役目を終えた防火服が、使えるバッグに。

アメリカで、「ヒーロー」と呼ばれている職業。そのアイコンが、蛍光ラインの入ったオレンジ色の防火服です。

所々焼けて白くなっていたり、黒く煤けていたりする。その傷跡一つひとつが、炎に立ち向かっていった勲章。たくさんの命を救ってきた服が現場での役目を終えたあと、「Firefighter Turnout Bags」がバトンを受け取りました。

幾度も死線をくぐり抜けてきた、耐熱性と防水性。軽くてバツグンに強度が高いのが、やっぱり何よりもウリ。外にも中にもポケットは多めで、裏地には中綿が入っているから簡単に裂ける心配もありません。

バックパック、ボストンバッグ、メッセンジャー、クラッチバッグまで、いろんなモデルが発売されています。

色や形、デザインをすべてオーダー出来るカスタムバッグも注文可能です。

Licensed material used with permission by Firefighter Turnout Bags
他の記事を見る
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
Kickstarterでクラウドファンディング中の「Hot Pocket」。シュラフ用バッグであり、電気ブランケットとしても使えます。
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
〈SUBLiME(サブライム)〉の「POCKETABLE WRAP BAG(ポケッタブル ラップ バッグ)」は斜めがけ、肩掛け、ウエストバッグの3WAYで...
使えて語れて格好いい「CHROME」の注目ライン「MXD COLLECTION」のバッグ「MXD PACE」は、ファッションにも気を使いたい若手のビジネス...
ジムでワークアウトをしたあとや、旅行のとき。カバン中に汚れた汗臭い服を入れるのはちょっとイヤですよね。そんな悩みを解決すべく開発され、現在Kickstar...
もしかしたら、一部のコアなファンにはお待ちかね。毎年話題のイケメン消防士カレンダーの2018年版が、早くも登場しました。オーストラリアで毎年発売されている...
専用の背面パッドを併用することで、ノートPCやドキュメントホルダーまでも収納できるようになった。こうなってくると、ちょっとそこまで用じゃない。通勤でも、(...
イケメンと動物の最高ショットはもちろんのこと、今年も売り上げは野生動物保護のために寄付される予定!
身につける服と同じくらい、いや、それ以上にこだわりたいのが「バッグ」というもの。どれだけ上質なジャケットを着て、シルエットの美しいパンツを履いていようと、...
ユーズドのコットンならではの経年変化の味わいもいいが、思い切ったサイズもいい。後ろの自転車と比べてもらえば大きさがわかるだろうか。
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
欧米では、すでにおなじみ毎年恒例の「消防士カレンダー」。鍛え上げられた肉体を惜しみなく披露するのは、現役フランス人消防士たち。鋼の肉体は然ることながら、美...
素材は厚みのある塩ビ。ナイロン製のバッグよりもガッシリしているので、背負った時にバッグのカタチが崩れにくいという意外なメリットがある。もちろん、防水。1,...
本場アメリカだけでなく日本でも人気のブルーボトルコーヒー。11月12日から、彼らがホリデーギフトコレクションとして売り出す「ラッピング バッグ」の紹介です。
〈REVELATE DESIGNS(レベレイトデザイン)〉の「フィードバッグ」は、ハンドルに付けるドリンクホルダーのような役割。ただし、自転車用ボトル以外...
サウスカロライナ州グリーンビルのベルモント消防署では、9人の消防隊員と50人のボランティア、そして1匹の猫が働いています。猫の名前は炎を意味する「フレイム...
こちらは米郵便局〈US POSTAL SERVICE〉のメールバッグ。実際に郵便物の配達に使われているモノだそうです。用途が用途だけに、かなり頑丈なナイロン製。
スイムブランド〈SPEEDO(スピード)〉とスポーツライフスタイルショップ〈NEUTRALWORKS.〉のダブルネーム。
海外では定番の「イケメン消防士カレンダー」ですが、中でも好評なのがフランス編。モノクロで魅せる鍛え抜かれた肉体には、強さと美しさが同居。かと思うと、時おり...