欧米で「木造」高層タワーの建設ラッシュがはじまった

近年、欧米では環境持続性の観点から木造建築が見直されているといいます。温暖化防止のひとつの策として、鉄筋コンクリート(RC造)から木造化へという動きも。でもこれ、一般家屋や低層階の集合住宅に限った話ではないんです。なぜなら、高層ビルまで木造だっていうんだから。

木材でも高層ビルが建つ!?

Af791b0a6866ad84ac16b6cef16e442c44dd04ae
Photo by PLP Architecture

高層ビルの建材に「木材」を使用する。これまで現実不可能に思えた工法に、いま世界の建築業界が熱視線を注いでいます。

実のところ、すでに欧州では地上高30mを超える木造タワーが建ちはじめ、「鉄筋コンクリートから木材へ」の流れは着実にパラダイムシフトを生み、いよいよこれを高層化させる取り組みが現実のものに、というのが正確なところ。

コンクリートに匹敵する強度
集合素材「CLT」

Fd6825940e0a248104caab55ffade8220e0065f5
Photo by Acton Ostry Architects Inc. & University of British Columbia

これを可能にしたのが、1990年代のオーストリアで開発された集合素材「CLT(クロス・ラミネイティッド・ティンバー)」。ざっくり言えば、板の層を張り合わせた厚型パネルです。

従来の集合材が繊維を並行にしていたのに対し、CLTは繊維方向が直交。これがコンクリートに匹敵する強度と、柱や梁にも使える厚み、耐久性も格段にUPでき、そして軽い。木造高層タワーの実現は、このCLTなくしてありなかったわけです。

「木造高層タワー」が、
都市建築のスタンダードになる

2ed63696408b416f7ab1ce1333d02bcf3fa5587f
Photo by PLP Architecture
E9d4a7f33f7d3a6f9dd7f354aea0cc476a55cfee
Photo by PLP Architecture

 欧州各国でCLTを用いた高層タワー計画がつぎつぎと発表されるのも、決して絵空事ではありません。

たとえば、今年ケンブリッジ大学と2つの建築デザイン事務所による共同チームが、ロンドンのバービガン・エステートに地上80階、高さ300mの木造ビルの建築計画を市に提案。

再生可能な資材を用いるメリットだけでなく、コストを抑え、鉄筋コンクリート造の約1/4の重量で仕上がる試算から、「社交的で創造的な21世紀の都市型生活のベースになる」と自信をのぞかせています。

また、アムステルダムでも、2017年4月より21階建の木造マンションが建設予定。シカゴでも再開発中のリバーサイドに木造タワーのプロジェクトが進行中だそう。

省エネ設計の
木造マンションも

06a248c8b77f3c3271ed066bebddd8ad6a470fd2
Photo by Acton Ostry Architects Inc. & University of British Columbia
A349d88ed0048a7c311f4f3a0834ea5554a99a78
Photo by Acton Ostry Architects Inc. & University of British Columbia

こちらはバンクーバーのブリティッシュコロンビア大学内に現在建設中の学生寮。地上18階建て。床、梁、壁にCLTを全面に活用し、ツーバイフォー(2×4)形式でパネルをはめ込んでいく様子がうかがえます。

そうそう、CLTは熱にも強い。もともと木は鉄筋やコンクリートと比べても断熱性に優れているんだとか。こうした特性を生かした省エネ設計が、21世紀型の都市構造の基盤をなす。RC構造に取ってかわる日は近いのかもしれませんね。

Top Photo by PLP Architecture
Reference:The Telegraph,
現存する世界最古の木造建築といえば、言わずと知れた法隆寺。で、およそ1400年後の現代において、NYセントラルパークに世界で最も高い木造タワー建造計画が持...
わずか30年後の未来、東京と千葉を結ぶ海上に地上1,700mの超高層ビル建設計画!?にわかに信じがたい話ですが、英紙「Daily Mail」が「ドバイのブ...
エッフェル塔、エンパイア・ステート・ビルディング、ブルジュ・ハリファ...人類はその文明を誇るため、より高い建築物を作り上げてきました。「Clouds A...
現時点ではあくまでも構想段階だが、将来的にはとんでもない「高層マンション」が登場する可能性がある。そう聞くと、多くの人は「高さ」にフォーカスしたものだと思...
身近に自然を感じられる暮らし。そんな理想を叶えるための選択肢として、建物全体が緑に囲まれているというのは嬉しいアイデアですよね。スイスに建設予定の117メ...
中東屈指の世界都市、ドバイの消防局(民間防衛局)が、緊急災害用の設備補強に“ジェットパック”の採用を発表。ニュージーランドのメーカーとの契約締結のニュース...
発展が目覚ましい台北・東部の信義地区。このエリアに2017年内の竣工に向け、急ピッチで建設作業が続くタワーがあります。すでにその異様な容姿を目にした旅行者...
Big Benといえば、言わずと知れたロンドンのウェストミンスター宮殿(国会議事堂)に付属する時計台。ですが、こちらはNYに建設計画中だという「The B...
ミシガン湖の側にそびえ立つ、344mの超高層タワー「360 CHICAGO」。ここからは、シカゴの街並みや湖畔などの美しい景色が一望できます。特に注目なの...
夏に非常に暑くなることから、「中国三大ボイラー」とも言われる都市のひとつ、南京。この南京の暑さを有効活用して造られた、2018年に完成するビルは、まるで森...
所狭しと高層ビルが立ち並ぶ摩天楼「NY」。そんな街で暮らすニューヨーカーたちの憩いの場「セントラルパーク」に、仰天のコンセプトデザインが提案されました。「...
知的なゲームとしての一面はもちろん、その美しい駒がインテリアとして愛されることも多い「チェス」。そんなチェスの駒を、アメリカの有名な都市のランドマークでか...
世界の海に浮遊する海洋プラスチックゴミを再利用して、海中に持続可能な都市空間を建設する。発想が飛躍しすぎて、もはやSF映画のようですよね。これを大真面目に...
昨年の9月にユニークな本が出版された。タイトルは『シブいビル』。1960年代~70年代の高度経済成長期に建てられた東京のビル群を愛でるという内容で、紹介さ...
アーティストであり、建築家でもあるPhilip Beesleyさんのアートは、たくさんのテクノロジー要素が盛り込まれたもの。それだけでなく、建築の未来も変...
日本人フォトグラファー・MAR SHIRASUNAの作品『Beauty and NYC』。ニューヨークの高層ビルで、屋上のふちに佇む美女を撮ったもの。NY...
建築模型には、建築家の思考プロセスが集約されています。つまり、それは完成度の高い彫刻作品なのです!それが名だたる有名建築であればなおのこと。2016年6月...
経済産業省の発表によると、日本における太陽電池生産額は約1兆円マーケット。民家の屋根にパネルを設置している風景も目新しいものではなくなりましたよね。小型、...
日当たり良好な部屋…のように見えるけど、実はコレ「CoeLux」という人工的な照明パネルによるもの!ここは窓の無い部屋なのです。イタリア・インスブリア大学...
ロンドンの中心地。テムズ川沿いのナイン・エルムズ上空に世界初となるガラス製の透明なプールが建設されるそうだ。25mプールが2棟の高級マンションの屋上を結ぶ...