棚田とイルミネーションのコラボ!能登半島「あぜのきらめき」が美しすぎる

地形を活かしたイルミネーションは、日本全国各地にありますが、これほど起伏に富んだ場所での演出は、まずお目にかかれない。日本の原風景とLEDのきらめきのコラボレーション。こんな幻想的な光景を目にしたことがありますか?

冬の棚田を彩る
21,000個のイルミネーション

秋004

目の前に広がる高低差56メートルの光の絨毯。奥に広がるのは日本海。ここは、石川県能登半島の輪島市白米町。

スクリーンショット 2015-10-18 11.58.40

「日本の原風景」と呼ばれ、国連食料農業機構(FAO)により、日本で初の世界農業遺産に選ばれた風景がこの地にあるのをご存知ですか?
「白米千枚田(しろよねせんまいだ)」は、棚田やため池の里山と伝統の海女漁や製塩方法が残る里海、伝統技術が農村の暮らしと結びついた能登の里山里海の代表例。海岸が崖のように切り立った白米地区では、斜面を何段にも分けて畑として利用する伝統農法を復活させ、水田が幾重にも連なるこの棚田を利用しています。

ギネス認定された
“ペットボタル”って?

冬002

この白米千枚田で10月10日より、夜の千枚田を彩る幻想的なイルミネーション・イベント「あぜのきらめき」が開催中。田んぼの畦(あぜ)に自立式の発光装置“ペットボタル”をびっしりと敷き詰め、夜の千枚田を光の絨毯がピンクやゴールドに染め上げます。なんと、その数21,000個。太陽光パネルと充電池、LED照明が一体となった発光装置をベットボトル容器内に入れたことから、このキャチーな愛称がついたようです。
地元の能登環境協会によると、太陽光発電LEDを使ったイルミネーションとしては最大規模なものとして、2012年11月には、ギネス新記録に認定されたそう。

冬001

これから豪雪シーズンを迎える北陸、雪の影響を心配してしまいますが、日本海に面していることから、雪が積もりすぎて見えなくなるという心配はなく、逆に「雪化粧した中で見るイルミネーションも美しい」と、地元では評判のようです。防寒をしっかりして、真冬の棚田を訪れるのも一考では?

スクリーンショット 2015-10-18 11.59.21

秋002

棚田越しに燃えるような夕日を見届けた後は、ペットボタルの光のあぜ道を恋人と二人で歩く。ロマンチックすぎて寒さも忘れちゃうかも?「あぜのきらめきは」2016年3月13日まで開催される予定。稲作のオフシーズンを利用した冬の風物詩に注目です!

Licensed material used with permission by 輪島市役所交流政策部観光課

日本の原風景を美しく彩る、北陸地方の冬の風物詩「あぜのきらめき」。昨年、その幻想的な光で多くの人を魅了したライトアップイベントが、実は今年も開催中なんです。
ここは千葉県鴨川市の「大山千枚田」。楽しめるのは、地元農家が代々守ってきた“昔ながらの棚田風景”です。ただし、普段の景色もさることながら、先日まで開催され...
2015年11月20日(金)より『目黒川みんなのイルミネーション2015』が開催予定。春には桜で満開になる目黒川沿いに、21万球以上のLEDで彩る“冬の桜...
まだ電気のない時代に、美しく輝く夜空の星を見て感動した人々。彼らが、モミの木の周りにロウソクを飾って星を再現しようとしたことが、イルミネーションの始まりと...
2年前に開催され好評を博したイルミネーションイベントが、待望の復活。とはいえ、今回の舞台は中目黒ではなく渋谷。代々木公園ケヤキ並木〜渋谷公園通りの約750...
ニュージーランド出身のデイモン・ベイさん。教師で写真家、芸術家でもある彼は「日本には身近すぎて気づけない美しさがある」と、写真を通してその魅力を伝えていま...
映画を観た人なら、たしかにこの親和性の高さが分かるはず。しかも、ただ見るだけでなく、参加できるのもポイント。『君の名は。』とプロジェクションマッピングのコ...
2014年に中目黒で開催されたイルミネーション「青の洞窟」が、現在、舞台を渋谷に移して復活中。では、“本家”目黒川はどうなるの?そう思っていたみなさんへ朗...
「酒造りの神様」の異名を持ち、日本最高峰の醸造家である農口尚彦さん。酒造りの最高責任者である杜氏(とうじ)として、1970年代以降低迷が続いていた日本酒市...
街全体に魔法がかかる季節がやってきました。日本のいたるところがワクワクに包まれるクリスマスシーズンですが、それは世界共通なようです。モスクワ出身のフォトグ...
美しく咲いては散っていく桜のように、ひとときしか鑑賞することができないからこそ儚い、ホタルーー。今年は例年よりも1〜2週間ほど「ホタル前線」の北上が早く、...
JakeとJoは、ふたり組の写真家。カップルでもあるふたりは、2016年の冬、ニュージーランドを旅しながら、美しい星の写真を撮り続けました。ニュージーラン...
ある意味、これは“走るイルミネーション”。だけど、単なるクリスマス用のデコレーションを施したお気楽列車な訳ではありません。今年で18年目を迎える、カナダ太...
北海道から沖縄まで47都道府県を写真で繋ぐ日本地図。全国津々浦々にある風景や情緒を海外の人に感じてもらい、よく知ってもらおう。経産省によって公開されたwe...
プランクトンによって青白く光る、モルディブの夜の海。まるでイルミネーションのようなその光景を、実際に見てみたいと思っている人も多いはずです。実は、それによ...
子どもと犬。これはもう最強の組み合わせと言っても過言ではありません。ロシア人の写真家、Andy Seliverstoffは「おおきな犬とちいさな子どもたち...
静岡おでん、名古屋みそおでんなどがあるが、日本で一番贅沢でおいしいおでんは「金沢おでん」かも。漁解禁で今しか食べられないおでんダネ「カニ面」は、贅沢の極み...
街がイルミネーションで彩られるクリスマス。カップルが満足する素敵な過ごし方はどんなものでしょう? 恋人のいる人もいない人も、クリスマスデートの参考になるよ...
幻想的なイルミネーションが各地で楽しめる冬は、カップルにとって楽しみな季節。とはいえ、どれだけライトアップが鮮やかなものだろうと、ひとつだけ問題があります...
あったかいごはんに、菊イモと人参のきんぴら、能登の里山汁。堪らず舌先が“しっとり”してくるこの献立。2016年1月29日、石川県羽咋(はくい)市内の小中学...