カナダ鉄道会社が「デコ列車」に本気を出すステキな理由

ある意味、これは“走るイルミネーション”。

だけど、単なるクリスマス用のデコレーションを施したお気楽列車な訳ではありません。今年で18年目を迎える、カナダ太平洋鉄道(CP)のホリデートレインが、今年もカナダとアメリカを横断します。

カナダとアメリカをつなぐ
全長10,000キロのデコ列車

毎年この時期になると、車体をイルミネーションでギラギラに装飾したご機嫌な列車が、東部ケベックから西の果てバンクーバーを目指してカナダを横断します(一部は米ルートへ)。今年で18年目を迎える、カナダ太平洋鉄道(CP)の「ホリデー・トレイン」がそれ。

アメリカ北部を経由するルートも合わせると、走行距離はおよそ10,000キロにもなるんだとか。今年は、11月25日から12月17日までの22日間。時間をかけてのんびり走ります。

わざわざこの列車を見るためだけに、時刻表を確認して通過する前から場所を陣取る人も多い超人気イベント。豪華な観光列車に乗って楽しむよりも、こちらは列車を待つことが楽しみの主題にあるようです

というのも、こちらは客車よりも貨物列車がメインだから。

ライブ、サンタ、トナカイも登場!?
しかも、イベントはすべて無料!

列車は行く先々でいろいろなチャリティーイベントが用意されています。クリスマスシーズンに合わせ、サンタクロースが子どもたちにお菓子を振舞ったり、貨物列車の扉がどど〜ん、と開いたかと思えば、カナダを代表するミュージシャンたちが登場し、その場で生ライブ。

そして、これらどれも無料。その代わり、ホリデー・トレインを楽しみにショーにやってくる人たちは、わずかばかりの食べ物を抱えてやってきます。その理由がこちら。

困っている誰かのために
みんなの寄付を乗せて走る

ホリデートレインは、みんなの寄付を乗せて走る列車だから。

停車する駅で、イベントにやってきた人たちから寄付された食料は、すべてCP鉄道を介してフードバンクへと送られる仕組み。毎年1,800トン近い物資が、必要とする150近いコミュニティに届けられているんだそう。さらには、チャリティー募金も。

なるほど、客車ではなく貨物で走る理由はそこにあったのか。

手づくりの飾り付けも
鉄道社員の業務のうち

ホリデー・トレインの装飾は出発の1ヶ月前からすでに始まっています。

百万個を超える照明の設置から、客車内のオーナメント飾り付けまで、一つひとつがCP鉄道社員の手によってデコレーションされていくそう。

毎年やるのなら、ホリデー・トレイン用に列車を確保しておけばいいのに、と思うけれど、この飾り付けをすべて自分たちでやることにも、同社は意味を感じているんでしょうね。デコレーションやイベントはそのままに、お金をかけずに済むところはかけない、という。

こうした目に見える社会貢献活動に積極的で、しかもそれをイベントとして楽しんでしまう。なかなか日本の鉄道会社では考えられない話ですが、ちょっぴりうらやましくもありませんか。

Licensed material used with permission by Canadian Pacific Hpliday Train
andmore
他の記事を見る
ワーキングホリデービザを取得できるとして、海外で働きたいと考えている人が注目しているカナダでも、移民・難民の権利に関する問題は未だに根絶できていません。
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。カナダのセブンでは、特定の商品よりもサービス精神に興味を惹かれました。
丹後鉄道が運行する観光列車「丹後くろまつ号」「丹後あかまつ号」「丹後あおまつ号」は、丹後の風土を感じることのできる車両、丹後の歴史や特産を目と舌で味わえる...
カナダで紅葉といえばメープル街道。でもね、こんな素敵な場所もあるんですよ。
カナダの最東端にあるニューファンドランド・ラブラドール州のフォーゴ島。この島の岩石海岸にポツリと建つホテル「Fogo Island Inn」。自然以外何も...
スロベニア・ボヒニ鉄道開通110周年を記念して行われたエキシビジョンの模様がこちら。「ヨーロッパ随一の美しさ」との呼び声高い高山鉄道に、この日特別に用意さ...
プリンスエドワード島にある「West Post Lighthouse Inn & Museum」。海の目の前にあるこの宿では、他では決して体験できないほど...
カナダの新聞社『Regina Leader-Post』は学校への配達を中止しました。理由はシンプルで、マリファナに関する広告が掲載されているためです。
列車のダイヤに遅れが生じる原因はさまざま。でも、よもやカメがその一因となることがあろうとは。想像できませんよね?西日本旅客鉄道株式会社(JR西日本)とて同...
大都市を結ぶ鉄道網の整備が急ピッチで進む中国。その作業現場の風景を収めた、貴重な動画を紹介します。舞台は、鉄道橋の架設工事現場。人手をかけて作業にあたると...
世界三大雪まつりとも称される「ケベック・ウィンター・カーニバル」。日本でも馴染みがある氷像や氷の滑り台、アイスバーなどに加えて、カナダならではのアクティビ...
「Been a Slice」は古くなったパンを材料にしたビールです。
首都オタワや経済都市トロントなどを抱えるオンタリオ州が、平等を象徴するレインボーフラッグを掲げることを義務づけました。同州の小学校が対象です。
寒くなると、多くの人が身につけるこの手袋は、2010年のバンクーバー冬季五輪にあわせて、大手デパート「Hudson's Bay」が発売したのがはじまり。1...
モデルの鈴木えみさんのほか、「幸也飯」で話題になった料理研究家・寺井幸也さんのケータリングや、生演奏も。
カナダのケベック・シティにある「Hotel de Glace」は、毎年テーマが変わるアイスホテル。前回の冬、2018年のテーマはサーカスでした。2019年...
7月26日、ドナルド・トランプ大統領が「トランスジェンダーを、軍で受け入れないことに決めた」とのツイートに対して、カナダ軍が「あらゆるジェンダーアイデンテ...
カナダに住むAdrian Pearceさんは、約48年間も元カノからのプレゼントを開けずに持っていました。ついに開けることになった理由、それは奥さんが痺れ...
5万4千枚もの写真をつなげて作られたこの作品の臨場感は4Kならではのもの。葉の上で光る水滴、まっすぐに空へとのびる木々。朝日を受けて輝く湖面。3分40秒間...
気軽に行ける旅行先として人気の台湾。はじめてなら台北や台南がベター?と思いきや、じわじわと台中ブームが来ているみたい。都会の雰囲気もありながら古き良き台湾...