プラスチックストローの代わりに「WARA STRAW」という選択肢

プラスチック問題への関心が高まるなか、「プラスチックストローはもう使わない」という方針の企業や個人が増えている。

そこで、従来のストローの代替品として注目されているのが「紙ストロー」「ステンレスのストロー」。そして、今回紹介する「麦わらストロー」だ。

「WARA STRAW」の原材料は、東京都で本土唯一の“村”となる檜原村の畑で育てられた「麦わら」で、一本ずつ職人の手によって丁寧に作られている。

無農薬栽培なので環境負荷はゼロ。また、遊休農地を活用し、農家の新しい収入源となっているサステイナブルビジネスモデル。栽培した麦で麦わらストローを作り、大麦やライ麦は麦茶やパンや麦麹などに加工したり、畑で体験会をおこなったりしながら、地域の農業6次化に貢献しているそうだ。

そんなWARA STRAWは公式通販やエシカルセレクトショップ「CASA FLINE(カーサフライン)」で購入できる。

©

『CASA FLINE(カーサフライン)』
「地球に優しい、人に優しいモノづくり」をコンセプトとしたセレクトショップ。
【店舗】CASA FLINE 表参道本店
【住所】東京都渋谷区神宮前4-15-4 Y.C表参道ビル1F
【電話番号】03-6447-5758
【営業時間】11:30〜20:00

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
7月9日にスターバックスが、プラスチック製ストローの使用を2020年までに全て廃止すると宣言しました。
カナダの「Rice Straw Technologies」という企業が製造するのは、米からできたストローだ。
環境への負担を減らし、衛生面を向上させた、リユーザブルな「ジッパーストロー」。
2019年1月1日より、アメリカ・ワシントンD.C.で使い捨てプラスチックストローの提供を禁止する条例が施行されました。
廃墟のもつ“美しさ”に注目し、見ているだけで廃墟のイメージが180度“変わる”写真展「変わる廃墟展 2020」が、3月6日より東京・浅草橋のギャラリー「T...