真っ裸な自分自身を愛そうよ!カナダ雑誌の特集『Love Your Body』がヤバい

カナダの人気雑誌「NOW」の年始特集『Love Your Body』が巷で話題になっている。母乳を飲ませる母、全身火傷を負った男性、タトゥーだらけの女性、大きな手術跡が残る男性…が見事な脱ぎっぷりを魅せているのだ。

今回、3年目を迎えることになった『Love Your Body』で惜しみなく裸体を披露しているのは、驚くかもしれないが、全員が素人モデル。でも、それに輪をかけて興味を惹かれたのが、それぞれの人生観だったー。

不快感?
子どもの命を
守っているだけよ!

「公共の場でベイビーに母乳をあげるのは不快だから隠れてやるべきだ、っていう報道があったの。頭にきちゃったわ。私たち母親は、子どもの命を守っているだけなのよ」- Heidi Hawkins, 声優 -

A1f58811a4e014c1978024287f1b058f0ae83131

 性的暴力の被害者なら
戦わなければ

「もし、あなたが性的暴力の被害者であるならば、勇敢に戦わならなければならないわ。あなたはポルノスターでも、売春婦でも、とりわけ性欲が強いわけでもないのだから」- Jsasbina Justivce, ポルノパフォーマー

6049a53fd601f63de707915b24229a339b670a9b

自分が社会の一部だって
感じることが必要さ

「大火傷を負ってからは、俳優に戻れる気がしなかったんだ。だって、僕のような人を舞台やスクリーンであまり見ないだろ。時々、自分自身を確かめたり、自分が社会の一部だっていうことが感じられるー人生にはそれが必要なんだよね」- Prince Amponsah, 俳優

A3f92d9dc265c9de9af864ebdbbf0ff198248258

女性の前でシャツを脱ぐ
ことは大事な瞬間なんだ

「大きな傷跡がある僕にとって、女性の前でシャツを脱ぐことは大事な瞬間さ。必要になるまではデート相手にだって、癌のことを話したりはしないからね」- Ted Hallett, 作家

74ae14b4c87cd95406ed12ec469a0de23536ac44

自己愛のメッセージを
広めたいの

「まだ、多くの人々が自分自身を愛する価値がないと思い込んでるわ。私はそんな人のために闘い続けて、自己愛のメッセージを広め続けたいのよ」- Jewels Mazzei, 活動家

D9741b40c53d46db3df111548c0ac0c543a51f11

裸体主義を受け入れたよ

「僕は、裸体主義を中心した文化を受け入れたんだ。だって、自分の肉体は大丈夫っていう自信があるからね」- Paul Lancaric, 声優

F6cd36f793f755811d03fac4d0534aef43e8647b

肉体を通じて
様々なことを伝えられる

「ほら、私は、自分の肉体を通じて、様々なことを伝えることができるのよ。植民地制度の500年間に起きたことだけだけでなく、今、何が起きているかについてもね」- Monique Mojica, 女優 / 脚本家

6effdfddb4397ad20f7aead7d5472ff404c428db

なんで、裸?と思ったかも知れないけれど、実は、『Love Your Body』には次のような深いメッセージが込められている。

「人種や肌の色や言語が違うのは、多様性。様々なバックグランドを持ったそれぞれみんなが素晴らしいんだ。まずは、自分自身を愛すること。さあ、皆、真っ裸な自分自身を愛そうよ!」

そうだよね。誰の人生だって一度きり。だったら、僕はこう信じたいんだ。

「一番大事なのは、自分のことを自分自身が愛せるように自分らしく生きること」だって。

Licensed material used with permission by NOW Magazine
「LOVE」という単語、「恋」という?「愛」という?
お互いのこと、好きなんだけど、なかなか言えない「愛してる」の言葉。しかし、勇気をだして声にだしたら、ふたりの関係はこんなふうに変わるはず。これを読んで思い...
大好きな相手だからこそ、何年付き合っていようと、ちゃんと愛情表現はしてあげたいものですよね。伝える言葉は同じでも、交際期間によって意味合いが大きく変わって...
2017年4月22日、Instagramに1枚の写真が投稿された。
僕のなかのワインのイメージと言えばやっぱりまだ、高級で、ハレの日のもの。でも、今回訪れた「東京ワイナリー」は真逆。東京ワイナリーがあるのは、近隣にコインパ...
ロゴがデカデカとプリントされたショップTは、デイリーユースに少し抵抗があるアイテム。だけど、ぜんぜんイヤじゃない。
ヌードの女性がいきいきと躍動する、ちょっぴりセクシーな動画をご紹介。最初に断っておくと、コンテで描かれたデッサン画でのお話…ですけどね。 10人のデッサン...
レコードプレーヤーに革命が起きた。これまでレコードを聴くには、ターンテーブルの上にレコードを置くのが常識だった。しかし、この「LOVE」は、真逆。何と、レ...
本書のテーマは「さらけ出すこと」だという。
外国人の住居者が年々増えている日本。違う文化やバックグラウンドから来た人と出会って恋に落ちることもあるはず。だからこそ紹介したい、日本人が外国人に対して勘...
世界各地を旅行するポーランド人バックパッカーのカップルが、そんなマダガスカルに広がる景色をInstagramに投稿しています。
自分自身が悩みを抱え込む時、友達との関係を、必要としています。もちろん、他者である友達も大事ですが、中でも大事なのは、“自分自身”という友達。人気動画シリ...
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
好きな相手に振り向いて欲しいからって、自分をよく見せようとしたり、相手の趣味に合わせたり、自分の時間を犠牲にしたり。でも、「そもそも誰かに認められるために...
つい、愛がない適当な「愛している」を投げかけていませんか?簡単にこの素敵な言葉を口走ってしまう前に、自問自答すべき5つの質問を「Your Tango」が紹...
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
愛犬家だったら「犬を飼うのは至上の喜び!」と感じるもの。人類の最大の友、なんて言う人もいるくらい、良好な関係が築ける存在です。なんだか会話が成立しているよ...
「Below The Surface」は、70万ものゴミがいつの時代に製造されたのかを記録しているサイトです。
生まれつきキャットアイ症候群を患うCaitin Stickelsさん。Instagramを通して知り合った有名フォトグラファーに写真を撮ってもらい雑誌に載...
生まれつき右手の一部がないモデルShaholly Ayersさん。現在は広告モデルになったり、ファッション・ウィークでランウェイを歩いたりと大活躍。だけど...
カナダ・モントリオールで活動するフォトグラファー・Mikaël Theimerさんの被写体は、街中でみかけたキスやハグ。どれも見ているだけで心が暖まる。彼...
「愛してる」と言わずに「愛してる」と伝える日本語は、もはや芸術である。太宰治、川端康成、三島由紀夫から江國香織、村田沙耶香まで、日本人作家たちの10通りの...
「I love you」と言うか言わないかは、一見大事に思えて、実はそこまで重みを持たないことなのかもしれません。「愛情は言葉では測れない」と語るCait...
「NUDE/ヌード」と聞いて、いちばん最初に連想する言葉はなんですか?