために開発されたアイマスクなのだ。一見、どこにでもあるようなフォルムではあるが、じつは、NASAによるテクノロジーが...
アメリカ宇宙航空局(NASA)が公開したこのイメージ。ぽっかりドーナツ状に弧を描いた宇宙空間の穴の中に流星が突入、こんな印象を受けるかもしれない。だが実際...
想像していたテイストと違ったんです。ビックリしちゃいました。
火星の地表からでは測定できないデータを収集するためにNASAが目をつけたのは、ハチのようなロボットだった。曰く、機能性が高い「Marsbee」を使うことに...
2015年9月29日(日本時間)、NASAは火星の表面に「液体の水」と「塩の結晶」が存在していることを裏付ける観測データを発表した。複数の場所で水が流れた...
近く重大発表をするらしい…それが「太陽系外惑星についての内容」とだけ含みを持たせるNASAの先行発表に、数日前から噂や憶測が海外メディアで飛び交っていた。...
夜更かしや時差ボケの最たる原因は、体内時計の狂い。でもこれを自分で元に戻すのは難しいものです。自力だと大変ならば、プロの技術に頼ってしまいましょう。「NA...