NASA「UFO調査」に本気で取り組む

来たる6月29日に、未確認飛行物体(UFO)に関する機密情報が連邦政府機関から開示される予定である米国。UFO熱が大きく高まる同国にて、さらに注目を集めるニュースが登場したようだ。

話題となっているのは、今月初めに新しくNASA長官に就任したビル・ネルソン氏のインタビューで語られた内容。

同氏は、最近海軍パイロットによって目撃された未確認飛行物体の正体がなんなのか、NASA上層部においても、はっきり解明していないことを明らかにし、更なるUFO調査を進めることを発表。

また、このUFOが地球外生命体によるものである証拠は全く無いというが、その可能性を排除するのも時期尚早であると認め、オカルト界隈では大きくウワサを呼んでいるようだ。

実際にネルソン氏は、UFO調査に特化したタスクフォースは立ち上げなかったが、研究者に対して、適切な調査を進めるように指示しているとのこと。

果たして、UFOは本当に乗り物なのか?生命体が乗っているのか?はたまた、ただの光学現象なのか?

いずれにせよ、NASAは真実の究明に本気なようだ。

Top image: © iStock.com/gremlin
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事