「床は全員で掃除をする」Apple社員が実践する成功のためのルール

優れたビジネスマンの多くが知っている、2009年にSimon Sinek氏が「TED」で行った、いわゆる“ゴールデンサークル理論”のプレゼンテーション。その中で、Appleが成果を出したのは「なぜ、それをやらなければいけないのか」を理解していたから、と分析されています。

とは言いつつ、社員の一人ひとりが異なる目標に向かっていたら、今のAppleの成功もなかったかもしれません。ここでは、彼らが共通認識を持つことができた理由を紹介しましょう。さらに、その内容は、時代や文化、企業、役職にかかわらず、多くの人が仕事をするうえで参考になるかもしれません。

社員証の裏に書かれた
「成功のためのルール」

2004年にAppleに入社したHuxley Dunsanyさんは、社員証の裏に書かれていた「成功のためのルール」の画像を、Redditに投稿しました。

1.古いものに固執することなく、未来を最大限に活かせ。
2.常に真実を語れ。悪いニュースほど早い方がいい。
3.最高の誠実さが期待される。少しでも疑問があれば、質問すること。
4.ただのセールスパーソンではなく、良いビジネスパーソンになることを学べ。
5.床は社員全員で掃除をする。
6.スタイル、スピーチ、フォローアップにおいて、プロであれ。
7.顧客の話はよく聞け。そうすれば彼らは、大概理解してくれる。
8.ビジネスパートナーとは、Win-Winの関係を築き上げろ。
9.お互いに気を配ること。情報共有は役に立つ。
10.難しく考えすぎるな。
11.楽しめ。でないと、価値がない。

ちなみに、社員証の左上に書かれている「JB」というのは、米州諸国およびアジア太平洋担当副社長John Brandon氏のことなのだとか。

「なぜ、それをやらなければいけないのか」を理解するのは、なかなか難しいもの。しかし、こういった指針が頻繁に目に触れるところにあれば、一人ひとりが同じ目標に向かってコミットすることのハードルが下がるように感じられます。

Reference:TED
Licensed material used with permission by wowbobwow
他の記事を見る
AppleやGoogleで働くのに“大学卒”は必要条件になっていません。
ライターBenny Luo氏が「NextShark」にまとめたのは、Appleの創業メンバーについて。とはいえ、メインはあのスティーブ・ジョブズでも、“ナ...
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
9月22日に発売開始となった「Apple Watch Series 3」。米国でオンエアーがはじまった新Apple WatchのTVCMは、新機能を利用し...
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
真冬とチョコレートのかけ算はズルさがある。たとえ、オーナーが有名バリスタで、本格派コーヒーを出す店『COFFEEHOUSE NISHIYA』でも、ホットチ...
リンゴだけでもかなりの種類があるよ!というメッセージを伝えるべく、150種類以上のリンゴを展示しました。
成功をしている人たちは失敗ばかりしている、全知全能であって、天性のリーダーシップがあるなど、は誤解であり、そのように信じていることが、自分の成功の機会へ遠...
ルックスのいい男性ほど、ビジネスにおいては損をしがちである。英大学の研究によるこの仮説は、デキるビジネスマンのイメージを払拭するもの。何かと得をしそうなハ...
40年ほど前に発売されたAppleのパソコン「Apple I」がオークションにかけられ落札。実際に動いている様子を動画で見ることができます。マニアにはたま...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
2015年9月9日、AppleとHermèsは、Apple Watchの新しいコレクション「Apple Watch Hermès」を発表。前者の比類のない...
Appleが、iPhoneで撮影された写真から10点の優秀作品を決めるコンテスト「Shot on iPhone Challenge」を開催しています。
コンサルティング会社に勤め、のべ3,000人以上の成功者を近くで見てきたそう。世で成功をつかんできた人たちの多くは、占い師との交流があったと言います。間接...
「Harvard Business Review」は、ハーバード・ビジネス・スクールが創刊した学術メディア。そこに掲載された記事が、話題になっています。こ...
以前からできるできると噂されてはいましたが、ようやく誕生しました。「Apple Store」のパリ・シャンゼリゼ通り店です。
おかゆカルチャーを発信する池尻大橋にオープンしたカスタムお粥専門店CAYUZO〒153-0044 東京都目黒区大橋2丁目22-3https://cayuz...
「Keep It Simple」Apple社といえば、MacやiPhone、Apple WATCHなどなど、人々の生活を変える最先端機器を次々と生み出し、...
9月21日は新型iPhoneの発売日でした。いち早くゲットしたいと願うファンによって、シンガポールのApple Storeには20日の夜から長蛇の列が。そ...
あなたは今、どんな会社で働いていますか。価値観が多様化している現代では、人の数だけ性格があるのと同じように、会社の数だけカルチャーがあります。会社も社員も...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
〈Apple〉の「Smart Battery Case」は純正だからこその機能を持っています。意外と知らない人が多いけれど、優秀なプロダクトです。
まるでiPhoneがそのまま車になったかのようなデザイン。Appleでは、密かに自律運転車両の開発が行われている…。と、多くのメディアが報じていましたが、...
元Google社員だった、2人のエンジニアが創設したベンチャー企業「Nuro」。彼らのアイデアは約100億円の出資を集め、アメリカ中で話題になっています。