ロンドンの期間限定店「Choose Love」に、行列ができた理由

11月、ブラックフライデーに合わせてロンドンに登場したポップアップストア「Choose Love」。当日の朝、店の外には行列ができましたが、お客の目的は自分自身のために買い物をすることではありませんでした。

店内に陳列されていたのは、寝袋やブランケット、ソーラーランプなど。アウトドアショップ?と思うかもしれませんが、「難民たちが生活に欠かせないモノ」という軸でセレクトされた商品ばかり。ここで客が購入した商品と類似したモノが、冬の間に難民へ届けられるという、支援が目的のストアだったのです。

このストアは、難民を支援する団体「Help Refugee」によりオープンされたもので、今年で2度目。昨年はポップアップストアとオンラインストアの売上額が75万ポンド(約1億円)にも上り、大成功を収めました。今年はニューヨークでも同様のストアをオープンさせたこともあり、より多くの難民の笑顔へと繋がりました。

Top image: © 2018 Choose Love
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「Help Refugees」というNPOが運営している「Choose Love」は、難民へのプレゼントを購入できるオンラインストアだ。12月24日までは...
6月11日〜14日の期間限定でしたが、ロンドンにちょっと変わったレストラン「Hands Off!」が誕生。ウェイターが食べ物を口に運んでくれるんです。
イギリス、ロンドンにオープンしたショップ「CHOOSE LOVE」は、難民が実際に使う生活用品を手に取って見た上で購入し、実際にヨーローッパや中東の難民の...
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉市大船にある「杉本薬局」の杉本格朗さん取材第二弾。漢方への入り口になればと開発した美味しいチャイや薬膳鍋の素の誕生...