高さが無理なら「長さ」で狙え世界一。NYにトンデモないビルが建つ?

Big Benといえば、言わずと知れたロンドンのウェストミンスター宮殿(国会議事堂)に付属する時計台。ですが、こちらはNYに建設計画中だという「The Big Bend」。日本語で「曲がる」を意味するbendが、まさかこんなカタチになるなんて!

ビルをそのままねじ曲げる?

© ioannis Oikonomou – oiio architecture studio

つまり…こういうこと?

なんて冗談と思っていたら、どうやらこれ本当に進行中の計画だというのです。

要するに…こういうこと。

© ioannis Oikonomou – oiio architecture studio

建設予定地は、カーネギーホールや、話題のトランプタワーが隣接するマンハッタン57thストリート。ミッドタウンでも屈指の高級ホテルが立ち並ぶこのエリアには、ここ数年相次いで高層ビルの建設が始まっています。マンハッタンのスカイラインをすでに埋め尽くしているビルよりも、更に高いスカイスクレイパーが来年、再来年と完成予定。

そこに割って入ろうというThe Big Bendですが、その仕様はだいぶ違うようですよ。

「高さ」よりも「長さ」に
こだわりアリ

© ioannis Oikonomou – oiio architecture studio

NYとアテネを拠点に活動を展開するデザインアーキテクト「oiio architecture studio」。彼らの斬新すぎるアイデアは、世界のどこよりも高いビルを立てることではなく、長さにこだわること。その施策がビルの構造を逆U字に曲げ1本でつないだ、このBentだったというわけです。

実際、摩天楼と呼ばれるNYにおいても市の建設条例による高さ制限があり、現在世界一の高さを誇るドバイのブルジュ・ハリファ(828m)のようなビル建設は無理。そこで全長で世界一を目指すことにスイッチ。完成すれば、長さはじつに1,220mにも及ぶそう。土地事情のルールをねじ曲げる代わりに、建物自体を折り曲げるなんて、まさかそんな手があったとは。

ミリオネアだって腰を抜かす

© ioannis Oikonomou – oiio architecture studio

イメージ図では、タワーのてっぺんが一部スケルトンのガラス床になる仕様のようだけど…。眼下の眺めには、さすがの億万長者たちも腰を抜かすに違いありません。

© ioannis Oikonomou – oiio architecture studio

まあ、あくまでコンセプト段階の話であって、これが実現する日が来るのかさえ分からいんですけどね。でも、本当にこんなタワーが立ったとしたら…考えるだけでもワクワクしてこない?

Top Photo by © ioannis Oikonomou – oiio architecture studio
わずか30年後の未来、東京と千葉を結ぶ海上に地上1,700mの超高層ビル建設計画!?にわかに信じがたい話ですが、英紙「Daily Mail」が「ドバイのブ...
所狭しと高層ビルが立ち並ぶ摩天楼「NY」。そんな街で暮らすニューヨーカーたちの憩いの場「セントラルパーク」に、仰天のコンセプトデザインが提案されました。「...
中東屈指の世界都市、ドバイの消防局(民間防衛局)が、緊急災害用の設備補強に“ジェットパック”の採用を発表。ニュージーランドのメーカーとの契約締結のニュース...
現存する世界最古の木造建築といえば、言わずと知れた法隆寺。で、およそ1400年後の現代において、NYセントラルパークに世界で最も高い木造タワー建造計画が持...
「Apollo Peak」のCat Wine(キャットワイン)は、アルコールフリーの猫用ワイン!一人でお酒を嗜むのもいいけれど、愛猫と一緒ならもっと充実し...
薪木でグリルしたステーキ、スモア、フォンデュが楽しめる。 日本初!キャンプファイヤー料理店Campfired Grill & Cafe THE BANFF...
知的なゲームとしての一面はもちろん、その美しい駒がインテリアとして愛されることも多い「チェス」。そんなチェスの駒を、アメリカの有名な都市のランドマークでか...
近年、欧米では環境持続性の観点から木造建築が見直されているといいます。温暖化防止のひとつの策として、鉄筋コンクリート(RC造)から木造化へという動きも。で...
エッフェル塔、エンパイア・ステート・ビルディング、ブルジュ・ハリファ...人類はその文明を誇るため、より高い建築物を作り上げてきました。「Clouds A...
「このスケボーの人、デリバリー中だったんですよ(笑)」。びっくりを通り越してクスッと笑っちゃうような出来事って、時々ある。
あなたの感情を読み取りブランデーの中にハートマークを投影するグラス。アプリと連動する必要あり。デートで使ったら、クールに振る舞っていても心の中を見透かされ...
昨年の9月にユニークな本が出版された。タイトルは『シブいビル』。1960年代~70年代の高度経済成長期に建てられた東京のビル群を愛でるという内容で、紹介さ...
ホームレスシェルターに求められるのは、安全で衛生的で場所を取らないこと。それらのニーズに応えるように作られたのが、デザインスタジオ「Framlab」のビル...
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
欧州一高いビルになる予定。フロアの多くはオフィスとなるようですが、34基のエレベーターが導入して、待ち時間を大幅に削減するそう。
パリ発の総合美容薬局「L'OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)」のハンド&フットクリーム「Pomm...
「KAGIYAビル」は、静岡のJR浜松駅から徒歩10分のところのある注目のスポット。築50年以上で空き室だらけだったこのビルは、2012年10月に "ショ...
「アーティストが住みついたビル」というコンセプトの新しいスポットが、2017年9月16日にオープンした。場所は、日本橋。一棟ビル丸ごと使ってアート・音楽・...
地上828mの世界一高いビルを建て、人工島をまるごと所有して家を建てることもできる国、ドバイ。次にどんな建築物が登場しても、ちょっとやそっとのことでは、も...
ハーバード大学が今年の卒業スピーチに指名したのは、Facebookのマーク・ザッカーバーグ。ちょっと心配そうな彼がアドバイスを求めた相手は、ちょうど今から...
日本人フォトグラファー・MAR SHIRASUNAの作品『Beauty and NYC』。ニューヨークの高層ビルで、屋上のふちに佇む美女を撮ったもの。NY...
夏に非常に暑くなることから、「中国三大ボイラー」とも言われる都市のひとつ、南京。この南京の暑さを有効活用して造られた、2018年に完成するビルは、まるで森...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
建築基準法みたいは話をいったん無視すれば、ですけど。こんなカンタンに家が建ってしまうのか、とオドロキでした。