NY地下鉄ホームに響く美声が、世界に届いた!

このおじさんの声と表情に注目して欲しいのです。これまでどんな人生を送ってきたのかわからないけれど、なにかが伝わってきて胸を打つ。トリハダものの美声の持ち主!まずは歌を聞いてみて。

NY地下鉄といえば、有名無名に関わらず、才能あるアーティストが演奏やパフォーマンスを行っている場所。ネットで動画が拡散されることもよくありますよね。この男声もご多分に漏れず。

きっかけはTwitterに投稿された動画でした。強烈なエネルギーを感じる歌はすぐさま話題になり、通勤中によく見かけるというニューヨーカーや、テレビ局の公式アカウントに「彼を番組に出すべき」とツイートするユーザーが続々登場。

あれよあれよと言う間に、テレビ出演するまでに至ったのです。

 パフォーマンスに拍手喝采!
なかには涙を流す人も…。

なんと、CBSの人気番組『The Late Late Show with James Corden』に出演!そのパフォーマンスに観客は総立ち。番組のオーケストラには涙を流したミュージシャンもいました。

まるで絵に描いたようなシンデレラストーリーですが、彼の声にこれだけ人を感動させる力があるのには、理由があったみたい。彼は元々シンガーとして才能を認められていた人物でしたが、不運にもデビューのきっかけを失ってしまっていたのでした。

 アルバム発表前に、
所属レーベルが破産。

Pitchfork」によると、1975年、彼は当時18歳のときにT-Electric Recordsと契約を結んでいました。80年に、同レーベルからブルースシンガー、エタ・ジェイムスのアルバム『Changes』が発売されると、その次に発表されるのが彼のアルバムになるという話に。

しかし、不運にも制作は始まらず、未発表のままレーベルが破産してしまったのです。デビューの話は頓挫。彼にできるのは歌い続けることだけでした。それからずっと地道に、公園や路上でパフォーマンスを続けてきたというのです。

 30年歌い続けてきた声が、
世界に届いた!

彼の歌は2015年10月にも一度注目されたことがあります。再生回数は40万回以上にも及んでおり、今回のみならず多くの人を感動させていました。テレビでのパフォーマンスを見てもわかるとおり、偶然の産物ではないのです。

本人はこうコメントしています。

「好きなことを続けなきゃいけない。決して簡単ではないけれどね。ときには電車の中で5時間歌い続けることもあった。それが結果に繋がったともまだ言えない。ただ、マイクなしで歌う姿はなかなか珍しいと思うよ。自分のやっていることを愛さなきゃいけない。私たちは恵まれているんだ。必要なら、朝7時半からだって歌える」。

ホームで歌っているときの必死な表情は、スピーカーに頼らず肉声で歌を届けようとした結果なのかも。

テレビに出演する少し前。彼は生活のために仕事を探しては、面接をいくつも受けていましたが、誰にも雇用してもらえず。そんなときに兄弟から送られてきたのが、自分が地下鉄で歌っている姿でした。一言、「きっと変わる」とメッセージが添えられていました。

動画はその後も視聴数を伸ばし、急遽テレビにも出演。9月15日のツイートによれば、新たにレコーディングが始まったようです。

「アルバムを作っているよ。素晴らしい人たちがサポートしてくれている。祈っているよ。地下鉄の外に出るんだ」。

声そのものにも胸を打たれましたが、彼のことを知ってから聞くと余計に沁みてくるんですよね。

ちなみに、冒頭の動画で歌われているのは、1955年に公開された刑務所映画『Unchained』の主題歌『Unchained Melody』。後に楽曲の人気が映画を上回り、いろいろなアーティストにカヴァーされ、別の映画にも使用された名曲。

待っているかもわからない恋人を想い、早く自由になって帰りたいという気持ちを歌ったものでした。「Righteous Brothers」によるアレンジが有名ですが、YouTubeには、Mike Yungの歌が今までで一番いい!という声も。ぜひ聴き比べてみて。

Licensed material used with permission by mindblowin
ニューヨークを舞台にImprovEverywhere.comによって企画されたのは、地下鉄で友人のサプライズ誕生日パーティーを開こうというもの。ある女性は...
「このスケボーの人、デリバリー中だったんですよ(笑)」。びっくりを通り越してクスッと笑っちゃうような出来事って、時々ある。
誰だって人に言えない、だけど本当は人に聞いてほしい悩みを持っているもの。ニューヨークの小学生、Ciroくんもそんな悩みを抱えていた経験があるそうです。11...
2016年1月10日、NYの地下鉄に突如、ズボンやスカートを身につけずパンツ姿の集団が現れた。外は真冬の寒さ。寒くない訳がないし、履き忘れて家を出ちゃった...
調味料をちょい足ししたり、ほんの少しのひと手間で、驚くほどおいしく味わえるこんな方法を知っておくと、何かと役に立つはずです。
疲れや悩みを取り払って、リラックスしたい日もありますよね。そういう時は、温泉にザブーンと入ってみるのも良い方法のひとつだと思うんです。ここでは疲れも悩みも...
マット・ボルチマーは「eCUSSIONIST」を名乗るドラマーです。NYを騒がせているお祭り兄ちゃん的存在。デジタルと生楽器を合わせたプレイスタイルで、リ...
北欧スウェーデンの首都ストックホルム市内には、赤、青、緑の3本の地下鉄路線がある。3路線の全長は100km以上にもなり、じつに100駅が存在する。その中で...
NYを走る地下鉄に出現したのは、図書館風にデコレーションされたラッピング車両。移動中も無料Wi-Fiに接続すれば、図書館の本をバーチャルで閲覧することがで...
ロシアのあるクリエイティブ・エージェンシーが、世界で初めてとなる試み「ストリートミュージシャン専門の音楽レーベル」を立ち上げました。
一昔前に比べてファッションとしてタトゥーを彫る人が増えた今、「タトゥーはアートだ」という声を耳にしたことがある人も少なくないはず。同意できずにいた人も、A...
1930年から70年頃にかけて閉鎖されていったパリの地下鉄のホームの数々。どれも歴史の深い建造物ばかりのようですが、閉鎖されたままにしておいたらもったいな...
バレンタインデーの日。NYの地下鉄でちょっと嬉しいサプライズがありました。女性が意中の相手にチョコを渡すのとは、また一味違ったドキドキ感と幸せがここに。ご...
さくら剛さん著『(推定3000歳の)ゾンビの哲学に救われた僕(底辺)は、クソッタレな世界をもう一度、生きることにした。』は、青年ひろが、とっつきにくくて分...
「生きるために食べよ、食べるために生きるな」これは、古代ギリシャの哲学者ソクラテスの有名な言葉。忙しい毎日を過ごしている、現代人に響くものではないでしょう...
舞台はマンハッタン、女性は帰宅途中に地下鉄の構内で、線路に突き落とす殺人現場を目撃してしまった。この瞬間を境に、彼女の日常に深く根を下ろしたのは、想像を絶...
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
オランダはそれだけじゃないだろう! って思うけど、やっぱり飲みたくなる
スピーカーの前でずっと踊っていた。振動が全身に伝わる感覚が好きだ。そんな人にうってつけのアイテム。腕に巻くサブウーファーだ。振動が体に響くだけだから音漏れ...
生きていれば人との付き合い方や、そもそもの生き方など、考えさせられることは多いはず。人生に迷ったとき、私たちは何を信じて生きていけばいいのでしょうか?ここ...
昨年も紹介したけれどNY在中の『Improv Everywhere』という集団による「No Pants Subway Ride」が今年も開催。簡単にいうと...
どこか画一的なイメージを持っていた老人ホーム。でも、海外に目を向けると、こうした発想があることに驚かずにはいられません。舞台は、オハイオ州の老人ホーム「T...
自らをフェミニストソングライターと呼ぶRachel Larkさん。トランプ大統領にも聞いて欲しいと言うフェミニズムの歌をYouTubeで公開した。どストレ...
原宿を彷彿とさせるポップな色彩に、キュートな電子音。さながら日本のミュージックビデオみたいですが、実はこれ、ロサンゼルスの地下鉄会社が作ったマナー啓発動画...