会議でスマートに見せる「10のテクニック」

元Google社員のSarah Cooperさんは、ライター兼コメディアン。現在は「The Cooper Review」のクリエイターとしても活躍しています。

トップビジネスマンと共に働いてきた彼女が説く「会議でスマートに見せる方法」は世界中で話題となり、書籍にもまとめられています。今回は、そんな彼女の著書「100 Tricks to Appear Smart in Meetings」より、新たに10個を抜粋して紹介します。

01.
テクニカルなワードの
説明を求める

「もしかしたら"リファクタリング"の意味を知らない人がいるかもしれないから、説明してくれない?」

もし、会議中にテクニカルな言葉を説明なしで使っている人がいたら、このフレーズを使ってみてください。出席者全員に理解させて、会議を円滑に進めようというあなたの姿勢が好印象に映りますし、もしあなた自身がその言葉の意味を知らなくても、安心して聞けるようになります。

02.
略語を使う

「Product Requirements Docement が必要なんだけど」

「ああ、PRDは確かに必要ね」

複数の言葉からなる、長いプロジェクトの名前などは略してしまいましょう。何を略しているか相手に伝わるように、相手が長い名前を言った直後に略してあげると伝わりやすいですね。

03.
パソコンに
ポストイットを貼りまくる

これはもう見るからに忙しそうで、同時進行でたくさんの仕事をこなしている人のパソコンですよね。

04.
関係のない人を会議に入れる

「ジム、悪いけど君はこの会議にくる必要はないよ」

これは、言われた方からすればかなり恥ずかしい場面。自分があまり好きでない人を会議に呼んでこう言うと、最後まであなたをリーダーぽく見せる効果があるそう。でも、これはちょっとイジワルな気がします…。

05.
プレゼンには
膨大な補足資料をつける

「私の補足資料をご覧ください」

「すごい仕事のできる人だな」

プレゼンには必ず膨大な量の補足資料をつけましょう。それが、たとえプレゼンと関係のあるものでなくても構いません。重要なのは、プレゼンの内容に対してあなたがものすごく調べたように見せること。

06.
「1つの問題の中に2つ原因がある」
と言ってみる

「この問題には2つの原因があると思うの」

こう誰かが、会議中に発言したらあなたはどう思いますか?「よく分析してるな〜」と思っちゃうような。今度はあなたが言う番ですよ。

07.
名詞を動詞に変換する

「これを実行することについて、話し合おう」

これは日本語だとピンと来ないかもしれませんが、要するに難しい名称や難しい名詞を簡単な動詞を使ってあなたオリジナルの方法で表現するということです。そのユニークな方法を使えば、会議中はあなたの存在感をしっかり保てるようになります。

08.
賛成でも反対でもない
態度をとる

「それが正しいかもしれないね」

「そのことについては、よくわからないんだ」

こういう曖昧な態度を取っていると、たとえそれがフェイクだったとしても、みんながあなたの発言を待つようになります。だって、誰もあなたが次に何を言い出すか予想できないから。これは多くのCEOが実際に使っているテクニックです。

09.
「明らかだね」と言ってみる
(それが明らかじゃなくても)

「私たちの業績はこのデータ次第ね」

「それは明らかだね」

こういう一言を添えるだけで、あなたがその会話に加わっている誰よりも経験豊富なように見えます。

10.
誰かに議事録の共有を頼む

「誰か、今日の議事録をメールで共有してくれる?」

会議の最後には、誰かに議事録の共有を依頼しましょう。このミーティングをあなたが役立てたいと思っていることをみんなに印象付けますし、また議事録をまとめる時間がないほど忙しい人だということも伝わります。

さて、Sarahさんのテクニックはいかがでしたか?

押しが強い人じゃないとできないようなものもありましたが、もし会議でのコミュニケーションに困っているんだったら、ここからヒントを得て自己流のテクニックを磨くのもありですね。

Licensed material used with permission by Sarah Cooper
ディレクターとしてNHKに入局後、フリーランスの放送作家として活躍している富樫佳織さんは、著書『やわらかロジカルな話し方』(クロスメディア・パブリッシング...
ディレクターとしてNHKに入局後、フリーランスの放送作家として活躍している富樫佳織さんは、著書『やわらかロジカルな話し方』(クロスメディア・パブリッシング...
仕事をしていると、大勢の人と会議をすることが多くなる。それも頻繁に。そして会議でのあなたの発言や行動が、あなたの評価にもつながる。今回は、海外有名大学でも...
女性の社会進出では、日本より何歩も先を行くイメージの欧米だって、まだまだ男性社会のようで。そこを嘆いてばかりはいられない、とSarah Cooperさんは...
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
クリスマスに忘年会。とにかく集まってワイワイやることの多い年末年始。こんなパーティグッズはいかがでしょう?
怒号が飛び交ったかと思ったら、水を打ったように静まり返る。そして、同じ議論が堂々巡りしている…。そんな気まずい会議を経験したこと、ありませんか?Emma ...
2013年にポートランドで始まった、100%プラトニックな添い寝ビジネス『Cuddle Up To Me』。このアイデアが生まれたきっかけは、設立者の壮絶...
突然の雨にもしっかり対応してくれる、ビジネスバッグにすっきり収まる超小型&超軽量の折り畳み傘「アンベル」の「ペンタゴン72」をご紹介します。
「Inc.」で多くのビジネス記事を執筆しているJeff Hadenさんも「収益を生み出せないミーティングは単なる時間の無駄」だと言います。中でもこんな特徴...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
さて前回は、「働く時間を減らすためにITを最大限活用しよう」という話をしました。 今回は仕事の内容について、【好き】を仕事にするのはどうすればいいのか、ど...
「パパ」「ママ」「なごみちゃん」「かずとよ君」の、とある4人家族。彼らが毎月定例で開催している“家族会議”に、いま多くの人が夢中になっています。まずは、T...
壁もなくて前後左右を見渡せるオフィスで仕事をしていますか?開放感があって良いかもしれないけれど、どうしても気が散ってしまうことがあるはずです。防音もできる...
ウソがバレたり、会議で反対案が通りそうなったり、職場や学校などで訪れるそんな数々のピンチを乗り切るには、相手の気持ちを読み取り、コントロールしてしまえばい...
「The World Whisky Advent Calendar」は、中にウイスキーが入ったアドベントカレンダー。世界中からセレクトされた24種類をクリ...
ビジネスリーダーや先駆者たちの情熱を代弁し、これまでにのべ250社以上の従業員育成マニュアルをゴーストライターとして書き上げ、自らも50冊以上のビジネス書...
今まで500個以上の資格を取得したという『10年後に生き残る最強の勉強術』の著者、鈴木秀明さん。彼は、ビジネスの世界で生き残るためには「資格の試験勉強を活...
10年後、僕たちの働き方はどう変わっていると思いますか?
2015年9月27日、第21回締約国会議(COP21)が行われた国連の昼食会の場で、世界の指導者たちに「ゴミ」が振る舞われたと話題になっている。“埋め立て...
AppleやGoogleで働くのに“大学卒”は必要条件になっていません。
会議が煮詰まってきたとき……「何かいいアイデアはないか?」と聞かれても、なかなか難しいものですよね。部屋全体に「うーん」という重い空気が充満していくシチュ...
「このまま、この仕事を続けていていいのだろうか」「将来のために今準備すべきことはなんだろう?」。そう悩んでいる人も多いのではないでしょうか。鈴木秀明さんの...
ヴァージン・グループの創設者、リチャード・ブランソン。彼は航空事業にモバイルビジネス、さらには宇宙旅行のサービス開発など、多岐にわたる事業を起こし成功して...