苦手な「テレアポ」を1時間に150件やってみて、気づいたこと。

昔ほどではないとはいえ「テレアポ」は新入社員(とくに営業職)の登竜門のようなもの。担当の人までつないでもらえなかったり、話の途中でガチャンと切られたり、ときには怒鳴られたり…。苦手に感じている人も多いかもしれません。

ただここで紹介したいのは「inc.com」に寄稿された、トップビジネスコンサルGordon Tredgold氏の記事。

彼は「1時間に150件の電話をしてみて、ある5つのことを学んだ」と言うのです。ビジネスシーンにおける電話の大切さ、を知る人なら思わず共感してしまうかも。

「テレアポは死んだ」と
思っていた

4月の初めに、僕は1時間に150件の電話ができるソフトウェアを試してみた。これを使うと、平均して10〜15人と会話ができる。

正直、最初はそんなもの役に立たないと思っていた。まず、個人的に電話が嫌いだし、1日3回使えばいいほうだった。

「テレアポは死んだ」っていう考え方も分かるし、実際に効率は良くない。

単純計算しても、月に3,000回もテレアポをすることになる。でも実際にやってみたら、今まで知らなかった「テレアポが持つ力」に気づいてしまったのだ。

01.
効率は悪いけど
多くの人と話せる貴重な機会

結論から言うと、テレアポは未だに有効な手段だ。もちろん、今では多くの人が時代遅れだと考えているし、昔に比べると電話に出てくれる人も少ない。

ひとりと繋がるまでに、平均して15回かけなければならないという大変さもある。それでも、よく考えてみてほしい。応じてくれる人は、1時間に10人前後もいるのだ。

02.
自分のやるべきことが
見えてくる

僕が1日3本しか電話をしていないときは、ロイヤルカスタマーを作ろうと頑張っていた。それは、新しい顧客がなかなか取りづらいという意味でもある。

認めたくはないけど、その僕の方法は最適ではなかった。1日に5倍以上のコミュニケーションを取ったら、自分が何をするべきなのか、より明確になった気がする

03.
感情を込めて
相手と話すことができる

メールでの「NO」は受け入れるしかない。

だけど面白いことに、会話をすると相手の言い方から感情が伝わってきて、説得することもできる。

たとえば「分からない」「そうは思わない」「ちょっと…」みたいな返答は、必ずしも拒否ではない。そこで、丁寧な説明をすると意見を変えてくれることがある。

電話で話をしたおかげで、相手の感情がわかり、何を求めているのかも分かるようになった。

04.
「次の仕事の話」が
生まれた

つい先日、Amazonで売り切れてしまった僕の本を「6冊欲しい」というメールが、クライアントから来た。普段だったらメールで返していたところ、あえて電話をかけてみた。すると、相手から予想外の返事が返ってきたんだ。

「もし都合が良かったら、ディナーでもしながら次の仕事の話をしないか?」

もしかしたらみんな、電話に出ることが面倒になっているだけなのかもしれない。

05.
経営層ほど
電話で会話をしてくれる

最後にひとつ分かったことがある。経営層は、意外にテレアポに対応してくれるということだ。きっとみんな「彼らは忙しいから無視されるだけだ」と思うだろう。

でも、実際は違った。統計をとってみたら、彼らに電話をしたときのほうが、応じてくれる確率が10%も高かったのだ。それだけでなく、積極的に会話を盛り上げてくれる。

4月の終わりで、月に3,000本の電話をかけるというチャレンジは終わるけど、もうすでに僕の考えは変わっている。テレアポは、死んでいないし、効果もある。

というのも、そもそも本題にたどり着くまでが圧倒的に早いのだ。

Licensed material used with permission by Gordon Tredgold
使えて語れて格好いい「CHROME」の注目ライン「MXD COLLECTION」のバッグ「MXD PACE」は、ファッションにも気を使いたい若手のビジネス...
突然の雨にもしっかり対応してくれる、ビジネスバッグにすっきり収まる超小型&超軽量の折り畳み傘「アンベル」の「ペンタゴン72」をご紹介します。
2013年にポートランドで始まった、100%プラトニックな添い寝ビジネス『Cuddle Up To Me』。このアイデアが生まれたきっかけは、設立者の壮絶...
職場にいる時間が長い人なら共感できるオフィスワーカーたちの写真。長時間労働をする理由はそれぞれ違うと思うけれど、「働き方」と「モチベーション」は仕事をする...
世界中の人々の心をとらえ、14カ国で翻訳されたドイツのベストセラー絵本『100年の旅』の邦訳版が、先週2月19日から全国の書店、オンライン書店(一部除く)...
ペペロンチーノはそれなりに時間がかかるのです。
さて前回は、「働く時間を減らすためにITを最大限活用しよう」という話をしました。 今回は仕事の内容について、【好き】を仕事にするのはどうすればいいのか、ど...
かき氷屋さんの店長にして、話題のバンド「ねこね、こねこね。」のメンバーという異色のプロフィールを持つ、むらまつえりかさん。ずっと大切にしている“オール・タ...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
『やらなくてはいけないことリスト』を作っている人は多いでしょう。でも実は『やりたくないこと』が大切。何がやりたくないのか自分自身が知らないから。あなたの夢...
2019年10月、「JAXA」の「宇宙日本食」として認証された「ホテイフーズ」計らいの「やきとり缶」。それを記念して3月2日より「宇宙日本食」記念2缶セッ...
ファーストクラスのアメニティを集めました。第六回はフィンエアーです。
フランスで創設された「LinkedOut(リンクトアウト)」は、ホームレスの人々のためのビジネス特化型SNS。家がないってだけで仕事におけるスキルまで判断...
あなたは人と会うとき、待ち合わせ場所にどんな場所を指定していますか?駅の改札?それとも近くのカフェ?実はこうしたちょっとした場所選びにも、「気くばり」がも...
いわゆる「飛び込み営業」と呼ばれるアポなし訪問。ひと昔前だと主流だったこのスタイルも、最近ではあまり通用しなくなっています。それに代わって私が考案したのが...
オーストラリア出身のAlex Jacquot君は、10歳ですでに「Oceania Express」という名の航空会社設立の構想を練っているそう。いろいろ試...
本日、2月の最終水曜日は“ピンクシャツ”を着用して“いじめ反対運動”を行う『ピンクシャツデー』。2007年に1つの学校からカナダ人学生2人によって始まった...
帯広・北斗病院に勤務する加藤容崇医師に、巷であれこれ語られるサウナの効果・効能の真偽をハッキリさせるべく疑問をぶつけた。
昨日と同じ仕事なのにはかどらない、じっくり丁寧に作業していたら上司に注意されたなど、自分の要領の悪さにイヤになってしまう…。実は、仕事というのは定型化して...
今まで500個以上の資格を取得したという『10年後に生き残る最強の勉強術』の著者、鈴木秀明さん。彼は、ビジネスの世界で生き残るためには「資格の試験勉強を活...
コンサルティング会社に勤め、のべ3,000人以上の成功者を近くで見てきたそう。世で成功をつかんできた人たちの多くは、占い師との交流があったと言います。間接...
ビジネスを始めたい!など、何か目標があるからといって、大学を中退するのは大きな賭けとも言えます。4年間も大学に通うなんて無駄だな…と感じながらも、そうしな...
あなたは、今の会社で、はたらき始めたときのことを覚えていますか?不安と希望を胸に、あたらしい仕事に向き合ったときのこと。たとえば、誰よりも早く出社したり、...
「Harvard Business Review」は、ハーバード・ビジネス・スクールが創刊した学術メディア。そこに掲載された記事が、話題になっています。こ...