「目的?とくにありません」。今年も開催した、ノーパンツ地下鉄ジャック

ニューヨークで16年間、一度も休むことなく毎年開催されているイベント、その名も…「ノー・パンツ・サブウェイ・ライド」。2017年も無事(?)1/8に開催されたとのこと。

ちなみに、ここで言うノーパンツとはパンツ一丁(ズボンなし)のこと。NYのいたずら集団「Improv Everywhere」が主催する、みんなで下着姿になって地下鉄に乗っちゃおうという愉快なプロジェクトですが、気になるのは、いったいなんのために?

寒さにも負けず
パンツ一丁

D3c3460b81fc08c823692a319ceb5f9eea6cd198

2017年は極寒に見舞われ、なんと当日の気温は-5℃!でも、寒さなんかに負けていられません。ノーパンツのためならね。

今年はNYの7ヶ所でミーティングが開かれ、11駅の地下鉄に登場した彼ら。

さらに、このムーブメントはNYだけにとどまっているわけではありません。オフィシャルHPによれば、この日、なんと世界25ヶ国以上の60都市にて数万人が“脱いだ”ことになるそうです。

880c322e570b460436fa4f6eff42e55c2132c7d8

地下鉄に乗るやいなや、パンツを脱ぎ捨て下着姿になる参加者たち。

0a75735e328900e8a1cc2486a89e918646962d9a

電車のなかはこんな感じ。車両によっては、もはやパンツを履いている人のほうがマイノリティ、という有様です。

36d3c174c5927d1d8d3d1cc14cefb1fe4e0410fa

目の前の人がノーパンツでも、意外とみんな気にしない。

A2935272e6ae348f04b7f0f9ab38ef899c2930c3

日頃はできないコーディネートにだってチャレンジできちゃいます。この女性は、マフラーと下着の色を揃えるオシャレ上級者の着こなし。

Bf3d7722b7bf5b84daadb3cf002020e7a08bc5a5

小さい子どもだってノーパンツ。オレンジに白の水玉というペアルックで、親子の絆をアピールしています。

「ただ、楽しいから!」

0d5b886c37afb72e5d8bd998ecce5cf5b97ba45c

なぜ真冬のニューヨークで16年もの間、ノーパンツになり続けているのか。主催者にコメントをもらいました。

ーなぜ、毎年こんなことを続けているのですか?

「まぁ毎年の恒例行事みたいになってきたし、みんな楽しそうだしね」

ー今年ならではの新しい発見は?

「いや、別にないかな?もう16年もやってるしね。でも毎年、必ず初参加の人がいるから、そういう人は楽しめてるんじゃないかなって思うよ」

ーこのイベントについて、何かメッセージを。

「特にないかな!」

ということで、こういったイベントにありがちな「深い意味」は、とくにないそうです。ただ楽しいから、というだけで16年も続いているなんて、かえってすごいような気もしますね…。

じつはこのイベント、主催者の公式なライセンスを得て、2015年から東京でも開催されています。ノーパンツを体験したい人は、来年を楽しみに待ちましょう。

Licensed material used with permission by ImprovEverywhere.com
2016年1月10日、NYの地下鉄に突如、ズボンやスカートを身につけずパンツ姿の集団が現れた。外は真冬の寒さ。寒くない訳がないし、履き忘れて家を出ちゃった...
昨年も紹介したけれどNY在中の『Improv Everywhere』という集団による「No Pants Subway Ride」が今年も開催。簡単にいうと...
ニューヨークを舞台にImprovEverywhere.comによって企画されたのは、地下鉄で友人のサプライズ誕生日パーティーを開こうというもの。ある女性は...
リフティングができるほどの運動機能性が備わっているという。数ある機能を重視したフォーマルなパンツのなかでも、フットボールメーカーが“リフティングできる!”...
マレーシア人のSaraswatiさんは、メイクをする時、普段から身に着けているヒジャブもフル活用するメイクアップアーティスト。折ったり結んだりして、自由自...
7月31日にイングランドサッカー協会が、2018-19シーズンから監督にもイエローカードとレッドカードを提示すると発表しました。
代々木上原の『タテイスカンナ』で〈Anti-weathers(アンチウェザーズ)〉に別注をかけた「アンドロップパンツ」はアウトドアに最適な機能が満載。ロー...
「Nadi X」は、足首と膝、お尻にセンサーが埋め込まれているヨガパンツ。
NYを走る地下鉄に出現したのは、図書館風にデコレーションされたラッピング車両。移動中も無料Wi-Fiに接続すれば、図書館の本をバーチャルで閲覧することがで...
原宿を彷彿とさせるポップな色彩に、キュートな電子音。さながら日本のミュージックビデオみたいですが、実はこれ、ロサンゼルスの地下鉄会社が作ったマナー啓発動画...
プーケットにある「Baba Nest」。ラグジュアリーホテルの最上階にあるこのカフェからは、パノラマの絶景を堪能できます。しかも、視界を遮る障害物はなく3...
あのペラペラの太いパンツをもとに、“2018年の日本の都市でかっこよく、快適に履けるパンツ”へとアップデートしたのが、この「コンフォータブルパンツ」だ。
北欧スウェーデンの首都ストックホルム市内には、赤、青、緑の3本の地下鉄路線がある。3路線の全長は100km以上にもなり、じつに100駅が存在する。その中で...
舞台はマンハッタン、女性は帰宅途中に地下鉄の構内で、線路に突き落とす殺人現場を目撃してしまった。この瞬間を境に、彼女の日常に深く根を下ろしたのは、想像を絶...
生理は女性にとって切っても切り離せないもの。でも毎月その現象と付き合っているのは、必ずしも「女性」だけとは限りません。性別に関係なく、生理がくる全ての人が...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
電車って、意外に「人間の素」が出てしまう場所だと思う。なぜか気が緩んでいる人が多くて、見ていると結構おもしろいんですよね。だから、地下鉄に潜むモンスターの...
調理から薪割りまで、アウトドアシーンで一本あると何かと便利で頼りになる「ナイフ」。手に取りやすい価格でありながら、高い実用性と抜群のかっこよさを誇るモデル...
汗のいやな臭いを吸収してくれるズボン。秘密は、素材の一部に使われているコーヒーの出がらし。夏場でも、1日中快適に過ごすことができそう。
トランクスタイプっていうだけで、敬遠する人もいると思いますが、「SIXTINE'S」のパンツには、フロントのインナーにライニングが付いています。ゆえに見た...
息をすることすら忘れてしまう「忙しい日々」に追われれば追われるほど、つい「解放感」を求めてしまうもの。そこで「Elite Daily」のライターAlexi...
ここに一つ感動的な動画を紹介します。ニューヨークの地下鉄で、花を売る女性。1輪1米ドル(120円ほど)で売っていたところ、ある男性が彼女に話しかけます。「...
目の前で、見知らぬおじさんが突然大声を出して笑い出したらあなたはどう思うでしょうか?ここで紹介するのは地下鉄の様子を撮影した動画。一人の中年男性が突然ひと...
誰だって人に言えない、だけど本当は人に聞いてほしい悩みを持っているもの。ニューヨークの小学生、Ciroくんもそんな悩みを抱えていた経験があるそうです。11...