南極で「氷の衝撃音」に魅了された思い出

南極調査中の生活はどうですか?

と、氷河学者のPeter Neff(以下ピーター)さんに聞いたら、こんな答えが返ってきました。

 

「シンプルですよ。外界とのコミュニケーションは限られているし、周りには6~8人しか人がいません。24時間太陽がサンサンと照っています。娯楽は、散歩したり、映画を見たりすることくらい。7週間くらい調査で行っていたのだけど、インド映画にハマりました。ちなみに、環境負荷を極力与えないようにしているからノーシャワーだったんですよ」

 

ピーターさんのお仕事は、気候変動による環境への影響を調べること。南極の氷のなかには、5万年前のガスが保存されていることもあるそうで、これを分析するために採集をしています。

6160657401511936

とくにトップ画像に写っている氷河「テイラー・グレイシャー」では、研究に役立つ氷がたくさん取れるそう。

より古い層の氷が必要なため、ときには2マイル(3.2km)もの深さがある穴を掘るといいます。ガスを分析するためには、40リットルほど量が要るので、集めるのはなかなか大変。

そんな南極での調査生活の話をピーターさんに聞いていると、強く印象に残っている思い出があるとか。あるとき、不思議な現象に偶然出会ったのです。

2015年の調査時に撮影された動画を見てみましょう。深い穴の底から発せられた不思議な衝撃音に驚きます。

Licensed material used with permission by Peter Neff
Research led by University of Rochester
The works was supported by US National Science Foundation

「掘り出した氷のなかにも使わないものが沢山あるんです。とてもきれいな氷なので、それらを穴の中に投げ入れるんですが、ぴゅーん!という銃を撃ったような音が出ました。90mほど掘った穴で、底に氷が落ちて当たったんだと思います。あとに響く心臓の鼓動のような音は、たぶん穴の中を反響して聞こえてきたんじゃないかな」

 

穴の上で直接聞いたら耳を怪我をしてしまうほどの大きな音だったそう。キャンプにいたメンバーはこの話題で持ちきりになり、みんな夢中になって氷を投げ入れていたみたい。

調査中の環境は厳しく、風も強くて凄く寒いのだそうですが、特別記憶に残っている思い出なんですって。不思議です。

気候変動の調査を行う、氷河学者のピーターさんにお話を聞きました。ドリルで氷を掘っている様子はこちらから。

Licensed material used with permission by Peter Neff
Research led by University of Rochester
The works was supported by US National Science Foundation
南極の冒険者を支援する団体「Antarctic Heritage Trust」が、100年前のものと見られるフルーツケーキを発見しました。ブリキの箱に入れ...
いま、神戸市在住の“とあるサラリーマン”が大きな注目を集めています。大島義史さん、31歳。実は彼、2015年12月末から2016年1月中旬にかけて、かねて...
ちょっとした情報を知るだけでも、色々な疑問が浮かび上がり、僕たちの価値観や考え方は変わるのかもしれません。
氷河が割れゆく瞬間を捉えたこの貴重な映像は、過去撮影された氷河の分離のなかで、最も巨大なものとして2016年ギネス記録にも認定されました。わずか75分間の...
伊豆大島、奄美大島など、日本には50以上もの “大島” があるそうですが、ここで紹介したいのは、愛媛県にある癒しの楽園「八幡浜大島(やわたはまおおしま)」...
『キャドバリー』の「デイリーミルク」です。
アラブ首長国連邦(UAE)は、世界でも特に水不足が深刻な国。ここ最近は干ばつの影響もあり、ますます大きな問題となっています。その解決のために、「Natio...
偉大なる探検家である彼の名前は、ロバート・ファルコン・スコット。イギリス海軍の軍人で、南極探検チームのリーダーを務めました。ショーン・アッシャーさん編集の...
南米大陸の南緯40度以南、そこから先がパタゴニアだ。アルゼンチンとペルーにまたがるこの広大な土地の「南」の果て、約1,000kmの海の向こうはもう、南極大...
ムササビのようにウイングスーツで滑空するエクストリームスカイダイブ、バイクで空中回転するフリースタイルモトクロス、断崖絶壁の滑落にしか見えないダウンヒルマ...
ゆずには多様な使い道がありますが、もうひとつの愛媛県の特産品しいたけと合わせてお味噌で和えることで、ゆずの香りが食欲をそそる、白いご飯にぴったりのおかず味...
氷を歯で砕くのがあんまり好きじゃない人でも、このソフトタイプの氷なら噛み砕きたくなるはず!しかも溶けにくいから最高です。
「相手に友だちだと思われていなかっただなんて、誰も聞きたくないでしょうね」。とは、研究論文の著者であり、MITでコンピューター・ソーシャル・サイエンスに携...
先日、NASAは「PUFFER」の試作機を発表。この調査ロボット、パタっと折り畳まれたり開かれたりと、自由自在に変型可能。実はこれ、日本の「折り紙」にイン...
地球温暖化の甚大な影響を受けている、北極圏。気温上昇により年々溶けていく氷は、深刻な環境問題のひとつとして、世界中でその行く末が注目されています。そんな問...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
札幌市内から北へ20キロほど、石狩郡当別町に冬季限定で登場する氷と雪でつくられた神秘的な空間がある。切り出した氷を積み上げる、北欧のアイスホテルをそのまま...
  001.「てっちゃん、南極行かない?」 今月2014年5/1号『BRUTUS』の表紙は、伊藤さんが南極で撮影された写真なんですよね。素敵な写真ばかりで...
旅行へ行くとスッキリする、行く前に比べて自分の中で変化がある気がする、なんて事を経験したことがある人は多いのでは?この記事では、研究や調査結果を通して「な...
夏場は飲み物を冷やすのに重宝した「氷」。そろそろ涼しくなってきたし出番は終わりかと思いきや、意外にもたくさんの使い道があるんです。ここでは、女性ライターの...