『君の名は。』のワンシーンを、夜空のシアターで楽しもう

映画を観た人なら、たしかにこの親和性の高さが分かるはず。しかも、ただ見るだけでなく、参加できるのもポイント。『君の名は。』とプロジェクションマッピングのコラボレーションなんて、気になるに決まってます。

あなたのメッセージを
流れ星として投影

昨年に引き続き、東京シティビューで開催される「星空のイルミネーション」は、プラネタリウムやプロジェクションマッピングを用いて輝く星を再現し、夜景とあわせて楽しめるイベント。今年は、あなたがスマホで送るメッセージが流れ星として映し出されるなど、『君の名は。』とのコラボレーションも実現し、映画のワンシーンを夜空のシアターで楽しめるなど、スペシャルな演出を行います。

ロマンチックはまだまだ続く

そのほかにも、360°満天の星に取り囲まれ、まるで宇宙空間に降り立ったかのような錯覚に陥る空間が広がる「全方位型プラネタリウム“MEGASTAR”」や、

最新の観測データを元に再現された膨大な星のきらめきが、立体的に空間に浮かび上がる「3D SKY WALK」も登場。まるで宇宙を散歩しているかのような感覚が楽しめるそう。

期間は11月23日(水・祝)から2017年1月29日(日)まで。星空づくしのロマンチックな夜を大切な人と一緒に過ごしてみては?

【開催概要】
HUAWEI presents 星空のイルミネーション
・期間:2016年11月23日(水・祝)~ 2017年1月29日(日)
・会場:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー
・営業時間:平日および休日/10:00〜23:00(最終入館 22:30)、金・土・休前日/10:00〜25:00(最終入館 24:00)、スカイデッキ/11:00〜20:00(最終入館 19:30)
・入場料:一般1,800円、シニア(65歳以上)1,500円、学生(高・大学生)1,200円、子供(4歳〜中学生)600円
※スカイデッキ(屋上)には別途料金500円が必要(4歳~中学生は300円)。 但し、天候不良などで予告無く閉鎖する場合あり。

Top Photo by ©2016「君の名は。」製作委員会
Licensed material used with permission by 六本木ヒルズ
まだ電気のない時代に、美しく輝く夜空の星を見て感動した人々。彼らが、モミの木の周りにロウソクを飾って星を再現しようとしたことが、イルミネーションの始まりと...
SF映画の金字塔「E.T.」の有名なシーンに、日本メーカー「KUWAHARA(クワハラ)」の自転車が起用された理由!
先月初旬、六本木ヒルズ森タワーがオフィス入居テナントに対して、再生可能エネルギー由来の電力供給をスタート。オフィス賃貸事業者による、入居テナントへの再エネ...
今年で40周年を迎えるアイスキャンディー「ガリガリ君」の新味「ガリガリ君ジンジャーエール」と「ガリガリ君レモンスカッシュ」が今月19日(火)から全国発売。
サステイナブルの観点から近年注目の「コンポスト」。「臭い生ゴミの処理に困っている」「SDGsや自給自足の生活に関心がある」という方のためになぜ注目されてい...
音と光と映像と、気合いの入れかたがハンパない。
六本木アートナイトとは、何気ない気持ちでふらりと立ち寄った人たちでさえも魅了する都会の祭り。一度、足を踏み入れてしまったものなら誰しも、次の宴が待ち遠しく...
7月19日(日)19:00より「ニュージーランド政府観光局」の公式Twitterにて、世界で最も美しい星空保護区テカポ湖からの「星空ライブ中継」を実施。
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
好きな映画から好きなワンシーンを抜き出して描くイラストレーター長場 雄と、好きなセリフを抜き出し好き勝手に解説を描いたライターの鍵和田啓介。6つのジャンル...
育児中のパパママからの「あると助かる〜!」の声を実現する子供服ブランド「アルトタスカル」が誕生
夜空に流れる「天の川」の美しさを追い求め、世界各地で捉えた天の川の画像をまとめました。夜空を眺める前にこちらもいかがですか?
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
ソーシャルディスタンスがスタンダードな認識となってきた今、注目を集めているのがドライブインシアター。この記事では、ドライブインシアターの意味や歴史について...
「Your Tango」のShelby Hendersonは、『風と共に去ぬ』から『きみに読む物語』まで、ありとあらゆる名作品から21のプロポーズ台詞をチ...
偶然出会った本のなかから人生の道しるべになるかもしれない金言・名言を探す旅。今回は、自分の将来に悩む、すべての「働く人」に向けた一冊です。
シアトルに住むスティーブ・マシオ氏は、旅行が大好き。その愛は「デルタ航空」のファーストクラスの座席を購入して自宅に置いているぐらいに大きい。その様子を紹介...
スペインの「マクドナルド」は「Big Good」と名付けられた特別なハンバーガーを発表。この商品は、新型コロナウイルスの影響を大きく受けた農園を支援するた...
2015年からニューヨーク州で年に一度行われているイベント「LUMA」。目玉となっているのはプロジェクションマッピング。街の市役所や裁判所の建物に投影され...
オーストラリア出身のAlex Jacquot君は、10歳ですでに「Oceania Express」という名の航空会社設立の構想を練っているそう。いろいろ試...
去る2月11日に閉幕した第67回さっぽろ雪まつり。多くの作品が人々を楽しませたなか、特に注目を集めたのが、「Hokkaido Shinkansen-Sup...
パンデミックによって苦境に立つ映画業界の支援プロジェクトとして、ドライブインシアター「B-THEATER(ビーシアター)」が11月21日〜22日の2日間、...
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...
インド・デリーの学校では、新たに「幸福」という名の授業が始まっています。学歴社会でストレスを抱える子ども達が、幸せになれるようにということです。