高さ70mの「高層木造ビル」が東京・日本橋に誕生【2025年】

東京・日本橋に国内最大にして最高層となる地上17階建て高さ70mを誇る“木造高層ビル”が建築される。「三井不動産」「竹中工務店」が計画し、2025年の完成を目指しているという。

発表によると、このビルの建設は、サステイナブルな社会の実現に向けた大きな一歩を踏み出す取り組みなのだとか。

木造ビルの建築時に排出されるCo2排出量は、一般的な鉄骨ビルと比較して20%も少ない。そして「竹中工務店」が提言する「森林グランドサイクル」では、森林を「伐採」→「木材として使用」→「植林」といった計画的なサイクルで活用。木造ビルの建築が森林の適切な活用方法となれば「無計画な伐採」「資源の無駄使い」も防止できそうだ。

日本橋 木造ビル 三井不動産 竹中工務店
©三井不動産

なお、木造建築物の最大の弱点ともいえる耐火性能においては、最先端の耐火集成材「燃エンウッド」を使用することで克服。

しかし、ビル用の木材は需要も生産量も少ないことから、コスト的にもコンクリート建築が優ってしまっているのが現状。なるほど、木造ビルがいまだ希少な存在であることも納得できる。

5年後、この大型木造ビルの完成をきっかけに、街と自然の環境がよりよい変化を遂げることに期待したい。

Top image: © 三井不動産
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

近年、欧米では環境持続性の観点から木造建築が見直されているといいます。温暖化防止のひとつの策として、鉄筋コンクリート(RC造)から木造化へという動きも。で...
植樹をするのではなく、表面を藻類で覆ってしまおうというコンセプト。中国・杭州市に建設される高層ビルに採用予定です。
サンノゼに拠点を置く企業Aeronesが、ラトビア・リガでデモンストレーションを行った時に使われたドローンは、高層ビルの窓を掃除できるんです。汚れを検知し...
わずか30年後の未来、東京と千葉を結ぶ海上に地上1,700mの超高層ビル建設計画!?にわかに信じがたい話ですが、英紙「Daily Mail」が「ドバイのブ...
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
デンマークの人口約7000人の町ブランデに建築予定の高層ビル「Tower & Village」。高さは320メートルを想定されていて、完成すれば、西ヨーロ...
「Zaha Hadid Architects」がデザインコンペを勝ち取った中国・深センに建築される高層ビル「Tower C」がカッコいい。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
映画のなかで猟奇殺人犯のバッファロー・ビルが拠点にしていた家が、現在、宿泊施設に改装されているらしい。4つのベッドルーム、1つのバスルームが備えられており...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...