「本物の火災現場」消防士にカメラを付けたら、想像を超えてた・・・(動画あり)

米カリフォルニア州サンバーナーディーノ消防署に第一報が入った。

「建物から火が上がっているのが見える。火事だ!」

すぐさま現場に急行する消防隊員。近隣住民たちは不安げに現場を見ながら、消防車の到着を今や遅しと待っていた…。

スクリーンショット 2015-09-04 15.34.26

ここから先は、消防隊員のヘルメットに装着された小型カメラの映像をもとに。緊迫の火災現場の一部始終を追っていこう。

緊迫の現場に
的確な指示が飛ぶ

スクリーンショット 2015-09-04 15.35.13

消防隊員は、隣接する家屋にも火の手が及んでいることを目視。
現場の状況を把握した隊長の判断で、ホースラインによる積極的な消火活動と同時に、炎上する家屋の屋根に換気穴を開けて、鎮火を図る作戦を指示。ミッション完遂までの時間を30分とした。

人命救助が最優先
それから・・・

スクリーンショット 2015-09-04 15.33.43

まず、消防士たちは、建物内に誰もいないことを確認。大人3名子供4名は、火の手が回る前に建物から自力で脱出。炎の上がる室内から大きな飼い犬を発見し救出、オーナーのもとへと無事に返すことができた。連絡を受けて駆けつけた救急隊(レッドクロス)らが、仮設テントを設置したが、幸いにもけが人はゼロ。

スクリーンショット 2015-09-04 15.37.53

消防隊員は、燃え広がる室内に放水を開始し鎮火にあたる部隊と、家屋の屋根に上がり炎の逃げ道となる換気穴をあける部隊と二手に分かれて作業開始。

迫りくる煙と炎!

屋根の上を念入りに叩いて開放口を確認。迷わずチェーンソーで一気に穴を開けていく。この間も、煙が隊員たちを襲う。開放された穴からは、勢いよく炎が吹き上げる。その様は、まるで生き物。背丈ほどまで迫りくる炎に、まったく怯むことなく淡々と作業をこなしていく隊員たち。

スクリーンショット 2015-09-04 15.45.50

そして30分後…ミッション遂行。
この消火活動に際して、消防車5台、はしご車1台および消防司令長が出動。損害額は、およそ150,000〜200,000ドル(1,790〜2,390万円)。だが、一人の負傷者も出さなかったことは、不幸中の幸いだったではないだろうか。

消防士の活躍を目にする機会なんてほとんどないはず。彼らの活躍の場が多くても当然困る訳だが。
「Firefighter」読んで字のごとく、勇敢に火災と戦う消防士たちの現場を紹介したのは、カリフォルニア州「サンバーナーディーノ消防署」。この動画を通じて、日常から緊急時のための避難経路確保や、家族との集合場所の確認など、火災に備えた心構えを喚起して欲しいと願っている。

Licensed material used with permission by San Bernardino County Fire

中東屈指の世界都市、ドバイの消防局(民間防衛局)が、緊急災害用の設備補強に“ジェットパック”の採用を発表。ニュージーランドのメーカーとの契約締結のニュース...
サウスカロライナ州グリーンビルのベルモント消防署では、9人の消防隊員と50人のボランティア、そして1匹の猫が働いています。猫の名前は炎を意味する「フレイム...
もしかしたら、一部のコアなファンにはお待ちかね。毎年話題のイケメン消防士カレンダーの2018年版が、早くも登場しました。オーストラリアで毎年発売されている...
「お気に入りの本を友だちにオススメしたいですか?」という質問に対して、先生も予想しなかっただろう答えを書いています。
リコッタチーズを単純にはさむのではなく、「スクランブル」にしてタコスの具材にした一品。
海外では定番の「イケメン消防士カレンダー」ですが、中でも好評なのがフランス編。モノクロで魅せる鍛え抜かれた肉体には、強さと美しさが同居。かと思うと、時おり...
せっかく飲み会に誘ってもらったのに、どうしても参加できない。「なんだか、断るの申し訳ないなぁ…」なんて状況はよくあることですよね。でも、これくらいウィット...
欧米では、すでにおなじみ毎年恒例の「消防士カレンダー」。鍛え上げられた肉体を惜しみなく披露するのは、現役フランス人消防士たち。鋼の肉体は然ることながら、美...
「Viral Hog」に掲載されていた動画は、大規模な山火事から車で逃げる様子をおさめたもの。車内で撮影された動画からは、かなりの緊迫感が伝わってきます。...
一度はその目で見てみたいコックピットからの景色。この360度カメラで撮影された動画が、それを実現してくれます。パイロットになった気分でエアバスを操縦してみ...
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...
デジタルカメラから使い捨てカメラまで、写真ブームな昨今。その中で、ハンディで初心者でも使いやすい大判カメラを生産しようと、キックスターターで資金を募ったT...
自分の誕生日会に、招待した友達が1人も来なかったというアメリカ・テキサス州に住む8歳の男の子、Graham Day君。ケーキやピザを用意して待っていたのに...
ここ数年で、電車やバスの乗務員に女性がぐんと増えた印象があります。消防士やパイロットや土木従事者など、マイノリティーではあるものの、はたらく女性のキャリア...
「Arrow Smartwatch」の特徴は、360度に回転するカメラがついているところ。しかも、フルHD(1080P)に対応しているため、SNS投稿には...
アクションカメラ「PITTA」は、マウントを付け替えるだけで、手のひらサイズのドローンへと姿を変えます。使っていないときは、防犯カメラとしても活躍してくれます。
「FITT360」は、首にかけるタイプとなっていて、本体に内蔵されている3つのカメラが、あなたの周囲の光景を切り取ってくれるそうです。つまり、カメラを手に...
カンタス航空は、シドニー国際空港と協力しながら、一部の利用客に顔認証システムを使ったチェックインサービスを提供し始めたようです。
所々焼けて白んでいたり、黒く煤けていたりする。その傷跡ひとつひとつが、炎に立ち向かっていった勲章。たくさんの命を救ってきた服が現場での役目を終えたあと、カ...
今や街のいたるところにある防犯カメラ。どこにどのくらいあるかなど把握しきれないほどだ。けれどあえて人が集まる場所に設置されたアート作品がある。過去のものだ...
「Pinhole Pro」は、デジタル一眼レフ用のレンズ。これを使えば、簡単にピンホール風の写真を撮ることができるのだそう。ピンホール写真は露出の操作がポ...
自分の目的に合ったカメラが欲しい!とは思うものの、一体どれがいいの? インスタの写真をきれいに撮るなら。子どもやペットの思い出をしっかり残すなら。大好きな...
フィルムからデジタルに移行する前夜に発売されたこのカメラは、フィルムカメラの一つの到達点では? 単焦点レンズ搭載でモバイル性にも優れています。
スイスのある地方テレビ局が、取材先での撮影をテレビカメラからすべてiPhone6に切り替えるという。「Cult of Mac」に掲載されたライターDavi...