いっそ宇宙から吊り下げちゃえ!という高層ビル計画がある。

エッフェル塔、エンパイア・ステート・ビルディング、ブルジュ・ハリファ...人類はその文明を誇るため、より高い建築物を作り上げてきました。

Clouds Architecture Office」が進める仮想プロジェクトも、そんな高層建築物のひとつ。

ただひとつ違うのは「地上から空中」ではなく、「宇宙から地上」に向けて吊り下げる、ということ。

宇宙から
吊り下げるビル!?

この斬新な建築物の名前は「Analemma Tower」。空中から地上に伸びるその外見は、もはや高いとか長いの議論ではない、圧倒的なインパクト。

全長はなんと32,000m。世界一高い建築物であるブルジュ・ハリファが828mなので、桁が違うどころではありません。

一体どこに建てるの?というのはもっともな疑問ですが、地球上の軌道にある小惑星にビルを建て、地球までつり下げるという設計なのだそうです。

地上に場所を取らないためタワーはどこにでも建ることができ、さらに軌道に乗って北半球と南半球の間を毎日移動することができるのだとか…。

移動するタワーは、超強度ケーブルを介して地上のビルと接続可能。

ビルは移動していきますが、たとえば「ニューヨークでは速度が最も遅くなるように設定する」など、軌道をコントロールすることもシミュレーションしているとか。

小惑星を操作して
軌道上に再配置する

そんな都合のいい小惑星あるの?と思ってしまいますが、実際NASAにも小惑星再配置の計画があり、そこからインスパイアされたもの。

また、欧州宇宙機関(ESA)のロゼッタミッション(彗星に上陸し、宇宙の物質と相互作用が可能であることを証明)を参考に、「小惑星探査任務」を2021年に予定しているとのこと。

タワーを通して
宇宙と地上を行き来する

このビルの構想に携わるRudakevychさんによると、タワーの最先端の電磁気エレベーターとともに、人々がタワーと地表の間を行き来できる「大型旅客ドローン」も計画しているそうです。

SFでたびたび目にしてきた宇宙エレベーターですが、少しイメージが違うけど、実際はこの「Analemma Tower」のような形で、私たちの目の前に誕生するのかもしれません。

Licensed material used with permission by Clouds Architecture Office
宇宙探索ソフト、SpaceEngine。自分で惑星をつくったりマニュアルを覚えて宇宙船を操作したり。とにかくリアルです!
こっちはもう、夏真っ盛りだわよ〜。
わずか30年後の未来、東京と千葉を結ぶ海上に地上1,700mの超高層ビル建設計画!?にわかに信じがたい話ですが、英紙「Daily Mail」が「ドバイのブ...
宇宙ステーションの乗組員53名のために、シェフたちが無重力空間でのPIZZA作りにチャレンジしました。ほんとうに大丈夫?
イタリアにある「ピサの斜塔」は、2001年に終わった改装工事のおかげで、その傾きを40cmくらい改善できました。それから17年の間に、ちょっとだけまっすぐ...
全28種類!L.A.スタイルのパイ専門店※撮影した期間限定の六本木店は閉店しました。Pie Holic〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1丁目3番...
「NASA」が宇宙などで撮られた写真や動画、音声ファイルを検索し、ダウンロードできるサイト「NASA Image and Video Library」を新...
近年、欧米では環境持続性の観点から木造建築が見直されているといいます。温暖化防止のひとつの策として、鉄筋コンクリート(RC造)から木造化へという動きも。で...
宇宙に行きたい人、手をあげて!2015年12月14日、NASAが「求人募集」を開始します。どうやら火星探査に必要な300名以上の宇宙飛行士を集めようとして...
火星調査プロジェクトが本格化する米航空宇宙局(NASA)。今年度、宇宙飛行士に採用が決まった8名のうち、なんと半数は女性。NASAは恣意的なものでなく、あ...
プロポーズしたある男性。彼女の指に指輪をはめようとしたその瞬間、大きすぎたソレは排水口の中にポチャッ。その後、警察がリアルとネットを使った“本気の捜索活動...
イラストレーターのThomas Duboisが描くのは、「宇宙の先」を考えさせるリアルな物語。国際宇宙ステーションが爆発し、無重力空間を漂うこととなった宇...
宇宙飛行士になるための基礎知識と身体能力が鍛えられる「Space Nation Navigator」。
日進月歩で研究が進み、ますます宇宙への進出が現実を帯びてきました。とはいえ宇宙に出るには当然、特別な訓練が必要です。今までは選ばれた数少ない宇宙飛行士しか...
ロシアのソユーズロケットに乗って宇宙を旅した、高知県ひまわり乳業の乳酸菌。その子孫たちを使って作られたグミ、その名も「宇宙のグミ」を紹介する。商品開発の経...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
地球からおよそ400キロ上空を飛行する、国際宇宙ステーション(ISS)。その内部を映し出した映像が、NASAによって公開された。およそ18分間の4K動画は...
数多くの候補者のなかから、特別に優秀な人材だけがそのチャンスを掴むことのできる職業、それが宇宙飛行士。地球を遥か離れた宇宙に飛び立つのは、人類の中でもほん...
2015年9月。「1年計画」に挑戦している宇宙飛行士が国際宇宙ステーションで生活を始めてから半年ほどが経ちました。以下の画像は、長期間宇宙で生活するってど...
宇宙空間で野菜の栽培をしている写真を見たことがありますか?国際宇宙ステーションでは、いまNASAの「水耕栽培」システムで植物の栽培研究が行われているそうで...
NASAの公式ホームページに、国際宇宙ステーションから見る地球の日の出の写真が投稿された。発表したのは、宇宙飛行士のスコット・ケリー氏。8月10日に撮影し...
2018年に民間人2人を乗せたロケットで、月周回計画を行うと発表したスペースX。夢の未来が着実に近づいている感触はあるんだけど、それでもまだまだ先の話。け...
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
地上から約400kmの上空に建設された国際宇宙ステーション(ISS)。この巨大な有人実験施設から、地球の表面に漂うオーロラを捉えた映像をNASAが公開した...