高さ70mの「高層木造ビル」が東京・日本橋に誕生【2025年】

東京・日本橋に国内最大にして最高層となる地上17階建て高さ70mを誇る“木造高層ビル”が建築される。「三井不動産」「竹中工務店」が計画し、2025年の完成を目指しているという。

発表によると、このビルの建設は、サステイナブルな社会の実現に向けた大きな一歩を踏み出す取り組みなのだとか。

木造ビルの建築時に排出されるCo2排出量は、一般的な鉄骨ビルと比較して20%も少ない。そして「竹中工務店」が提言する「森林グランドサイクル」では、森林を「伐採」→「木材として使用」→「植林」といった計画的なサイクルで活用。木造ビルの建築が森林の適切な活用方法となれば「無計画な伐採」「資源の無駄使い」も防止できそうだ。

日本橋 木造ビル 三井不動産 竹中工務店
©三井不動産

なお、木造建築物の最大の弱点ともいえる耐火性能においては、最先端の耐火集成材「燃エンウッド」を使用することで克服。

しかし、ビル用の木材は需要も生産量も少ないことから、コスト的にもコンクリート建築が優ってしまっているのが現状。なるほど、木造ビルがいまだ希少な存在であることも納得できる。

5年後、この大型木造ビルの完成をきっかけに、街と自然の環境がよりよい変化を遂げることに期待したい。

Top image: © 三井不動産
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
近年、欧米では環境持続性の観点から木造建築が見直されているといいます。温暖化防止のひとつの策として、鉄筋コンクリート(RC造)から木造化へという動きも。で...
サンノゼに拠点を置く企業Aeronesが、ラトビア・リガでデモンストレーションを行った時に使われたドローンは、高層ビルの窓を掃除できるんです。汚れを検知し...
わずか30年後の未来、東京と千葉を結ぶ海上に地上1,700mの超高層ビル建設計画!?にわかに信じがたい話ですが、英紙「Daily Mail」が「ドバイのブ...
植樹をするのではなく、表面を藻類で覆ってしまおうというコンセプト。中国・杭州市に建設される高層ビルに採用予定です。
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
デンマークの人口約7000人の町ブランデに建築予定の高層ビル「Tower & Village」。高さは320メートルを想定されていて、完成すれば、西ヨーロ...
ロンドンの建築デザイン事務所が、超高層ビル「The Tulip(チューリップ)」のプロジェクトを発表。通称「ガーキン」の隣に建設され、新たな観光名所になる...
スリランカ大統領府は6日、森林保護のためチェーンソーの輸入禁止、そして、5年以内にスリランカ国内の製材所を閉鎖する方針を発表しました。
スウェーデンに「Kajstaden」と名付けられた9階建ての木造マンションが誕生。建築事務所「C.F. Møller Architects」が設計をおこな...
「コロナ災禍下も日本橋から日本を元気にしよう」と、日本橋を代表する老舗店舗が一堂に会したオンラインストア「江戸東京一」がオープン。
デザインスタジオ「hej」が「Corona Food Masks(コロナフードマスク)」を考案した。マスクの着用は感染対策に有効である一方で、見た目や装用...
昨年の9月にユニークな本が出版された。タイトルは『シブいビル』。1960年代~70年代の高度経済成長期に建てられた東京のビル群を愛でるという内容で、紹介さ...
木から生まれた地球に優しい「SANLAI 立体型マスク」が応援購入サービス「Makuake」にて販売中。森林活用の適切なサイクルを生み、最後はまた地球に還...
森ビルは、これまで30年をかけて計画を進めてきた虎ノ門・麻布台地区の再開発プロジェクトを発表。2023年に完成予定のスポットは、多様な都市機能を高度に融合...
アメリカのバークレー市は、「ガス」の使用禁止を決定。地球温暖化対策として、2020年から施行されるようだ。
11月16日、「キングパワーマハナコン」というバンコクの複合施設の最上階に、マハナコンスカイウォークがオープンしました。高さは、東京タワーよりもちょっと低...
せわしない現代社会では、不安やストレスを抱えながら生活している人も少なくないだろう。そんな不安やストレスを軽減するためには、かわいい動物の写真や動画を見る...
日本を代表する画家「葛飾北斎」。日本だけではなく世界中で愛されている北斎だが、そんな北斎の「幻の挿絵」が「大英博物館」のオンラインで公開されることになった。
夏に非常に暑くなることから、「中国三大ボイラー」とも言われる都市のひとつ、南京。この南京の暑さを有効活用して造られた、2018年に完成するビルは、まるで森...
「株式会社ユーグレナ」と「銀座久兵衛」がコラボし、地球温暖化により海洋生態系が破壊され、寿司から日本近海のネタが消える未来を予測した「寿司が消える日」。
「アーティストが住みついたビル」というコンセプトの新しいスポットが、2017年9月16日にオープンした。場所は、日本橋。一棟ビル丸ごと使ってアート・音楽・...
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
いまスパークリングワインはイギリスに注目!なかでもこの1本は、シャンパンを評価するのとほぼ同じな味。
NASAの地球観測衛星「ランドサット」がとらえた、アラスカの氷河・氷床の映像。過去47年分の大地の記録。