「目的?とくにありません」。今年も開催した、ノーパンツ地下鉄ジャック

ニューヨークで16年間、一度も休むことなく毎年開催されているイベント、その名も…「ノー・パンツ・サブウェイ・ライド」。2017年も無事(?)1/8に開催されたとのこと。

ちなみに、ここで言うノーパンツとはパンツ一丁(ズボンなし)のこと。NYのいたずら集団「Improv Everywhere」が主催する、みんなで下着姿になって地下鉄に乗っちゃおうという愉快なプロジェクトですが、気になるのは、いったいなんのために?

寒さにも負けず
パンツ一丁

2017年は極寒に見舞われ、なんと当日の気温は-5℃!でも、寒さなんかに負けていられません。ノーパンツのためならね。

今年はNYの7ヶ所でミーティングが開かれ、11駅の地下鉄に登場した彼ら。

さらに、このムーブメントはNYだけにとどまっているわけではありません。オフィシャルHPによれば、この日、なんと世界25ヶ国以上の60都市にて数万人が“脱いだ”ことになるそうです。

地下鉄に乗るやいなや、パンツを脱ぎ捨て下着姿になる参加者たち。

電車のなかはこんな感じ。車両によっては、もはやパンツを履いている人のほうがマイノリティ、という有様です。

目の前の人がノーパンツでも、意外とみんな気にしない。

日頃はできないコーディネートにだってチャレンジできちゃいます。この女性は、マフラーと下着の色を揃えるオシャレ上級者の着こなし。

小さい子どもだってノーパンツ。オレンジに白の水玉というペアルックで、親子の絆をアピールしています。

「ただ、楽しいから!」

なぜ真冬のニューヨークで16年もの間、ノーパンツになり続けているのか。主催者にコメントをもらいました。

ーなぜ、毎年こんなことを続けているのですか?

「まぁ毎年の恒例行事みたいになってきたし、みんな楽しそうだしね」

ー今年ならではの新しい発見は?

「いや、別にないかな?もう16年もやってるしね。でも毎年、必ず初参加の人がいるから、そういう人は楽しめてるんじゃないかなって思うよ」

ーこのイベントについて、何かメッセージを。

「特にないかな!」

ということで、こういったイベントにありがちな「深い意味」は、とくにないそうです。ただ楽しいから、というだけで16年も続いているなんて、かえってすごいような気もしますね…。

じつはこのイベント、主催者の公式なライセンスを得て、2015年から東京でも開催されています。ノーパンツを体験したい人は、来年を楽しみに待ちましょう。

Licensed material used with permission by ImprovEverywhere.com
2016年1月10日、NYの地下鉄に突如、ズボンやスカートを身につけずパンツ姿の集団が現れた。外は真冬の寒さ。寒くない訳がないし、履き忘れて家を出ちゃった...
昨年も紹介したけれどNY在中の『Improv Everywhere』という集団による「No Pants Subway Ride」が今年も開催。簡単にいうと...
ニューヨークを舞台にImprovEverywhere.comによって企画されたのは、地下鉄で友人のサプライズ誕生日パーティーを開こうというもの。ある女性は...
リフティングができるほどの運動機能性が備わっているという。数ある機能を重視したフォーマルなパンツのなかでも、フットボールメーカーが“リフティングできる!”...
無人運転を想定した、ブダペスト地下鉄1号線用の新車両デザインです。
あのペラペラの太いパンツをもとに、“2018年の日本の都市でかっこよく、快適に履けるパンツ”へとアップデートしたのが、この「コンフォータブルパンツ」だ。
「Nadi X」は、足首と膝、お尻にセンサーが埋め込まれているヨガパンツ。
12月、パリの地下鉄で起きたイタズラが話題となりました。電車内に藁と干し草が敷き詰められるという“事件”。これ、満員電車に痺れを切らした人々の抗議でした。...
パリの魅力に磨きをかけるプロジェクト「Réinventer Paris 2」。その一翼を担うのが「Le Terminus」。使われなくなった地下鉄の駅がレ...
NYを走る地下鉄に出現したのは、図書館風にデコレーションされたラッピング車両。移動中も無料Wi-Fiに接続すれば、図書館の本をバーチャルで閲覧することがで...
代々木上原の『タテイスカンナ』で〈Anti-weathers(アンチウェザーズ)〉に別注をかけた「アンドロップパンツ」はアウトドアに最適な機能が満載。ロー...
「カーハート」「KAVU」「ヘリコンテックス」「クリフワークウェア」、心置きなく外遊びを満喫できる「丈夫さ」に特化したパンツを4つピックアップしました。
多くの人の注目を集めるのが上手いIKEAイズムの真骨頂とも言えるのが、この広告キャンペーンです。新店舗オープンの際に、パリの地下鉄の駅をショールームのよう...
原宿を彷彿とさせるポップな色彩に、キュートな電子音。さながら日本のミュージックビデオみたいですが、実はこれ、ロサンゼルスの地下鉄会社が作ったマナー啓発動画...
「畑にパンツを埋めてください」。フランスの農業会議所が農家に指示した内容は、とっても興味を引きます。今日(5月27日)から6月2日までにパンツを埋めて、8...
2015年からニューヨーク州で年に一度行われているイベント「LUMA」。目玉となっているのはプロジェクションマッピング。街の市役所や裁判所の建物に投影され...
北欧スウェーデンの首都ストックホルム市内には、赤、青、緑の3本の地下鉄路線がある。3路線の全長は100km以上にもなり、じつに100駅が存在する。その中で...
ノルウェーのアンダーウェアブランド「TUFTE(トゥフテ)」。ここのボクサーパンツはモノが違います。
舞台はマンハッタン、女性は帰宅途中に地下鉄の構内で、線路に突き落とす殺人現場を目撃してしまった。この瞬間を境に、彼女の日常に深く根を下ろしたのは、想像を絶...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。