今すぐ欲しい!「持ち歩きアイテム7選」

それどこの?と聞かれたい人必見!

バッグに入れていつでも持ち歩きたい、自分だけの「Myアイテム」を7つ選んでみました。

「Myアイテム」をアップデートしたくなること間違いなしです。

半永久的に使える「綿棒」

©FACO CPH

水洗いをすれば繰り返し使える、シリコンでできた綿棒LastSwab」。

「耳かきを使えば?」と思うかもしれませんが、耳かきではなく綿棒を使うのが主流の海外では、便利グッズとして考えられているそう。

半永久的に使える点は環境にも優しい。見た目もスタイリッシュで、持ち運びにも便利なこちらの綿棒はいかが?

用紙と同サイズの「マイボトル」

©FLANK PTY LTD

かさばりやすいマイボトルを、スタイリッシュに持ち歩いてみませんか?

環境への負荷を減らすために生み出したプロダクト「memobottle」は、A5(750ml)とA6(375ml)の2種類。一般的な用紙と同サイズのため、カバンにもすっぽり入ります。

クールなデザインもそうですが、環境に配慮できるなんて、まさに“大人な”マイボトル。

薬瓶を思わせる「小分け用ボトル」

KIKKERLAND(キッカーランド)」の小分け用のボトルセット。

小物入れとして並べても統一感をもたせたり、バラで使っても◎。アクセサリーを収納したり、アロマスプレーにしたり、ピルケースとして持ち歩いたりと、様々な用途で使うことができます

こういうケースは、どうしてもチープなものや女性っぽいものが多いですが、これは薬瓶を思わせるユニセックスな雰囲気なので、男性でも気兼ねなく使うことができますね。

麦わらで作られた「麦わらストロー」

©株式会社CASA FLINE

従来のストローの代替品として注目されている「紙ストロー」や「ステンレスのストロー」。ですが、今回紹介するのは「麦わらストロー」。

原材料は、東京都で本土唯一の“村”となる檜原村の畑で育てられた「麦わら」で、一本ずつ職人の手によって丁寧に作られています。

無農薬栽培なので環境負荷はゼロ。せっかくならこだわりぬいたストローを、マイストローにしてみては?

「和」を意識させない「マイ箸」

©STIIK

イタリアンやフレンチでも、「和」を意識させない、セラミックグレーのお箸「STIIK」。

「STIIK」の箸先は、通常のものよりも少しだけ細く尖っているのが特徴。軽くしなやかな日本の天然竹で作られおり、木製のものよりも折れにくく、長く使うことが可能に。

サクッとした揚げものを、潰すことなく切り分けたり、小さく角切りにされたサラダの野菜も、お皿の中に残らず最後まできれいに食べることができます。

なにかと便利な「フィルム石鹸」

©TABI LABO 2019

トイレにハンドソープが補充されてないことってたまにありますよね。

そんな時に便利なのが「無印良品のフィルム石けん」。想像以上に薄く、「シート」じゃなく、「フィルム」と名がついている点にも納得。

スマホと一緒にポケットに入れてもかさばらないし、いざという時ポケットに入れておくと相当心強いはずです。

進化系調味料「料亭の粉しょうゆ」

©株式会社下鴨茶寮, 有限会社 nendo

不思議な形のこれ、じつは「醤油差し」。しかも、中に入っているのは粉状の醤油。2015年1月に京都の下鴨茶寮が発売した「料亭の粉しょうゆ」という商品です。

粉になったメリットは、服についたりハネたりしてシミになる心配がないこと。軽量なので、贈り物にしたり旅行のお供にもしやすい。さらに、料理にかけた見た目が上品で美しい、などなど。いわば進化系調味料ですね。

Top image: © FACO CPH

関連する記事

多くのサステイナブルなアイテムが登場した2020年。まだ何も取り入れていないという人に向け、比較的取り入れやすいおすすめのものを7つ紹介する。
個人的にはニッチすぎるシーンを想定したアイテムは大好物。忘れやすい人は重宝すると思うんだけどな〜。
「Makuake」でファンディングに成功した製品が並ぶMakuakeストア。ファンディング期間を待つことなく、今すぐ手元に届くモノばかり!
「アートファイヤー」は、カラフルな焚き火を楽しむことができるアイテム。炎色反応を利用したもので、焚き火に放り込むと炎が虹色に変化します。
東京オリンピック・パラリンピックのチームUSA閉会式パレードユニフォームとアパレルコレクションを「ラルフ ローレン」が今月発表した。
国内外のアパレルメーカーが手がける「おしゃれマスク」を紹介。どれもオンライン購入可能で、洗って繰り返し使えるマスクばかり。withコロナ時代、おしゃれなマ...
コーヒー好きは知っている、この夏「お家で最高のコーヒー」を楽しむ方法。エスプレッソキューブ、マイタンブラー、コーヒー風味のクラフトコーラ、水出しコーヒーデ...
冬を乗り切るための「極暖ファッションアイテム」を3つ紹介。
梅雨でも雨の日を楽しくするアイテムとして「天候で結晶が変わるオブジェ」「スニーカー用レインカバー」「オリジナルプリントの傘」などをご紹介。
今夏持ち歩きたい“香りつき”の除菌ジェル、除菌スプレー、アロマハンドスプレー(ミスト)をピックアップ。SHIRO、ニールズヤード、パーフェクトポーション、...
4月10日、フランス政府は、鉄道で2時間半以内に行ける場所への国内線フライトの運航を全面的に廃止する法案を国民議会(下院)で可決した。
SNSで話題のLA発テックアクセサリーブランド「CASETiFY(ケースティファイ)」から、マイボトルとして使えるウォーターボトルが登場。
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」の日本語版サイトでおすすめの「リモートワークが捗るアイテム」を3つ紹介。スマホ用刑務所...
持ち運びが簡単で、充電もほとんど減らない殺菌できるアイテムがある。出先やオフィス、気になる時に気になるところで使用できるというから便利だ。衛生面で心配な旅...
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」の日本語版サイトでおすすめの「思わずポチっちゃうアイテム」を3つ紹介。バスケットゴール...
興味はあるけど、何からやればいいのかわからない。有識者の話は参考にしにくい。それならまずは身近な人の体験談を聞いて、次のアクションの参考にしてみようという...
アメリカ・ハドソンで「ファッションとファンクションの両立」をコンセプトに誕生した「Penfield」のアーバンアウトドアライン「Penfield Spor...
キャッシュレス化の進行とともに、お財布もコンパクトに。そんな今人気を集めているミニ財布をご紹介。こだわりの詰まったミニ財布を集めたので是非参考に。
2021年春より「NORDISK(ノルディスク)」のアパレルアイテムが展開開始となる。
『TABI LABO』の記事の中から“今すぐ買えるもの”をピックアップして、シチュエーションごとに紹介。最後は、いつも仕事を頑張っているお父さんに、「せめ...

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
「Makuake」にて先行販売を実施中の「MUZOSA X-PAC」は、素材に「X-PAC」を採用し、耐久性、防水性共に優れ、しかも軽量。鍵、紙幣・硬貨、...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
「OFF-WHITE」がドイツの小型家電ブランド「Braun」とコラボレーションしたアラームクロックを発売。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
クラウドファンディングで1700%の支援を達成した「100年使える湯のみ」が、ついに一般販売を開始。