高さが無理なら「長さ」で狙え世界一。NYにトンデモないビルが建つ?

Big Benといえば、言わずと知れたロンドンのウェストミンスター宮殿(国会議事堂)に付属する時計台。ですが、こちらはNYに建設計画中だという「The Big Bend」。日本語で「曲がる」を意味するbendが、まさかこんなカタチになるなんて!

ビルをそのままねじ曲げる?

「長さ」で世界一 NY 建設中

© ioannis Oikonomou – oiio architecture studio

つまり…こういうこと?

なんて冗談と思っていたら、どうやらこれ本当に進行中の計画だというのです。

要するに…こういうこと。

「長さ」で世界一 NY 建設中

© ioannis Oikonomou – oiio architecture studio

建設予定地は、カーネギーホールや、話題のトランプタワーが隣接するマンハッタン57thストリート。ミッドタウンでも屈指の高級ホテルが立ち並ぶこのエリアには、ここ数年相次いで高層ビルの建設が始まっています。マンハッタンのスカイラインをすでに埋め尽くしているビルよりも、更に高いスカイスクレイパーが来年、再来年と完成予定。

そこに割って入ろうというThe Big Bendですが、その仕様はだいぶ違うようですよ。

「高さ」よりも「長さ」に
こだわりアリ

「長さ」で世界一 NY 建設中

© ioannis Oikonomou – oiio architecture studio

NYとアテネを拠点に活動を展開するデザインアーキテクト「oiio architecture studio」。彼らの斬新すぎるアイデアは、世界のどこよりも高いビルを立てることではなく、長さにこだわること。その施策がビルの構造を逆U字に曲げ1本でつないだ、このBentだったというわけです。

実際、摩天楼と呼ばれるNYにおいても市の建設条例による高さ制限があり、現在世界一の高さを誇るドバイのブルジュ・ハリファ(828m)のようなビル建設は無理。そこで全長で世界一を目指すことにスイッチ。完成すれば、長さはじつに1,220mにも及ぶそう。土地事情のルールをねじ曲げる代わりに、建物自体を折り曲げるなんて、まさかそんな手があったとは。

ミリオネアだって腰を抜かす

「長さ」で世界一 NY 建設中

© ioannis Oikonomou – oiio architecture studio

イメージ図では、タワーのてっぺんが一部スケルトンのガラス床になる仕様のようだけど…。眼下の眺めには、さすがの億万長者たちも腰を抜かすに違いありません。

「長さ」で世界一 NY 建設中

© ioannis Oikonomou – oiio architecture studio

まあ、あくまでコンセプト段階の話であって、これが実現する日が来るのかさえ分からいんですけどね。でも、本当にこんなタワーが立ったとしたら…考えるだけでもワクワクしてこない?

Top Photo by © ioannis Oikonomou – oiio architecture studio
デンマークの人口約7000人の町ブランデに建築予定の高層ビル「Tower & Village」。高さは320メートルを想定されていて、完成すれば、西ヨーロ...
ロンドンの建築デザイン事務所が、超高層ビル「The Tulip(チューリップ)」のプロジェクトを発表。通称「ガーキン」の隣に建設され、新たな観光名所になる...
わずか30年後の未来、東京と千葉を結ぶ海上に地上1,700mの超高層ビル建設計画!?にわかに信じがたい話ですが、英紙「Daily Mail」が「ドバイのブ...
ニューヨーク・マンハッタンの再開発地区「Hudson Yards(ハドソンヤード)」に建てられた超高層ビル「30 Hudson Yards」。地上335メ...
「ぎふコーラ」というクラフトコーラが、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で話題になっている。
所狭しと高層ビルが立ち並ぶ摩天楼「NY」。そんな街で暮らすニューヨーカーたちの憩いの場「セントラルパーク」に、仰天のコンセプトデザインが提案されました。「...
中東屈指の世界都市、ドバイの消防局(民間防衛局)が、緊急災害用の設備補強に“ジェットパック”の採用を発表。ニュージーランドのメーカーとの契約締結のニュース...
植樹をするのではなく、表面を藻類で覆ってしまおうというコンセプト。中国・杭州市に建設される高層ビルに採用予定です。
現存する世界最古の木造建築といえば、言わずと知れた法隆寺。で、およそ1400年後の現代において、NYセントラルパークに世界で最も高い木造タワー建造計画が持...
「このスケボーの人、デリバリー中だったんですよ(笑)」。びっくりを通り越してクスッと笑っちゃうような出来事って、時々ある。
今月11日の「カミングアウトデー」にクッキーブランド「オレオ」が1本のショートフィルムを公開した。
知的なゲームとしての一面はもちろん、その美しい駒がインテリアとして愛されることも多い「チェス」。そんなチェスの駒を、アメリカの有名な都市のランドマークでか...
近年、欧米では環境持続性の観点から木造建築が見直されているといいます。温暖化防止のひとつの策として、鉄筋コンクリート(RC造)から木造化へという動きも。で...
ホームレスシェルターに求められるのは、安全で衛生的で場所を取らないこと。それらのニーズに応えるように作られたのが、デザインスタジオ「Framlab」のビル...
サンノゼに拠点を置く企業Aeronesが、ラトビア・リガでデモンストレーションを行った時に使われたドローンは、高層ビルの窓を掃除できるんです。汚れを検知し...
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
せわしない現代社会では、不安やストレスを抱えながら生活している人も少なくないだろう。そんな不安やストレスを軽減するためには、かわいい動物の写真や動画を見る...
デザインスタジオ「hej」が「Corona Food Masks(コロナフードマスク)」を考案した。マスクの着用は感染対策に有効である一方で、見た目や装用...
エッフェル塔、エンパイア・ステート・ビルディング、ブルジュ・ハリファ...人類はその文明を誇るため、より高い建築物を作り上げてきました。「Clouds A...
昨年の9月にユニークな本が出版された。タイトルは『シブいビル』。1960年代~70年代の高度経済成長期に建てられた東京のビル群を愛でるという内容で、紹介さ...
東京・日本橋に国内最大にして最高層となる地上17階建て、高さ70mを誇る“木造高層ビル”が建築される。「住友不動産」と「竹中工務店」が計画し、2025年の...
森ビルは、これまで30年をかけて計画を進めてきた虎ノ門・麻布台地区の再開発プロジェクトを発表。2023年に完成予定のスポットは、多様な都市機能を高度に融合...
ニューヨーク市で「鳥にやさしい窓」の設置を義務化する法律が可決され話題となっている。この法律の対象は市内の新しく建てられるビルや改修工事がされるビル。今後...
二度見しちゃうこと間違いなし!晴れた日にはレーニア山が見える「空中庭園」。形もまるで彫刻のようで、ラウンジ内にいてもビル外から見上げてもオシャレなデザインだ。