地下鉄の物乞いが歌う「Your Song」

ある日、マンハッタンから自宅のあるブルックリンへ帰るため地下鉄に乗っていた時のこと。隣に立っていたおじさんが、突然大きな声で語り出した。少ししゃがれた特徴のある声が、疲れた背中が並ぶ地下鉄の車内に響いた。

「こんばんは。みなさん、今日はどんな1日でしたか?素晴らしい1日を過ごした人もいるでしょう、そうでない人もいるでしょう」

この時点で、同じ車両にいた乗客のほとんどが「ああ、またか」といった表情になった。誰もがおじさんから目をそらし、視線をスマフォの画面に落とした。案の定、おじさんはこう続けた。

「今、私はお金をもっていません。だけど……」

そう、彼は物乞いなのだ。そして、NYの地下鉄では毎日のように“物乞いの演説”が行われている。だから、みんな「ああ、またか」となる。もちろん、本当に苦しみ、助けを求めている人となれば、ささやかでもお金を渡す人もいるだろう。でも現実には、多くの物乞いの演説が無気力な棒読みで「金をくれ」と言うだけのものだ。自分は被害者で、施しをうけるのが当然だと言わんばかりの態度をとる人までいる。そんなものだから、仕事で疲れて帰宅途中の乗客の多くは無関心なのだ。

だけど、彼は気にせずに演説を続けた。

「十分じゃないってわかってるけど、僕にできる精一杯のこと。僕の歌を贈ります。これはあなたの歌です。気に入ってもらえるといいな。もしもこの歌で、世界が素晴らしいと思えたら、私のポケットにあなたの気持ちを詰め込んでください」

そして、彼は歌い出した。

これは俺が携帯電話で撮影したものだ。

© DAG FORCE/vimeo

俺はおじさんの自信に満ちた歌声に、ほかの物乞いとはまったく違うものを感じた。気がついたら自分も一緒に歌っていた。動画でおじさんと一緒に歌ってるのは俺だ(汗)。

実際、歌いおわった後、お金を入れてもらうための紙袋をポケットから取り出す彼の表情はすでに物乞いじゃなかった。もちろん、俺はチップを渡した。無関心を装っていた乗客の何人かも笑顔でお金を紙袋に入れていた。

日本にいた頃は年間100本以上のライブやMCをこなしていた俺だけど、NYではそうはいかない。歌う場所が少ないことに、フラストレーションを抱えていた俺は、ふいに音楽で誰かと通じ会えたことが なによりもうれしかった。

DAG FORCE/ラッパー

1985年生まれ。NYブルックリン在住のラッパー。一児の父。飛騨高山出身。趣味は、音楽、旅、食べること、森林浴。NYでの日常生活で感じたこと。そこからポジティブなメッセージを伝えていきたい。

Top image: © DAG FORCE

関連する記事

6月16日、ニューヨークの地下鉄に乗っていたJoel Wertheimerさんが経験した「小さな魔法」の話。
ニューヨークの地下鉄の車内で、突如カップルが卓球を開始!周囲の乗客はあ然……。その様子が映った動画がTwitterで話題に。
ニューヨークを舞台にImprovEverywhere.comによって企画されたのは、地下鉄で友人のサプライズ誕生日パーティーを開こうというもの。ある女性は...
無人運転を想定した、ブダペスト地下鉄1号線用の新車両デザインです。
興味はあるけど、何からやればいいのかわからない。有識者の話は参考にしにくい。それならまずは身近な人の体験談を聞いて、次のアクションの参考にしてみようという...
NYを走る地下鉄に出現したのは、図書館風にデコレーションされたラッピング車両。移動中も無料Wi-Fiに接続すれば、図書館の本をバーチャルで閲覧することがで...
パリの魅力に磨きをかけるプロジェクト「Réinventer Paris 2」。その一翼を担うのが「Le Terminus」。使われなくなった地下鉄の駅がレ...
ニューヨーク市のMTAは、非接触型決済システム導入完了を発表。2023年にはメトロカードが廃止される予定。
12月、パリの地下鉄で起きたイタズラが話題となりました。電車内に藁と干し草が敷き詰められるという“事件”。これ、満員電車に痺れを切らした人々の抗議でした。...
多くの人の注目を集めるのが上手いIKEAイズムの真骨頂とも言えるのが、この広告キャンペーンです。新店舗オープンの際に、パリの地下鉄の駅をショールームのよう...
時代を超えて愛される駄菓子は、子どもだけの楽しみにあらず。真面目に駄菓子とスパークリングワインのペアリングを検証してみました。
2021年1月16日まで、カナダ・オンタリオ州トロントの地下鉄車両内で「心の健康」に関するプロジェクト「Life on the Line」がおこなわれてい...
ニューヨークで16年間、一度も休むことなく毎年開催されているイベント、その名も…「ノー・パンツ・サブウェイ・ライド」。2017年も無事(?)1/8に開催さ...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
北欧スウェーデンの首都ストックホルム市内には、赤、青、緑の3本の地下鉄路線がある。3路線の全長は100km以上にもなり、じつに100駅が存在する。その中で...
ハドソン川沿いで今、ニューヨーク最大規模と言われる再開発が話題となっています。それが「ハドソンヤード」。注目を集める一方で、地元住民は複雑な思いを抱えてい...
キャッシュレス化進んでいるといわれる中国ですが、先日、旅行で訪れたところその普及度合いは想像以上でした。例えば、スーパーはもちろん、露店や市場でもキャッシ...
ニューヨークのユニオンスクエア付近にある「Blue Stripes Cacao Shop(ブルー・ストライプス・カカオ・ショップ)」。チョコレートラバーも...
事が起きたのは8月20日のブルックリン。

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
 異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第一弾は中国編です。クール?それともファニー?中国のミレニアルズの、理解を超え...