パレード以外にも、LGBTムーブメントに参加できる「7つの方法」

性の多様性を象徴するレインボーフラッグを持って行進する人たちの姿は、度々メディアに取り上げられます。が、実際に自分が参加するとなると、少しハードルが高い気も。

6月をLGBTの人たちの社会的権利を啓発する「プライド月間」と位置づけているアメリカでは、じつは先月、パレード以外にもこんなにも様々なイベントが開催されたそう。こうした内容なら、もっと気軽に参加できるかもしれませんね。ちょっと気が早いですが、来年のために「Elite Daily」から紹介しましょう。

01.
NYのど真ん中でマラソン

ニューヨークでは毎年、「Front Runners New York Pride Run」というマラソンが開催されている。今年は36回目で、セントラルパークで開催された。

02.
配車アプリを使う

配車サービスを行う「Lyft」は乗客に、チップを払う際、端数を切り上げるよう促している。そうして集めたお金は、「Human Rights Campaign」というLGBTの人たちの権利を訴える団体に寄付されるのだ。

03.
食べ物も音楽もある
パレードに参加

ボストンで開催されるパレード「Boston Pride Parade」は、食べ物や音楽も用意されて、家族連れでも参加しやすいイベント。

04.
有名人のライブにいく

ワシントンDCでは、プライド月間中にフェスティバルが行われる。今年は締めくくりとして、マイリー・サイラスが登場。

05.
気の合う仲間と
ムービーパーティー

8899dc342a1f0d451582ff8d30f0e4df7b926511

友達を呼んでLGBTに関する映画を観よう。LGBTの人にも、そうでない人にもオススメしたい。仲間と美味しいご飯やお酒を飲めば、さらに盛り上がるかもしれない。

06.
大リーグの試合を観戦

今年ドジャースの試合にあわせて開催されたLGBTの決起集会。その日のチケットを購入すると、チーム名がレインボーカラーにプリントされたTシャツがついてくるという楽しみもあった。

07.
庭園でピクニック

425f139ceff7264cce11b49505d2248df7bb9488

ニューオーリンズは、ファミリーランチを楽しるイベントを開催。子どもも遊べるスペースなども用意された。庭園で虫取りすることだってできる。

Licensed material used with permission by Elite Daily
7月8日に開催された欧州最大のLGBTのパレードとも言われるロンドン・プライド・パレード。7月20日に行われた組織調査によると、マイノリティ人種のLGBT...
毎年、米国の首都ワシントンD.C.で行われるLGBTの祭典「キャピタル・プライド・パレード」。今年は、トランプ政権の保守的な反LGBT政策に抗議する形で、...
今年、新たにLGBTの人たちにとって歴史的な一日となった日がある。毎年、世界各地で盛大に開催される性的マイノリティの権利と文化を讃える「プライド・パレード...
新しい価値観や制度が生まれるのはいつも都会だから、田舎で暮らしたくても、LGBTの仲間を求めると上京するしかない」そう考え、あまり好きでなくとも都会へと住...
LGBTQプライド月間(Pride Month)に合わせて、アパレルブランドをはじめ多くの企業が、象徴となるレインボーを製品に取り込むことで、サポートを表...
アメリカでは、2004年から2015年に同性婚を合法化した32州のデータを分析したところ、性的少数者の自殺率が14%減少していることがわかりました。同性愛...
「コルテッツ」というスニーカーを知っているだろうか?1972年にNIKEブランド初のスニーカーとして誕生。現在でも生産されている同社を代表する1足だ。個人...
ロシア在住の写真家Anna Brilliantovaは、LGBTの人々に対しての厳しすぎる法律に疑問を抱いている。2013年に制定された同性愛宣伝禁止法は...
アメリカの歌手リアーナが自身の展開するコスメブランドでのモデル起用について、「トランスジェンダーの人をトランスジェンダーだからという理由で採用することはな...
10月末、LGBT+によるスポーツ・文化の祭典である「ゲイゲームズ」の香港開催(2022年)が決定。アジア初だ。これにより見込まれる経済効果は10億HKド...
先日パートナーと同性婚をした私は、ゲイ業界でここ10年ほど、台湾ブームが来ていたことを肌で感じていた。理由は安直なところで「日本人は台湾人にモテる」という...
2015年6月26日、アメリカが同姓婚を合憲とする判断をした瞬間、世界各地ので多くの人々が、歓喜に湧き、抱き合い、こぶしを突き上げました。その様子は、一夜...
もともとは、ポートランドのNPOが若者支援のために始めた取組み。LGBTやホームレスなど、社会に溶け込んで生活することが難しいと感じる若者たちが、うまくな...
僕は21年間、ゲイとして生活してきました。こう語るのは明治大学3年生の松岡宗嗣さん。彼は現在、LGBTに関する出張授業等を行うNPOで活動中。その目的は、...
家族のみんなの肌の色が違うという理由から、人と違うことを個性だと考えていたフォトグラファーChesterfield Hectorさんは、母親の死を原動力と...
アメリカに住む黒人たちにとって、毎年2月は大きな意味がある。「Black History Month(黒人歴史月間)」または「African-Americ...
「人の絵文字の肌の色が一色なのはおかしい!」との声に、ついにAppleが応えました。開発者向けに配布が始まったiOS 8.3 beta2では、従来の絵文字...
「レインボーブリッジ」とはいえど、本当に“虹色”に輝くのは、一年でもごく限られた期間のみ。「いつの間にかライトアップが終わっていた…」なんて悔しい思いをす...
シリア・スーダン・ソマリア・リビア・イエメン・イラン出身の6人のミュージシャンたちによる楽曲が、7月6日にSpotifyにて配信。彼らが歌ったのは、曲を作...
先日、アメリカで、レズビアンカップルの2人が同時期に出産をしました。今の時代ではありそうなことだけど、多くのメディアに報道されるのは、ゲイカップルの父親同...