六本木ヒルズで開催!「星空のイルミネーション」がロマンチックすぎる!

まだ電気のない時代に、美しく輝く夜空の星を見て感動した人々。彼らが、モミの木の周りにロウソクを飾って星を再現しようとしたことが、イルミネーションの始まりと言われている。

そんなイルミネーションの起源となった輝く星を、プラネタリウムやプロジェクションマッピングを用いて再現し、夜景とあわせて楽しめるイベントが「星空のイルミネーション」だ。メインビジュアル_ロゴ有_Rこれは、2015年11月7日(土)から12月25日(金)までの期間に、六本木ヒルズ展望台「東京シティビュー」で開催されるもの。大都会の夜景に、リアルとヴァーチャルの星空が共演する、なんともロマンチックな企画となっている。銀河の道_R体験できるのは、プラネタリウムクリエーター大平貴之氏が手掛ける「銀河の散歩道」。天の川銀河の1億個近い星のデータを使用し、無限に広がる煌びやかな散歩道を演出。輝く星が360度あなたを包み込み、まるで天の川を歩いているような感覚を味わえることに。星空のイルミネーションbyMEGASTAR_Rさらに、天の川の微細な星の光まで投影できるスーパープラネタリウムを用いた「星空のイルミネーションby MEGASTAR」も登場。星座の向こうに夜景が見える「星空ののぞき窓」とともに大きな反響を呼ぶはずだ。

これらに加えて、夜空に浮かぶ星を自身のスマートフォンで操作することができるプロジェクションマッピングや専門家とともに冬の星座を探す六本木天文クラブ「星空観察会」も開催されるのだから、まさに“ロマンチックづくし”。今年の冬は、大切な人と一緒に“新しい星空の楽しみ方”を体験してみては?星空ののぞき窓_R【開催概要】
星空のイルミネーション
・期間:2015年11月7日(土)~2015年12月25日(金)
・主催:森アーツセンター(東京シティビュー)
・会場:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー
・営業時間:[52F屋内展望フロア]10:00~23:00(最終入館22:30)
金、土、休前日および12月23日(水)、12月24日(木)は25:00(最終入館24:00)まで
[屋上スカイデッキ]11:00~21:00(最終入場20:30)
※スカイデッキは「星空のイルミネーション」開催期間中、営業時間(通常20:00まで)を21:00まで特別延長
※スカイデッキは荒天時にはクローズ
入場料:一般1,800円、学生(高校・大学生)1,200円、子供(4歳~中学生)600円、シニア(65歳以上)1,500円
[プラネタリウムエリア入場料] 展望台入場料に加え500円(子供は300円)
[スカイデッキ入場料] 展望台入場料に加え500円(子供は300円)
お問い合わせ:03-6406-6652(東京シティビュー)
・公式ウェブサイト:http://www.roppongihills.com/tcv/jp/hoshizora/
※カフェやレストラン、グッズ、関連イベント情報も公式ウェブサイトにて随時公開予定

【開催概要】
「星空のイルミネーション」期間限定 六本木天文クラブ「星空観察会」
・開催日:11月、12月の毎週土曜日19:00~21:00(11月7日、14日、21日、28日、12月5日、12日、19日)
※上記以外に定例星空観察会を毎月第4金曜日19:00~21:00にも開催(11月27日、12月25日)
※いずれも荒天・曇天時は中止

Licensed material used with permission by 森ビル株式会社

映画を観た人なら、たしかにこの親和性の高さが分かるはず。しかも、ただ見るだけでなく、参加できるのもポイント。『君の名は。』とプロジェクションマッピングのコ...
六本木アートナイトとは、何気ない気持ちでふらりと立ち寄った人たちでさえも魅了する都会の祭り。一度、足を踏み入れてしまったものなら誰しも、次の宴が待ち遠しく...
本場の味・ボリューム・雰囲気がそのまま!ステーキハウス激戦区・NYの名店が日本上陸BENJAMIN STEAK HOUSE〒106-0032 東京都港区六...
活動が活発で一晩中観察できることから、非常に人気のある「ふたご座流星群」。しぶんぎ座流星群、ペルセウス座流星群と並ぶ「三大流星群」のひとつであるそ...
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
インド・コルカタ発ムンバイ行きのJet Airwaysの機内で、事件は起きました。
入場料(1500円)を払って入店したら、何時間でも滞在できる。文学、雑誌、漫画など3万冊の本があり、喫茶店もあり、本好きにはたまらない空間です。もちろん本...
現在、六本木ヒルズアリーナで開催中の「CRAFT SAKE WEEK」は、酒造りが佳境のこの時期に、出来上がったばかりの日本酒を味わえるスペシャルイベント...
2015年からニューヨーク州で年に一度行われているイベント「LUMA」。目玉となっているのはプロジェクションマッピング。街の市役所や裁判所の建物に投影され...
六本木・森美術館で6月11日(日)まで開催中の『N.Sハルシャ展-チャーミングな旅-』が、SNSに特化した(とも思える)独特の手法で展示をし、観客を集め、...
39階からの夜景×ワイン×本格タイ料理 オーストラリア発のモダン・タイ・レストランLongrain TOKYO〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4丁目...
夏の間だけ星空の下に開館する映画館。あなたは、そんなロマンチックな空間の存在を知っているだろうか?舞台となるのは八ヶ岳の麓、長野県原村。実は、毎年夏になる...
『スパイダーマン』『アイアンマン』『キャプテンアメリカ』…。いくつになっても気になってしまう、マーベル映画。そんな、いつ何時でもワクワク心をくすぐってくれ...
全28種類!L.A.スタイルのパイ専門店※撮影した期間限定の六本木店は閉店しました。Pie Holic〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1丁目3番...
2015年11月20日(金)より『目黒川みんなのイルミネーション2015』が開催予定。春には桜で満開になる目黒川沿いに、21万球以上のLEDで彩る“冬の桜...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
石川県能登半島の輪島市白米町にある「白米千枚田(しろよねせんまいだ)」は、棚田やため池の里山と伝統の海女漁や製塩方法が残る里海、伝統技術が農村の暮らしと結...
東京ミッドタウンに設置されている移動式コンサートホール「アーク・ノヴァ」。現在、このアーク・ノヴァにおいて、「ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ ...
2015年10月2日に、連載開始65周年を迎えた『ピーナッツ』。同日にオープンした「PEANUTS Cafe」が大きな話題になりましたよね。そしてこのたび...
カスタマイズは100万通り以上! パティ・バンズ・トッピング・サイズが選べるLA生まれのハンバーガーTHE COUNTER〒107-0052 東京都港区赤...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
外国人の友人やお客さんを日本に招待するとして…あなたならどんなところに連れて行きますか? 東京だけでも、浅草、渋谷、秋葉原、上野、六本木など観光スポットが...
コーヒービール、炭酸入りエスプレッソ、超クリーミーなマキアート3種の限定ドリンクが楽しめる、東京ミッドタウン店 Starbucks Reserve Bar...
2年前に開催され好評を博したイルミネーションイベントが、待望の復活。とはいえ、今回の舞台は中目黒ではなく渋谷。代々木公園ケヤキ並木〜渋谷公園通りの約750...