未来のヒルズ!?都内に日本一のビルが建つ緑豊かな都市開発

六本木ヒルズと虎ノ門ヒルズの中間点に「新たなヒルズ」が誕生するようだ。

森ビルが先月発表したのは、これまで30年をかけて計画を進めてきた虎ノ門・麻布台地区の再開発プロジェクト。2023年に完成予定の多様な都市機能を高度に融合させた「ヒルズの未来形」とのことだ。

コンセプトは“緑に包まれ、人と人をつなぐ「広場」のような街 - Modern Urban Village -”。都心部にもかかわらず人の集まる緑豊かなスペース確保し、オフィスやホテル、住宅のほか、インターナショナルスクール、商業施設などを備える計画だとか。

施設の多くが入る3棟の超高層タワーのひとつは、大阪市の「あべのハルカス」を抜く高さ約330m。

まだ正式名称は決まっておらず、「ヒルズ」と名付ける可能性も含めて今後決定する予定だが、新たな文化や人の動きが生まれる話題の場所になるのは間違いなさそう。

©虎ノ門・麻布台プロジェクト
©虎ノ門・麻布台プロジェクト
Top image: © 虎ノ門・麻布台プロジェクト
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

2023年に向けて開発中の「虎ノ門・麻布台プロジェクト」の地に、ブランデッドレジデンス「アマンレジデンス 東京」とラグジュアリーホテル「ジャヌ東京」が開業する。
先月初旬、六本木ヒルズ森タワーがオフィス入居テナントに対して、再生可能エネルギー由来の電力供給をスタート。オフィス賃貸事業者による、入居テナントへの再エネ...
植樹をするのではなく、表面を藻類で覆ってしまおうというコンセプト。中国・杭州市に建設される高層ビルに採用予定です。
デンマークの人口約7000人の町ブランデに建築予定の高層ビル「Tower & Village」。高さは320メートルを想定されていて、完成すれば、西ヨーロ...
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
山と一体化したような緑の多い外観は、まさに “Valley(渓谷)” の名にふさわしく、自然の豊かさと温かさを感じさせる。
わずか30年後の未来、東京と千葉を結ぶ海上に地上1,700mの超高層ビル建設計画!?にわかに信じがたい話ですが、英紙「Daily Mail」が「ドバイのブ...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「Indeed」がおこなった、今、イギリスでもっとも高収入な職業調査。1位の平均年収は£145,000(=約2000万円)に及ぶとか。
カカオの外皮「カカオハスク」を使用したアップサイクルコーヒー「カカオコーヒー」が誕生。
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...