カナダの「赤い手袋ムーブメント」は、もはやクレイジーの域。

カナダは愛国心が強い国というのは、世界的に知られていること。自国愛の世界ランキングでも、いつも上位に選ばれている。それはわかっていたけれど、実際に足を踏み入れてみると、確かにそれをすぐに感じられた。

365日そこらじゅうに立ててあるたくさんのカナダフラッグ。ぐるりと一周見渡せば、どこかしらに国旗を見つけられると思う。

466e8452eb61303d6e37b7e1c0d13d7d6674e02d

とにかくカナダの象徴である「メイプルリーフ」のデザインが多い。

日の丸が大きく入った服を着ている人なんて、日本ではほとんど見かけない。だからと言って、国に愛情がないというわけではもちろんないのだけれど、やっぱりどこか恥ずかしい。観光客くらいしか、着ている人を見ることもないし。だからこそ、堂々と国旗のワッペンをつけ、胸に大きく入った<CANADA>のロゴを見ると、国を誇らしく思っていることがすごく伝わってきて、「あぁ素敵な文化だな」と素直に思う。

マクドナルドの看板だってこの通り。世界的チェーン店だとしても、センターの座は譲らない(笑)。

B5b3add780fe1d33f97573aa07498e0861c3abf3

11月になると、そんな彼らの愛情が一層あらわになるムーブメントがはじまる。そのキーアイテムが、「レッドミトン」と呼ばれている、メープルリーフの赤い手袋だ。

赤いミトンで繋いだ
オリンピックへの想い

寒くなると、多くの人が身につけるこの手袋は、2010年のバンクーバー冬季五輪にあわせて、大手デパート「Hudson's Bay」が発売したのがはじまり。

1セットにつき、収益から約300円をカナダ代表選手とをサポートする「カナダオリンピック基金」に寄付する仕組みをつくり、たくさんの人が選手への応援を込めて買うようになった。それ以来、11月21日を「National Red Mitten Day」としていて、毎年新しいデザインのミトンが販売される日になっている。

今年のデザインは、メープルリーフの後ろに黒のラインが1本。国民の情熱と国の繋がりを表現しているそう。

販売してからまだ1週間も経っていないのに、Instagramには既にたくさんの入手写真がアップされている。

皆さん嬉しそうで、見ているだけでほっこり(笑)。

Business Wire」によると、今日まででこのレッドミトンの寄付金は3000万ドル以上。日本円にすると……なんと26億円以上!?

子ども用のサイズもあって、同じデザインの帽子も一緒に発売される。国を代表する選手とオリンピックの成功を思って、冬にはたくさんの人がメープルリーフを身に付けるというわけだ。

洋服だけにとどまらず、防寒具までカナダデザイン。冬のカナダは、街を歩くたび「あぁ、やっぱりこの国好きだなあ」と思ってしまう。

「エコノミスト」は、毎年「世界で最も住みやすい都市ランキング」を発表していますが、その上位10都市のうち6都市を、オーストラリアとカナダの2国が占めている...
7月26日、ドナルド・トランプ大統領が「トランスジェンダーを、軍で受け入れないことに決めた」とのツイートに対して、カナダ軍が「あらゆるジェンダーアイデンテ...
ある意味、これは“走るイルミネーション”。だけど、単なるクリスマス用のデコレーションを施したお気楽列車な訳ではありません。今年で18年目を迎える、カナダ太...
大学時代にカナダのバンクーバー島に暮らしていたことがある。僕にとってカナダという国の印象は、何といっても大自然。キャンバス内で、野生のリスと顔を合わせた時...
10年ぶりの政権交代を果たし、カナダの新リーダーとなったジャスティン・トルドー首相。2015年11月4日に行われた新内閣発足の発表会見の席で記者からの質問...
SNSに定期的に話題を提供してくれる存在となりつつあるのは、カナダのトルドー首相。注目されているのは個性的な足元だ。TPOに合わせたセレクトはかなりお茶目だ。
スーパーのプライベートブランドというのはよく聞きますが、カナダのスーパー「IGA Extra Famille Duchemin」の発想は、ユニークかつ大胆...
2月27日に死去した米俳優レイナード・ニモイさん。彼の功績を偲んで、カナダの5ドル紙幣をニモイさんの代表作「スター・トレック」のミスタースポック船長に書き...
6月30日にカナダのBC州政府が、世界で初めて「性別不明(U)」の保険証を発行した。これは世界で初めてのこと。Kori Dotyさんは自身がトランスジェン...
カナダ生まれの「ロンドン・フォグ」は、今や欧米でも大人気のドリンク。アールグレイティーにバニラシロップ、温めたミルクを合わせ、ふわふわのフォームミルクをの...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
両親がシリアから内戦を逃れるためにカナダへ来たのは去年。その後生まれた赤ちゃんに、トルドー首相への感謝の気持ちを込めて「ジャスティン・トルドー」と名付けま...
アラスカに接するカナダ北西部のユーコン。ここに100年以上続く天然温泉(Takhini Hot Spring)がある。ミネラル分が豊富な42℃の源泉がこん...
平凡で落ち着いた恋愛と、愉快で変わった恋愛。あなたなら、どちらを選びますか?「Elite Daily」でPaul Hudsonさんがオススメするのは、ちょ...
オーストラリアにある独特なバーベキュー文化を紹介するコラム。独自の要素が詰まっていて面白いものばかり。「トングを渡されたら気をつけろ」など、ライターの個人...
カナダ・バンクーバーアイランドから10分ほど船に揺られると、「Freedom Cove」と名付けられた、おもちゃのようにカラフルな家を見つけることが出来ま...
〈montbell(モンベル)〉の「ウィンドストッパートレッキングミトン」です。色はシールブラウン。ダウンジャケットからコート類まで、合わせやすいです。
5年後、オリンピック・パラリンピックがやって来る!電車の中吊り広告や、駅構内、バスの停留所で、きっと目にしているはずのこれらの広告を覚えていますか?陸上ト...
カナダメープルの輸出先世界第3位には、日本がランクインしている。では、国内生産はどのくらいなんだろうと気になって調べてみると、ヒットしたキーワードが「秩父...
街全体に魔法がかかる季節がやってきました。日本のいたるところがワクワクに包まれるクリスマスシーズンですが、それは世界共通なようです。モスクワ出身のフォトグ...