【この発想はなかった・・・】ビル火災に駆けつける「空飛ぶ消防士」

中東屈指の世界都市、ドバイの消防局(民間防衛局)が、緊急災害用の設備補強に“ジェットパック”の採用を発表。ニュージーランドのメーカーとの契約締結のニュースが大きな話題となっている。そこには、超高層ビルが乱立するドバイならではの悩みがあった。

ビル火災に駆けつける
“空飛ぶ消防士”

cipHA2-aPQ_nK1FWV_ywx7oMhTbXwK4KjnmWsc6bMtY

現在、世界一の高さを誇るビル「ブルジュ・ハリファ」をはじめ、超が付く高層ビルが立ち並ぶドバイ。火災が起きた際、上層階に取り残された人の救助を、どれだけ迅速にできるかが人命救助のカギを握っている。ドバイの消防局が数年前から目をつけていたのが、ニュージーランドのMartin Aircraft社の製作するジェットパックだ。今回、無人機を含む20機の購入が決定。近く、消防士たちがジェットパックで活躍する日がやってくる。

そもそもジェットパックとは、一人乗りの垂直離着陸航空機のこと。1984年アメリカ、ロサンゼルスオリンピックの開会式に空から飛来した“ロケットマン”をイメージする人も多いかもしれない。見た目はまさにその進化系だ。

機体には200馬力V型4気筒エンジンを搭載し、左右の羽根(ダクテッドファン)を回転させて自由自在に飛び立てる仕組み。さらに上空約1,000メートルの高さにまで上昇し、30分以上に渡る飛行を実現できる最新モデルだ。

わずか60秒足らずで
地上1,000メートルまで上昇

sKHkbSI8hvEAeu1updup6b3dnnQgB5xBJzZF6mLhM5k

ymPxzj6zySgC3l_ow0xU1VvkQJu4NQO5JQbMYs9RSxU

最高時速は74キロ、これならば世界一の高さを誇るビル、「ブルジュ・ハリファ(828メートル)」で災害が発生したとしても、地上から1分ほどもあれば、てっぺんまで上昇できる計算だ。
この特性を活かし消防局は、ジェットパックで火事発生現場の初動確認を目的に利用を検討しているとのこと。また、遠隔操作による無人飛行が可能なタイプもあり、これを被災現場へ向かわせることで、人命救助に役立てるつもりだと「Popular Science」は伝えている。

「火災時、建物の上へと避難する人々がいますが、救出のためにハシゴをかけるにはあまりに高すぎる。ジェットパックであれば、現場の状況を確認でき、救助のための対策も立てやすくなるはずです」

ドバイ消防当局のディレクターAli Hassan Almutawa氏は、「BBC」にこう語り、高層ビルでの有用性を強調する。

未来型都市ドバイ
人命救助の生命線に

上の映像は、Martin Aircraft社製作のPR動画。火災だけでなくあらゆる災害現場において、ヘリコプターよりも機動性の高いジェットパックがどう活躍するかのイメージが描かれている。

ところで、同社によると1機あたり約15万ドル(およそ1,850万円)での2017年には、一般向けにも販売を予定している。超高級車に匹敵する価格だが…ドバイの裕福な人々からしてみれば安い買い物?
世界に先駆けた“未来都市”形成を目指すドバイ。人命救助の生命線に、このジェットパックがなり得るのかもしれない。

 Reference:Popular Science , BBC
Licensed material used with permission by Martin Aircraft Company Ltd.

デンマークの人口約7000人の町ブランデに建築予定の高層ビル「Tower & Village」。高さは320メートルを想定されていて、完成すれば、西ヨーロ...
サウスカロライナ州グリーンビルのベルモント消防署では、9人の消防隊員と50人のボランティア、そして1匹の猫が働いています。猫の名前は炎を意味する「フレイム...
米カリフォルニア州サンバーナーディーノ消防署に第一報が入った。「建物から火が上がっているのが見える。火事だ!」すぐさま現場に急行する消防隊員。近隣住民たち...
ロンドンの建築デザイン事務所が、超高層ビル「The Tulip(チューリップ)」のプロジェクトを発表。通称「ガーキン」の隣に建設され、新たな観光名所になる...
「日本ケロッグ」が従業員による新しい“運動×食糧支援”のボランティアプログラムを実施中。自宅でのエクササイズ1分=シリアル1食分として期間合計1万食の寄付...
なぜこんな現象が起きるのかは、まだ科学的に解明されていないようですが、動画を提供してくれた消防署によると……。
イケメンと動物の最高ショットはもちろんのこと、今年も売り上げは野生動物保護のために寄付される予定!
植樹をするのではなく、表面を藻類で覆ってしまおうというコンセプト。中国・杭州市に建設される高層ビルに採用予定です。
わずか30年後の未来、東京と千葉を結ぶ海上に地上1,700mの超高層ビル建設計画!?にわかに信じがたい話ですが、英紙「Daily Mail」が「ドバイのブ...
もしかしたら、一部のコアなファンにはお待ちかね。毎年話題のイケメン消防士カレンダーの2018年版が、早くも登場しました。オーストラリアで毎年発売されている...
42の国と地域で4万5000人を対象としておこなった調査「世界でもっとも尊敬されているランキング」で、オバマ夫妻がそれぞれ男性1位、女性1位に選ばれた。
「Uber」が開発を進めている空飛ぶタクシーサービス「Uber Elevate」。プロジェクトのパートナーである「Bell Helicopter 」が、先...
フランスのホテルチェーンのアコーホテルズとデザイナーOra-ïto氏が組んで誕生したのが「Flying Nest(空飛ぶ巣)」と称されたコンテナ。実際に移...
空飛ぶクルマの開発を進めるベンチャー企業「スカイリンクテクノロジーズ」が無人航空機(PPD-150)および航空機(PPD-500)の製造について、経済産業...
少し前にリリースされた「空飛ぶタクシーで時間をかけずに出勤できる!」なんていう、SFのようなニュース。アメリカの配車アプリを運営する「Uber」は、空飛ぶ...
ランボルギーニやフェラーリのパトカーが有名なドバイ警察ですが、今度はホバーバイクで出動です。
男性とばかり付き合ってカラダを重ねていてた。でも、「気持ちいい」と思ったことは一度もなかった。
さすが無印良品!な画期的な新サービスを5つ紹介。
2023年の実用化に向けて「空飛ぶクルマ」の機体開発を目指す「SkyDrive」らと共同で、日本の大手総合スポーツ用品メーカー「ミズノ」が乗員用座席の開発...
サンノゼに拠点を置く企業Aeronesが、ラトビア・リガでデモンストレーションを行った時に使われたドローンは、高層ビルの窓を掃除できるんです。汚れを検知し...
昨年の9月にユニークな本が出版された。タイトルは『シブいビル』。1960年代~70年代の高度経済成長期に建てられた東京のビル群を愛でるという内容で、紹介さ...
「KAGIYAビル」は、静岡のJR浜松駅から徒歩10分のところのある注目のスポット。築50年以上で空き室だらけだったこのビルは、2012年10月に "ショ...
ドバイに世界一高いビルとしてそびえ立つ「ブルジュ・ハリファ」が“世界一高い募金箱”に。募金をおこなうことでブルジュ・ハリファの外見を照らす120万個のLE...
海外では定番の「イケメン消防士カレンダー」ですが、中でも好評なのがフランス編。モノクロで魅せる鍛え抜かれた肉体には、強さと美しさが同居。かと思うと、時おり...