ポケットにしのばせておきたい「殺菌アイテム」。

出先でふとした瞬間に「触って大丈夫かな。汚くないかな」という思いが頭をよぎる時がある。例えば、手すりや吊革。それほど気にしない人もいるけれど、気になりはじめるとなかなか止まらなかったりも。

もしあなたも同じなら、手のひらサイズの殺菌できるアイテムが欲しくなっちゃうかもしれない。

いつでもどこでも
ボタンを押すだけで「殺菌」

この「Cleanty」を使えば、殺菌作用があるとされる深紫外LEDが出て、目に見えない細菌やバクテリアを退治してくれるそう。

重さは30gにも満たないため、持ち運びに便利。出先やオフィスで、時間をとらず、手を汚さずに除菌できるということだ。USBケーブルで充電ができ、一度フルにしてしまえば普段使いで約1カ月はもつという。

これまで携帯などの私物やバスルームなど、様々な物や場所を対象にテストが行われてきた結果、90〜99%の細菌を除去したということだ。

個人的には「旅の良いオトモ」にもなるのではと思った。特に、衛生面で心配な場所へ行くのであれば大活躍してくれるはず。気になる人は「Kickstarter」をチェックしてみて。

Licensed material used with permission by Cleanty
アウトドアギアとしてはもちろん、高光度&長寿命という特徴から防災グッズとしても注目を浴びるLEDグッズ。「ベアボーン・リビング」「Mori Mori」「S...
洋服に付着、繁殖したバクテリアを99.98%も殺菌してくれる洗濯ガジェット。必要になる時間は20分程度とのこと。
「LARQ Bottle」は、UVライトを使用した自浄システムを搭載したボトル。毎日洗う必要がないので、オフィスでの使用などに最適!
Amazonで購入したミニサイズのLEDライト。持ち歩けるサイズだし、色が鮮やかだし、安いし(購入時550円でした)。“失敗してもいいや”という気持ちでポ...
カジュアルファッションの大定番アイテムであるパーカの「フロントのポケット」にはこんな秘密があったんです!
個人的にはニッチすぎるシーンを想定したアイテムは大好物。忘れやすい人は重宝すると思うんだけどな〜。
「Monkey Light Automatic」は、自転車のスポークにLEDライトをつけて走ると、光の残像が弧を描き、その点滅をコントロールすることで、映...
マグボトル「QUARTZ Bottle」には、水を浄化してくれる機能と、自動的に殺菌をしてくれる特徴があります。これがあれば、バクテリアとウイルスの多い水...
「アートファイヤー」は、カラフルな焚き火を楽しむことができるアイテム。炎色反応を利用したもので、焚き火に放り込むと炎が虹色に変化します。
海外を旅行するとき、盗難には注意が必要。たとえばスマホを無防備にポケットに入れていては、スルッと盗られてしまう可能性大です。この「C-Safe™ Pock...
このLEDネオンライト。80年代のレトロな雰囲気も演出できるし、かわいくて手頃です。送料込みのアンダー1万円で手に入っちゃう。スモールサーズもあるから、プ...
一見すると、本や手帳のよう。でも、開くとマジックのように幻想的な光が広がる。生まれたのは、これまでになかった“まったく新しい照明”です。この「ルミオエスエ...
自動車の中に常備しておくライトとして、とても頼もしい。
「Kai」は手のひらにつけるバンドのようなアイテムで、自分のジェスチャーでコンピューターなどのテクノロジーを操れる。
「Wakē v2」は、アラーム付きのスマートライト。アラーム音は、起きたい人だけ聞くことができる優れもの。パートナーと迎える朝が、より穏やかなものになりそう。
〈Zpacks〉のポーチはアウトドアシーンにおける近年の潮流であるウルトラライトなアイテムです。手に取った感覚がまるで紙風船のよう。
アメカジスタイルの定番アイテム「ジーンズ」と「チノパン」の歴史をご紹介! ポケットの形や配置が違う理由は......。
フェスシーンやキャンプで人気の高い「マナスタッシュ」と老舗ワークブランド「ユニバーサルオーバーオール」のコラボパンツ。特徴的なのは、エプロンポケット。取り...
メルボルン生まれのスプーン付きジャー「SPLID」は、日本でやったら大ひんしゅくな「ある習慣」を解決すべく生まれた便利で衛生的なアイテム。今回はこれまでな...
「DUOECHO(デュオエコー)」。スピーカーが左右に分かれる仕様は、ポータブルタイプとしては珍しい作り。鴻海グループに属するFIT鴻騰の開発チームによる...