パレード以外にも、LGBTムーブメントに参加できる「7つの方法」

性の多様性を象徴するレインボーフラッグを持って行進する人たちの姿は、度々メディアに取り上げられます。が、実際に自分が参加するとなると、少しハードルが高い気も。

6月をLGBTの人たちの社会的権利を啓発する「プライド月間」と位置づけているアメリカでは、じつは先月、パレード以外にもこんなにも様々なイベントが開催されたそう。こうした内容なら、もっと気軽に参加できるかもしれませんね。ちょっと気が早いですが、来年のために「Elite Daily」から紹介しましょう。

01.
NYのど真ん中でマラソン

ニューヨークでは毎年、「Front Runners New York Pride Run」というマラソンが開催されている。今年は36回目で、セントラルパークで開催された。

02.
配車アプリを使う

配車サービスを行う「Lyft」は乗客に、チップを払う際、端数を切り上げるよう促している。そうして集めたお金は、「Human Rights Campaign」というLGBTの人たちの権利を訴える団体に寄付されるのだ。

03.
食べ物も音楽もある
パレードに参加

ボストンで開催されるパレード「Boston Pride Parade」は、食べ物や音楽も用意されて、家族連れでも参加しやすいイベント。

04.
有名人のライブにいく

ワシントンDCでは、プライド月間中にフェスティバルが行われる。今年は締めくくりとして、マイリー・サイラスが登場。

05.
気の合う仲間と
ムービーパーティー

友達を呼んでLGBTに関する映画を観よう。LGBTの人にも、そうでない人にもオススメしたい。仲間と美味しいご飯やお酒を飲めば、さらに盛り上がるかもしれない。

06.
大リーグの試合を観戦

今年ドジャースの試合にあわせて開催されたLGBTの決起集会。その日のチケットを購入すると、チーム名がレインボーカラーにプリントされたTシャツがついてくるという楽しみもあった。

07.
庭園でピクニック

ニューオーリンズは、ファミリーランチを楽しるイベントを開催。子どもも遊べるスペースなども用意された。庭園で虫取りすることだってできる。

Licensed material used with permission by Elite Daily

関連する記事

7月8日に開催された欧州最大のLGBTのパレードとも言われるロンドン・プライド・パレード。7月20日に行われた組織調査によると、マイノリティ人種のLGBT...
毎年、米国の首都ワシントンD.C.で行われるLGBTの祭典「キャピタル・プライド・パレード」。今年は、トランプ政権の保守的な反LGBT政策に抗議する形で、...
今年、新たにLGBTの人たちにとって歴史的な一日となった日がある。毎年、世界各地で盛大に開催される性的マイノリティの権利と文化を讃える「プライド・パレード...
「チェリオ」が今月16日より、レインボーカラーにちなんだ6種の果物フレーバーウォーター「レインボーウォーター」を発売。
フルEVとなって2023年に次世代モデルがデビュー予定の「ポルシェ マカン」が、今月10日にそのプロトタイプを公開した。
ストーリーズを投稿する際に「#pridemonth」とハッシュタグを付ければ、いつもならパープルになるアイコンがレインボーカラーに。
新しい価値観や制度が生まれるのはいつも都会だから、田舎で暮らしたくても、LGBTの仲間を求めると上京するしかない」そう考え、あまり好きでなくとも都会へと住...
ヴァージン・アトランティック航空は、2019年6月にニューヨークで開催されるLGBTQパレード「ワールドプライド」へ向かう、一度限りの特別便「プライドフラ...
最近聞かない日はないともいえるジェンダーの話。この記事では、LGBTQの意味やLGBTQへの取り組みについて紹介していきます。
LGBTQプライド月間(Pride Month)に合わせて、アパレルブランドをはじめ多くの企業が、象徴となるレインボーを製品に取り込むことで、サポートを表...
パリの副市長であるChristophe Najdovski氏は、2030年までに市内へのガソリン車の乗り入れを全面禁止する計画を明らかにした。パリ市議会で...
今月は1年に1度のプライド月間で、LGBTQIA+の権利や文化を支持するイベントが世界中で開催中。このほど「Spotify」にもプライド月間を祝福する特設...
1月13日、Netflixが同社の取り組んできた多様性と包括性の推進に関するレポートを公開した。
4月24日(土)、25日(日)に開催される「東京レインボープライド2021」に毎年賛同する「IKEA」からレインボーカラーのアイテムが新発売。全国のイケア...
アメリカの子ども向けケーブルテレビチャンネル「ニコロデオン」が、今月のプライド月間を祝福するツイートを投稿。ツイートのなかで、スポンジ・ボブの画像がLGB...
世界的な調査会社「ギャラップ」がおこなった、性的指向に関する2020年の最新調査によると、アメリカの成人の5.6%が、LGBTを自認。「自分がLGBTであ...
ロシア在住の写真家Anna Brilliantovaは、LGBTの人々に対しての厳しすぎる法律に疑問を抱いている。2013年に制定された同性愛宣伝禁止法は...
10月末、LGBT+によるスポーツ・文化の祭典である「ゲイゲームズ」の香港開催(2022年)が決定。アジア初だ。これにより見込まれる経済効果は10億HKド...
アメリカの歌手リアーナが自身の展開するコスメブランドでのモデル起用について、「トランスジェンダーの人をトランスジェンダーだからという理由で採用することはな...
「コルテッツ」というスニーカーを知っているだろうか?1972年にNIKEブランド初のスニーカーとして誕生。現在でも生産されている同社を代表する1足だ。個人...
もともとは、ポートランドのNPOが若者支援のために始めた取組み。LGBTやホームレスなど、社会に溶け込んで生活することが難しいと感じる若者たちが、うまくな...
2015年6月26日、アメリカが同姓婚を合憲とする判断をした瞬間、世界各地ので多くの人々が、歓喜に湧き、抱き合い、こぶしを突き上げました。その様子は、一夜...
「JoinMyWedding」は、式に参加して欲しいインド人ファミリーと、式に参加したい旅行者をマッチングするサービスです。
女性の声がデフォルトとなっている音声アシスタント機能「Siri」だが、米「Apple」は、3月31日、ユーザー自身がさまざまな声のなかから声の種類を選択で...
東京オリンピック・パラリンピックのチームUSA閉会式パレードユニフォームとアパレルコレクションを「ラルフ ローレン」が今月発表した。
世界の生物多様性が過去50年で68%喪失したことを今月上旬に発表された「WWF」の報告書『Living Planet Report:生きている地球レポート...
「ナスダック」は、上場の条件として、企業の役員メンバーに性自認が女性である人物1名とアフリカ系アメリカ人、もしくはLGBTQ+であると自認する方人物1名の...
ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は、FIFA女子ワールドカップ2019で優勝したアメリカ代表の凱旋パレードに参加。その場で、アメリカサッカー界の男...
LGBTに関する法整備で世界に大きく遅れをとる日本。そんな状況でも、企業が婚姻の平等に賛同するメッセージを発信することは、社会を変える大きな力になるという。
「Apple」が6月のプライドマンスに向けて二種類のアップルウォッチバンドを発表。一つはNikeとのコラボ商品だとか。