「カッコイイ!」だけじゃない手袋

アイスグレー×ブラック×ネオンイエローのリフレクターという最強の配色(と、僕が勝手に思っている)のグローブ。「tet.(テト)」というブランドのrunners gloveというモデルです。

「およよよよ!このグローブ、この色、黒いアウターに合わせたら絶対カッコイイはず!!」というだけの理由でポチったんだけど、実際にはめてみるとめちゃくちゃ調子いい。

見た目以上に暖かいし、ドライな素材感も快適。タッチパネルにも対応。当初の目論見の通り、黒いアウターとの相性もバッチリです。

©2020 NEW STANDARD
©2020 NEW STANDARD

で、あんまり調子いいから、このtet.というブランドをちゃんと調べてみたら、香川県の東かがわ市発。この町は日本一の手袋の産地らしいです。知らなかったー。

手袋の種類も豊富で、いろいろ試したくなったので、もう1双購入。上のランニング用とは違って、アウトドアやガーデニングなんかを想定したworkers gloveです。

©2020 NEW STANDARD
©2020 NEW STANDARD

軍手にしては洒落すぎでしょ!

ゴワつく感じは一切ナシ。グリップ力があるので、サイクリング用にもいいです。

価格はrunners gloveが6,000円(税別)、workers gloveが1,000円(税別)。そんなに高くないんです。

今、僕らがリアルに使っているもの「ビー!」まとめ

関連する記事

荷物運び用から焚き火用まで、用途に応じて様々なモデルがラインナップされているアウトドア用グローブ。「アウトドアリサーチ」や「ペトロマックス」など、こだわり...
ヨーロッパではグローブにさまざまな動物の革を使用するのに対し、アメリカでは「ディアスキン<鹿皮>」一辺倒。その理由とは?
応援購入サービス「Makuake」で販売されている「抗菌シルク手袋」は99.9%の抗菌効果を発揮するスグレモノ。タッチパネルへの対応や、96.1%のUVカ...
イギリス製にこだわる僕にとってグローブといえば〈DENTS(デンツ)〉。200年以上の歴史があり、今でも手縫いで製作、英国王室御用達としてもよく知られる、...
本格スパイスブランド「GABAN」とアウトドア料理のパイオニア・田中ケン氏の共同開発で生まれた、アウトドア特化型のミックススパイス。
〈GRIP SWANY(グリップスワニー)〉の「GSP-45 GEAR SHORTS」。サプレックスを使用した素材感が軽やかな着心地を実現。
スウェーデンのアウトドアブランド〈Haglöfs(ホグロフス)〉。高機能は言うに及ばず、北欧発らしいスマートなウェアが魅力です。そんな〈Haglöfs〉の...

人気の記事

渋谷PARCOに先週7日(日)から「スウォッチ」の新作「ミッキーマウス x キース・へリング コレクション」をフィーチャーポップアップストアが登場。今月2...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...