苦手な「テレアポ」を1時間に150件やってみて、気づいたこと。

昔ほどではないとはいえ「テレアポ」は新入社員(とくに営業職)の登竜門のようなもの。担当の人までつないでもらえなかったり、話の途中でガチャンと切られたり、ときには怒鳴られたり…。苦手に感じている人も多いかもしれません。

ただここで紹介したいのは「inc.com」に寄稿された、トップビジネスコンサルGordon Tredgold氏の記事。

彼は「1時間に150件の電話をしてみて、ある5つのことを学んだ」と言うのです。ビジネスシーンにおける電話の大切さ、を知る人なら思わず共感してしまうかも。

「テレアポは死んだ」と
思っていた

4月の初めに、僕は1時間に150件の電話ができるソフトウェアを試してみた。これを使うと、平均して10〜15人と会話ができる。

正直、最初はそんなもの役に立たないと思っていた。まず、個人的に電話が嫌いだし、1日3回使えばいいほうだった。

「テレアポは死んだ」っていう考え方も分かるし、実際に効率は良くない。

単純計算しても、月に3,000回もテレアポをすることになる。でも実際にやってみたら、今まで知らなかった「テレアポが持つ力」に気づいてしまったのだ。

01.
効率は悪いけど
多くの人と話せる貴重な機会

結論から言うと、テレアポは未だに有効な手段だ。もちろん、今では多くの人が時代遅れだと考えているし、昔に比べると電話に出てくれる人も少ない。

ひとりと繋がるまでに、平均して15回かけなければならないという大変さもある。それでも、よく考えてみてほしい。応じてくれる人は、1時間に10人前後もいるのだ。

02.
自分のやるべきことが
見えてくる

僕が1日3本しか電話をしていないときは、ロイヤルカスタマーを作ろうと頑張っていた。それは、新しい顧客がなかなか取りづらいという意味でもある。

認めたくはないけど、その僕の方法は最適ではなかった。1日に5倍以上のコミュニケーションを取ったら、自分が何をするべきなのか、より明確になった気がする

03.
感情を込めて
相手と話すことができる

メールでの「NO」は受け入れるしかない。

だけど面白いことに、会話をすると相手の言い方から感情が伝わってきて、説得することもできる。

たとえば「分からない」「そうは思わない」「ちょっと…」みたいな返答は、必ずしも拒否ではない。そこで、丁寧な説明をすると意見を変えてくれることがある。

電話で話をしたおかげで、相手の感情がわかり、何を求めているのかも分かるようになった。

04.
「次の仕事の話」が
生まれた

つい先日、Amazonで売り切れてしまった僕の本を「6冊欲しい」というメールが、クライアントから来た。普段だったらメールで返していたところ、あえて電話をかけてみた。すると、相手から予想外の返事が返ってきたんだ。

「もし都合が良かったら、ディナーでもしながら次の仕事の話をしないか?」

もしかしたらみんな、電話に出ることが面倒になっているだけなのかもしれない。

05.
経営層ほど
電話で会話をしてくれる

最後にひとつ分かったことがある。経営層は、意外にテレアポに対応してくれるということだ。きっとみんな「彼らは忙しいから無視されるだけだ」と思うだろう。

でも、実際は違った。統計をとってみたら、彼らに電話をしたときのほうが、応じてくれる確率が10%も高かったのだ。それだけでなく、積極的に会話を盛り上げてくれる。

4月の終わりで、月に3,000本の電話をかけるというチャレンジは終わるけど、もうすでに僕の考えは変わっている。テレアポは、死んでいないし、効果もある。

というのも、そもそも本題にたどり着くまでが圧倒的に早いのだ。

Licensed material used with permission by Gordon Tredgold

関連する記事

男女500人を対象に実施した「テレワークになったら住んでみたい街ランキング調査」が今月初旬に不動産買取業の「AlbaLink」から発表された。
使えて語れて格好いい「CHROME」の注目ライン「MXD COLLECTION」のバッグ「MXD PACE」は、ファッションにも気を使いたい若手のビジネス...
突然の雨にもしっかり対応してくれる、ビジネスバッグにすっきり収まる超小型&超軽量の折り畳み傘「アンベル」の「ペンタゴン72」をご紹介します。
2013年にポートランドで始まった、100%プラトニックな添い寝ビジネス『Cuddle Up To Me』。このアイデアが生まれたきっかけは、設立者の壮絶...
米国発のブランド「KEEN」が、今月から月間で、地球環境について考える活動「Detox the Planet」を展開して、2025年までのPFC-FREE...
フランスで創設された「LinkedOut(リンクトアウト)」は、ホームレスの人々のためのビジネス特化型SNS。家がないってだけで仕事におけるスキルまで判断...
職場にいる時間が長い人なら共感できるオフィスワーカーたちの写真。長時間労働をする理由はそれぞれ違うと思うけれど、「働き方」と「モチベーション」は仕事をする...
ペペロンチーノはそれなりに時間がかかるのです。
さて前回は、「働く時間を減らすためにITを最大限活用しよう」という話をしました。 今回は仕事の内容について、【好き】を仕事にするのはどうすればいいのか、ど...
ファーストクラスのアメニティを集めました。第六回はフィンエアーです。
エジプトの著名な考古学者のザヒ・ハワス氏が率いる研究チームが、エジプト南部ルクソールにて、古代エジプトの都市遺跡を発見。
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
「第二次キャンプブーム」とも言われている昨今。「テント」も多種多様なものが登場。もちろん寝床としての機能を備えながら、あわよくば新しい働き方であるテレワー...
あなたは人と会うとき、待ち合わせ場所にどんな場所を指定していますか?駅の改札?それとも近くのカフェ?実はこうしたちょっとした場所選びにも、「気くばり」がも...
オーストラリア出身のAlex Jacquot君は、10歳ですでに「Oceania Express」という名の航空会社設立の構想を練っているそう。いろいろ試...
いわゆる「飛び込み営業」と呼ばれるアポなし訪問。ひと昔前だと主流だったこのスタイルも、最近ではあまり通用しなくなっています。それに代わって私が考案したのが...
かき氷屋さんの店長にして、話題のバンド「ねこね、こねこね。」のメンバーという異色のプロフィールを持つ、むらまつえりかさん。ずっと大切にしている“オール・タ...
コンサルティング会社に勤め、のべ3,000人以上の成功者を近くで見てきたそう。世で成功をつかんできた人たちの多くは、占い師との交流があったと言います。間接...
今まで500個以上の資格を取得したという『10年後に生き残る最強の勉強術』の著者、鈴木秀明さん。彼は、ビジネスの世界で生き残るためには「資格の試験勉強を活...
昨日と同じ仕事なのにはかどらない、じっくり丁寧に作業していたら上司に注意されたなど、自分の要領の悪さにイヤになってしまう…。実は、仕事というのは定型化して...

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
不器用な人ほど素直な気持ちで「Inc.」のMarcel Schwantesが説く、周りから信頼を勝ち取るヒントに目を向けてみてはいかがでしょう。口にするだ...
「リーダーにふさわしい人」は、プレゼンがうまかったり、感動のスピーチを語れる人だけではありません。もしあなたが「口べた」だとしても、周囲に影響を与え、動か...
本当にクリエイティブな人たちが、絶対にやっていない行動。そんな興味深い内容を、ライターNicolas Cole氏が「Inc.com」にまとめています。この...