消防士用に匹敵するハイスペックな「アウトドアグローブ」

枝や石を集めたり、ナイフや斧で薪を割ったりと、アウトドアでは手をしっかりガードしたいシーンが多いもの。

そこで、超高性能で、かつカッコよくキマるアウトドアグローブ「TAKI BE GLOVE」をご紹介。

このグローブの最大の特徴は火や熱に強いトコロ

消防庁などの官庁との取り引きも多い老舗の作業用手袋メーカー「ダイコープロダクト」が製造しており、指先部分と手のひらに消防士用の手袋にも使用されるプロユースの難燃性シリコン素材を配して、焚き火中の薪操作にも使用できる。

また、本体にはエンボス加工が施されており、耐久性耐熱性耐切創性を高めるとともに、強力なグリップ力まで兼ね備えている。

TAKI BE GLOVEのグリップ力
©Makuake
TAKI BE GLOVE 焚き火での使用例
©Makuake
TAKI BE GLOVE 焚き火での使用例
©Makuake

生地のカットから縫製、仕上げまで、匠の技を持つ熟練の職人が手作業でおこなっており、緻密な作りと美しくムラのない仕上がりは、老舗メーカーならでは。

もちろん、アウトドアシーン以外にも、日曜大工庭木の剪定、家庭用の薪ストーブに薪をくべるときなど、日常的な使用にも十分向いていそうだ。

手の安全性を高めるだけでなく、タフな見た目がムードを盛り上げてくれ、あらゆる角度から手厚くサポートしてくれるナイスなアウトドアギア

気になる方は、こちらのページをチェックだ!

TAKI BE GLOVE の仕上がり
©Makuake
TAKI BE GLOVE カラーバリエーション
©Makuake
Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事