難民のために生活用品を買えるショップ。その名も「CHOOSE LOVE」。

民家の窓から街じゅうに、暖かい光が溢れ出すこの季節。身近な人と幸せを分け合うだけで今年を終わらせてもいいのだけど、イギリスのNGO団体「Help Refugees」がこの時期に合わせてプロモーションしているお店でできることは、そこらのサービスとは一味違う。

彼らが販売しているのは「難民のためのギフト」。このお店では、難民が実際に使用している生活用品を彼らのために購入することが可能なのだ。

世界の誰かに幸せを。

ロンドンにオープンしたこのお店の名前は「CHOOSE LOVE(愛を選べ)」。

お店の中に入ったお客さんは、普通のギフトショップと同様に買いたいものを選んでお金を払う。とは言っても買った物を持って帰ることができるわけではなく、ただ彼らへの「ギフト」としてそれにお金を払い、お客さんではなく難民たちに実際に買ったものが届けられるというシステムなのだ。

購入品があまりにも偏ってしまった場合は運営側が物資のバランスを調整するけれども、どのみち全ての売り上げは、数週間以内にヨーロッパと中東の難民たちのために役立てられることになるという。

当たり前に屋根があって、ベッドと毛布もあって、寒さをしのいで寝ることができるというのがどんなに幸せなことなのか、意識せずにいるのは本当に簡単なことです。数千もの難民たちにとって、この冬は本当に辛く、耐え難いもので、人間として最低限度の生活をすることすら難しいのです。

テーブルに並べられた商品は「到着」(災害用毛布、暖かい衣料品、食料など)「シェルター」(テント、寝袋、衛生パックなど)「未来」(教材、辞書、鍵など)の3つのセクションに分けられている。難民の旅の流れをよりリアルに感じられるようにという工夫だ。商品は自由に手に取って、細かに観察することもできる。

このお店は、いたってシンプルな考えによってできています。寒い冬を越す彼らに手を差し伸べたい。彼らの需要を少しでも満たしたい。そういった私たちの想いです。

クリスマスやお正月といった、贈り物の増えるこの季節に大きく宣伝を打ったのも意図的なものです。最新のガジェットや流行りの服の代わりに、簡素だけれども、誰かの人生を繋ぐかもしれないアイテムを販売したら、みなさんは何を思うのか?それが知りたかったのです。

昔、あるイベントで、難民について考えるためのカードゲームをしたのを覚えている。上着やライター、携帯、現金、缶詰などが書かれたカードのうち数枚を限られた時間で選び、旅の途中でそれを消費したり捨てて行ったり、またはそれがないために脱落しなければならないというゲームだった。あっという間に人が次々と減ってゆき、結局ほんの数人しか残ることはできなかった。

子供用のコートや缶詰や、医療用品パックといったもののために私たちが払うお金は、とても高いというほどのものでもない。けれども、それがあるかないかによって、人生が変わる人がこの世界に、今たくさんいることは間違いない。このショップはそのことを私たちに毅然とした態度で見せてくれているようでもある。

運営は店舗に行けない人からも協力を募るべく、オンラインストアを用意して多様な品を揃えているという。また商品を選ばずに寄付をしたいという人のためにもサイトを設けているそう。

一年の締めくくりに、誰かと幸せを分かち合う季節。少しだけ踏み込んで、地球のどこかの、名も知らぬ人へ送る愛を選んでみては。

Licensed material used with permission by Glimpse
他の記事を見る
期間限定の店としてオープンした「Choose Love」。寝袋やブランケット、ソーラーランプなどが販売され、ここで客が購入した商品と似たモノが、冬の間、難...
安全な地を求めて歩く難民たちの状況を知ってもらうという目的がある、国連UNHCR協会が手がけるプロジェクトです。
難民や移民の子どもたちが心の拠り所にできるように、イスラエルを拠点に活動するデザイナーと建築家たちが手を組み、小学校をリノベーションしました。
ドイツのスタートアップ「mimycri」が製造しているのは、バックパックやラップトップケース。これらには地中海を渡ったであろう難民が乗っていたボートが使わ...
紹介するのは「Über den Tellerrand」という団体。移民や難民の人たちの母国料理や文化を近隣コミュニティの人に体験してもらうプロジェクトを多...
シリア出身のペインターAbdalla Al Omariさんは、最近ベルギーで難民として認定されたという。そして始めたのが「The Vulnerabilit...
ニュースでは、ヨーロッパ各国が難民受け入れ問題で混乱していたり、アメリカでもトランプ大統領がその受け入れを制限したりと、世界的に大きな話題となっている、難...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
自国で戦争があり命からがら難民として逃げてきた若者たちのグループ。現在はギリシャの難民キャンプで暮らしている彼らは自分達の「声」を届けるために雑誌をつくる...
2024年のオリンピック開催地にパリが選ばれたことを機に、フランスの人権団体はアスリートと難民を比較した動画を作成しました。どれも30秒ほどですが、短い時...
ユニセフが2016年9月に発表した「移民・難民危機レポート」によると、世界では約5,000万人もの子どもたちが、ふるさとを奪われているそうです。しかし難民...
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
飛躍的に増えた外国人観光客は、2020年開催の東京オリンピックでひとつのピークを迎えると言われている。国際社会における「ホントのおもてなしとは何か?」とい...
オックスフォード大学が運営をしている「Pitt Rivers Museum(ピットリバース博物館)」は、異なる文化に対する理解を深めるために、25人の難民...
紛争や貧困に苦しむ中東やアフリカの国々から、ヨーロッパへと海を渡る人々。ひところに比べその数は減少したものの、難民流入と受け入れ問題で欧州全体が大きく揺れ...
内戦が続くシリアでは、国内でも多くの人が自宅を離れて避難生活を送っています。そんな彼らのために、MIT(マサチューセッツ工科大学)の生徒たちが、厳しい冬の...
ウォッカと言えば、一般的に原料としてイモ類や穀物が使用されることが多いですよね。でも「Black Cow」ウォッカの原料となるのは牛乳です。
気象の変動が激しいサハラ砂漠では、意外にも豪雨が続くことも多いそうです。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の報告では、この水害により難民キャンプ用に設...
家を失った難民たちの仮設住宅として、まったく新しい構造の折りたたみ式テントが登場しました。避難所暮らしの生活を、少しでもストレスなく暮らせるように開発され...