カナダの「赤い手袋ムーブメント」は、もはやクレイジーの域。

カナダは愛国心が強い国というのは、世界的に知られていること。自国愛の世界ランキングでも、いつも上位に選ばれている。それはわかっていたけれど、実際に足を踏み入れてみると、確かにそれをすぐに感じられた。

365日そこらじゅうに立ててあるたくさんのカナダフラッグ。ぐるりと一周見渡せば、どこかしらに国旗を見つけられると思う。

とにかくカナダの象徴である「メイプルリーフ」のデザインが多い。

日の丸が大きく入った服を着ている人なんて、日本ではほとんど見かけない。だからと言って、国に愛情がないというわけではもちろんないのだけれど、やっぱりどこか恥ずかしい。観光客くらいしか、着ている人を見ることもないし。だからこそ、堂々と国旗のワッペンをつけ、胸に大きく入った<CANADA>のロゴを見ると、国を誇らしく思っていることがすごく伝わってきて、「あぁ素敵な文化だな」と素直に思う。

マクドナルドの看板だってこの通り。世界的チェーン店だとしても、センターの座は譲らない(笑)。

11月になると、そんな彼らの愛情が一層あらわになるムーブメントがはじまる。そのキーアイテムが、「レッドミトン」と呼ばれている、メープルリーフの赤い手袋だ。

赤いミトンで繋いだ
オリンピックへの想い

寒くなると、多くの人が身につけるこの手袋は、2010年のバンクーバー冬季五輪にあわせて、大手デパート「Hudson's Bay」が発売したのがはじまり。

1セットにつき、収益から約300円をカナダ代表選手とをサポートする「カナダオリンピック基金」に寄付する仕組みをつくり、たくさんの人が選手への応援を込めて買うようになった。それ以来、11月21日を「National Red Mitten Day」としていて、毎年新しいデザインのミトンが販売される日になっている。

今年のデザインは、メープルリーフの後ろに黒のラインが1本。国民の情熱と国の繋がりを表現しているそう。

販売してからまだ1週間も経っていないのに、Instagramには既にたくさんの入手写真がアップされている。

皆さん嬉しそうで、見ているだけでほっこり(笑)。

Business Wire」によると、今日まででこのレッドミトンの寄付金は3000万ドル以上。日本円にすると……なんと26億円以上!?

子ども用のサイズもあって、同じデザインの帽子も一緒に発売される。国を代表する選手とオリンピックの成功を思って、冬にはたくさんの人がメープルリーフを身に付けるというわけだ。

洋服だけにとどまらず、防寒具までカナダデザイン。冬のカナダは、街を歩くたび「あぁ、やっぱりこの国好きだなあ」と思ってしまう。

カナダで紅葉といえばメープル街道。でもね、こんな素敵な場所もあるんですよ。
ワーキングホリデービザを取得できるとして、海外で働きたいと考えている人が注目しているカナダでも、移民・難民の権利に関する問題は未だに根絶できていません。
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。カナダのセブンでは、特定の商品よりもサービス精神に興味を惹かれました。
プリンスエドワード島にある「West Post Lighthouse Inn & Museum」。海の目の前にあるこの宿では、他では決して体験できないほど...
「Spiritual as Fuck(めっちゃスピリチュアル)」というメッセージが書かれたヨガマットです。
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
7月26日、ドナルド・トランプ大統領が「トランスジェンダーを、軍で受け入れないことに決めた」とのツイートに対して、カナダ軍が「あらゆるジェンダーアイデンテ...
カナダの新聞社『Regina Leader-Post』は学校への配達を中止しました。理由はシンプルで、マリファナに関する広告が掲載されているためです。
カナダのケベック・シティにある「Hotel de Glace」は、毎年テーマが変わるアイスホテル。前回の冬、2018年のテーマはサーカスでした。2019年...
「Been a Slice」は古くなったパンを材料にしたビールです。
ペインター兼スキューバダイビングのインストラクターOlga Belkaさん。わざわざ水中で絵を画く理由は、「お金がなくてダイビングができない人にも、海の美...
「エコノミスト」は、毎年「世界で最も住みやすい都市ランキング」を発表していますが、その上位10都市のうち6都市を、オーストラリアとカナダの2国が占めている...
やっぱり子どもに包丁を持たせるのは怖いし、大人でも料理初心者の包丁使いにはハラハラ。でも、何事も挑戦しなきゃ上達なんてできないから。
5万4千枚もの写真をつなげて作られたこの作品の臨場感は4Kならではのもの。葉の上で光る水滴、まっすぐに空へとのびる木々。朝日を受けて輝く湖面。3分40秒間...
ある意味、これは“走るイルミネーション”。だけど、単なるクリスマス用のデコレーションを施したお気楽列車な訳ではありません。今年で18年目を迎える、カナダ太...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第6弾です。
11月5日に新しくオープンしたカナダ・アルバータ州のカルガリー公共図書館は、毎日通ってもいいなって思っちゃうくらい居心地がよさそう!
もともとケータリング事業をおこなっていたJagger Gordonさんは、ゴミ箱行きの食材を取り扱ったスーパーマーケット「No Waste Grocery...
フライドポテトにチーズとグレイビーソースがかかったカナダ・ケベック州のソウルフード「プーティン」。都内でも気軽に足を運んで食べられる店はいくつかあります!...
スーパーのプライベートブランドというのはよく聞きますが、カナダのスーパー「IGA Extra Famille Duchemin」の発想は、ユニークかつ大胆...
自分で考えてもまったくこたえが出なくて。辞書で調べてもピンとこなくて。
6月30日にカナダのBC州政府が、世界で初めて「性別不明(U)」の保険証を発行した。これは世界で初めてのこと。Kori Dotyさんは自身がトランスジェン...
両親がシリアから内戦を逃れるためにカナダへ来たのは去年。その後生まれた赤ちゃんに、トルドー首相への感謝の気持ちを込めて「ジャスティン・トルドー」と名付けま...