LGBTの象徴「レインボーフラッグ」が、史上初めて宇宙でかがけられた日

今年、新たにLGBTの人たちにとって歴史的な一日となった日がある。

毎年、世界各地で盛大に開催される性的マイノリティの権利と文化を讃える「プライド・パレード」からおよそ50日後のミルウォーキ。ここから、彼らを象徴するレインボーフラッグを乗せたバルーンが大気圏外へと上昇。史上初めて、宇宙空間に虹色のフラッグが掲げられた

尊厳と権利運動の象徴
無重力空間にはためく

このプロジェクトを企画したのは、今年1月平和と自由の権利を求めて。南極に初めてレインボーフラッグを掲げたアメリカのNPO団体「Planning Peace」によるもの。今回のプランは高高度でも耐久力の強いバルーンのてっぺんに小型カメラとともにフラッグを設置し、地上からバルーンを飛ばそうというもの。

基本的人権を勝ち取るために闘っているLGBTの人たちの権利と、世界平和を祈って、虹色のフラッグを宇宙に掲げることがミッションだった。

策は特段なにもなし。ただ、小さくなっていくバルーンを目で追い、送られてくる画像を見守るだけ。それでも、バルーンは勢いよく上昇を続ける。

やがて、勢いよくはためいていたフラッグの動きがピタッと止んだ。大気圏の外に出たことを示している。ついに、フラッグは上空34,152メートルの宇宙へ。

「LGBTの人たちがおそれや不安を感じずに、自分らしく生きる社会であってほしい」とは、Planning Peace代表アーロン・ジャクソン氏の弁。

苦しい時、見上げる夜空に星が輝くように、あの空のずっと先にレインボーフラッグがあたたかく見守っている。独断でこれを実行したPlanning Peaceだが、彼らの真意をていねいに汲み取っていけば、LGBTの人たちへのエールはよく伝わってくる。

その後バルーンは破裂し、落下しながら大地に戻ってきた。地上を飛び立ってから約3時間。もしかしたら、宇宙空間に滞在した時間はほんの短い間だったのかもしれない。

だとしても、違いを認め多様性を尊重し合う人々の目には、無重力空間でピンと伸びきった虹のフラッグが、さぞや誇らしく映ったのではないだろうか。
2016年8月17日のことだった。

一部始終は2分弱の動画に収められている。

Licensed material used with permission by Planting Peace

関連する記事

毎年、米国の首都ワシントンD.C.で行われるLGBTの祭典「キャピタル・プライド・パレード」。今年は、トランプ政権の保守的な反LGBT政策に抗議する形で、...
「チェリオ」が今月16日より、レインボーカラーにちなんだ6種の果物フレーバーウォーター「レインボーウォーター」を発売。
性の多様性を象徴するレインボーフラッグを持って行進する人たちの姿は、度々メディアに取り上げられます。が、実際に自分が参加するとなると、少しハードルが高い気...
7月8日に開催された欧州最大のLGBTのパレードとも言われるロンドン・プライド・パレード。7月20日に行われた組織調査によると、マイノリティ人種のLGBT...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
首都オタワや経済都市トロントなどを抱えるオンタリオ州が、平等を象徴するレインボーフラッグを掲げることを義務づけました。同州の小学校が対象です。
最近聞かない日はないともいえるジェンダーの話。この記事では、LGBTQの意味やLGBTQへの取り組みについて紹介していきます。
宇宙探索ソフト、SpaceEngine。自分で惑星をつくったりマニュアルを覚えて宇宙船を操作したり。とにかくリアルです!
10月末、LGBT+によるスポーツ・文化の祭典である「ゲイゲームズ」の香港開催(2022年)が決定。アジア初だ。これにより見込まれる経済効果は10億HKド...
宇宙飛行士の野口聡一氏が自身のYouTubeにアップした話題の動画がコチラ!
自分で焼いてつくる、BBQ専用おせんべい「Baker」
こっちはもう、夏真っ盛りだわよ〜。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
新しい価値観や制度が生まれるのはいつも都会だから、田舎で暮らしたくても、LGBTの仲間を求めると上京するしかない」そう考え、あまり好きでなくとも都会へと住...
もともとは宇宙飛行士のトレーニングの一環として、出発前の宇宙飛行士たちに宇宙の香りに慣れてもらうために作られた「NASA」謹製のフレグランス「Eau de...
実はすぐそこまで来ている、宇宙旅行に行ける未来。現状、いつから行けるのか、いくらで行けるかについて解説していきます。
9月15日、「Hotels.com」が近未来で可能になるだろう宇宙旅行に備えて、宇宙ホテルの宿泊予約を受け付けを開始した。
4月10日、アラブ首長国連邦(UAE)の副大統領兼首相のムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム氏は、「ムハンマド・ビン・ラシード(MBR)宇宙セ...
4月24日(土)、25日(日)に開催される「東京レインボープライド2021」に毎年賛同する「IKEA」からレインボーカラーのアイテムが新発売。全国のイケア...
宇宙とリアルタイムでつながれる遠隔操作ロボット「space avatar(宇宙アバター)」の利用実証プロジェクトが本格スタート!
「からあげクン」をフリーズドライにした「スペースからあげクン」が、6月10日、ついに正式に「JAXA宇宙日本食」に認証された。コンビニのオリジナル商品が認...
アメリカ人女性として初めて宇宙遊泳をおこなったキャサリン・サリバン氏が、6月7日、マリアナ海溝の最深部「チャレンジャー深淵」に到達した。水深は1万メートル...
11月5日、「アディダス」は「国際宇宙ステーション」の協力のもと宇宙空間での技術開発や研究をおこなうと発表した。アスリートのパフォーマンス向上に貢献するの...
観測衛星や惑星探査機、宇宙望遠鏡など「NASA」の最先端技術によってとらえた雄大な天体写真を集めた展覧会「138億光年 宇宙の旅」が「東京写真美術館」で開...
2015年6月26日、アメリカが同姓婚を合憲とする判断をした瞬間、世界各地ので多くの人々が、歓喜に湧き、抱き合い、こぶしを突き上げました。その様子は、一夜...
2025年に完成予定の商用宇宙ステーション「Von Braun Rotating Space Station(ボン ブラウン ローテティング ステーション...
地球上とは違い、簡単に除去することが難しいスペースデブリだが、ヨーロッパが共同で設立した欧州宇宙機関では、宇宙空間を清掃するというミッションを計画。スイス...
先日パートナーと同性婚をした私は、ゲイ業界でここ10年ほど、台湾ブームが来ていたことを肌で感じていた。理由は安直なところで「日本人は台湾人にモテる」という...
9月30日、「NASA」が宇宙から投票する方法を公開した。宇宙飛行士たちは、軍に従事する人やその家族と同様、不在者投票を申請する必要がある。そして、宇宙ス...
米人気俳優トム・クルーズの次なる新作映画が、「NASA」と協力して国際宇宙ステーションで撮影される計画であることが判明した。これが実現すれば、宇宙へ進出し...