オンライン会議やリモート飲み会の参加者が全員「アマビエ」になれるエフェクト

コロナ禍で一躍有名になった神様「アマビエ」が、ビデオ会議やオンライン飲み会で使える無料のエフェクトとなって登場した。

これは「株式会社カヤック」の社員が、AR技術を活用して制作したもので、背景や顔を加工できる無料のPCデスクトップ用アプリ「Snap Camera」で使用できるエフェクトだ。

緊急事態宣言の全国拡大と共に、リモートワークやビデオ会議が増えるなかで、働く人たちに少しでも楽しんで仕事をしてほしいと考え、制作に至ったという。

ちなみに、知らない人はもういないかもしれないが、「アマビエ」は、江戸時代に登場した長い髪とくちばしを持つ人魚のような姿の妖怪。疫病が流行した際にアマビエの姿を描いた絵を見ると疫病が収まるという言い伝えがあり、3月上旬頃から新型コロナウイルス感染症の終息を願いSNSを中心にアマビエのイラストが多く投稿され、現在ではグッズ販売なども始まり、全国に広がっている。

オンライン飲み会で参加者全員がアマビエになり、コロナ封じを祈願するなんてことも可能だ。口を開けたり閉めたりすると、アマビエのくちばしも連動してパクパク。体を左右に揺らすとグラデーションの髪の毛がふわりと動く仕様になっている。

使用方法は、PCのデスクトップに「Snap Camera」のアプリをダウンロードし、「Snap Camera」をコンピューターにつながっているカメラと同期する。その後、「Snap Camera」の「Search Lenses」からエフェクト名「AmabieMask 」を入力すると、自分の顔にエフェクトがかかるという。

こんなときほどユーモアって大事......ですよね?

©2020 株式会社カヤック

株式会社カヤック

【公式ホームページ】
https://www.kayac.com/

【Snap Camera】
https://snapcamera.snapchat.com/

Top image: © 2020 株式会社カヤック
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事